■プロフィール

はーの輔

Author:はーの輔
はてさてどんな方が来て下さるのやら
現在は大阪市内にて住んでいます。音楽、美術館めぐり、旅行、きものに興味があります。
同じ趣味の方もそうでない方もごゆるりとお楽しみ下さい。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
2月10日の着物
2月10日の着物 (5度、80% 雨)

IMG_2839-15.jpg

青菱模様小紋
ピンク地に黄色雲 襦袢
水仙 染め名古屋帯
水色に桃色ぼかし 帯揚げ
黄水仙 冠組

頂き物の染め帯が、しんねりしていたので洗い張りと仕立て直しを
お願いしたら、まー別嬪になって帰ってきたこと。
たぶん私はオーソドックスな季節柄の染め帯は初めてです。
着物はもう定番になった青菱模様。
もう10年以上前にリサイクルで購入した着物ですが、
ここまで重宝するとは思ってもみませんでした。

IMG_2841-15.jpg
前柄とお太鼓の柄の距離がとっても短くて、
かなり前柄が左に寄ってしまいました。
反対側も同じような場所なので、どっちを使っても一緒だな。

帯締めの色名はその名も「黄水仙」。
着物を着始めた当初、「使い勝手のいい帯締めはからし色」と聞いて
いろいろ探してはみたのですが、色が暗くて購入には至らず。
何年か後にこの黄水仙の帯締めを見つけて、色の明るさに惹かれて購入しました。
後々のモリタ先生のカラー診断で「シャーベット系の色は合いやすい」という話を聞いて
納得のいく色となりました。
カラー診断は決して「この色でなければならない」というものではなく、
色の方向性を指し示すものですが、やはり「合いやすい」ものは存在するので
迷った時の指針としては使い勝手の良いものだと考えています。

帯のお太鼓柄はとっても清楚な水仙たち。
IMG_2835-12.jpg

今日は何にもなかった日だけれど、着物を着よう、と思って
考えてみると1月は一回も着ていませんでしたね。
去年は観世会館へ行く以外はほとんど着物を着ておらず、
もう本当に必要最低限という感じでした。
何はなくとも着物を着る、ということが久々でとっとこ歩いてきました。
ええ、雨の中を(笑)
雨コートを着ているので、よそ様には着物は見えていません。
ほぼ人目に触れてはいませんので、今日は自己満足の世界です。




着物 | 07:41:02 | Trackback(0) | Comments(0)
父の本気度と持って行って良かったもの
2回目の高野山行きが決まったのは金曜日の晩。行くのは日曜日。
父に「行く?」と尋ね、「行く」との返事。
ただ、私同様に冬の装備を確認しないことには行けない。
上着は私と同じものをがあるのでそれを着るよ、と。
(家族みんなで着回せるように、同じサイズのものを色違いで2個持っているのです)
ネックは靴。長靴は無いし、普通の靴では滑るだろうし。
ここまでが金曜日の夜の話。

土曜日の用事を済ませて帰ってきたら、玄関先にスノーブーツがデデーーーン。
IMG_2786-12.jpg
決断が早うおますな。
必要となったらちゃちゃっと算段するのが我が家の特徴なのか?
「行く」と言った後の父の本気度がすごかった。(^◇^)

そして今回持って行ってよかったもの。
IMG_2817-12.jpg
それはサングラス。白一色を見るのはとても疲れるものです。
私のサングラスはそんなに色が濃いわけではないのですが
有るのと無いのとでは目の疲れが全く違いました。
ついでに日焼け止めクリームも必要ですね。ご参考までに。

お出かけ | 23:40:02 | Trackback(0) | Comments(0)
お手伝いしたイグルーでお茶を飲みたい。
一月末に高野山の佳代さんとこでお手伝いしたイグルー作り。
私が担当したのは途中までだったのですが、佳代さんがその後仕上げました。
で、たいていお天気にもよりますが4、5日ぐらい楽しめるそうです。
が、今回週の後半で「もしかして一週間大丈夫かも?」となりまして、
ちょうど一週間後、もう一度高野山へ行ってまいりました。

今回は父も一緒。「行く?」って聞いたら「行く」と。
IMG_2791-12.jpg
大門の仁王様撮っている父ですが、格子と同化してるやん。

何はなくとも壇上伽藍へまずはお参り。
IMG_2794-12.jpg

IMG_2796-12.jpg
今日もとても気持ちのいい朝です。
(前回同様6時発の電車でgoでごさいますよ)

初めての奥の院。
IMG_2802-12.jpg
父の高野山での林間学校の話を聞きつつお大師様のところまで行ってきました。

そして今日の目的、佳代さんとこのイグルー。
IMG_2811-12.jpg
すごいねー、扉もついてます。

もちろん中もちゃんと入れるんですよ。
佳代さんがお茶を用意してくださってました。
IMG_2809-12.jpg
寒い場所での暖かい飲み物は、本当に幸せになります。

LEDランプもええ仕事してますね。
IMG_2810-12.jpg

IMG_2803-12.jpg

お昼ごはんはアツアツのホワイトシチューでにしました。
IMG_2813-12.jpg

IMG_2814-12.jpg
そうこうしているうちにお外は吹雪いて、ランチの場所から動きたくない病です。

最後の最後で晴れ間が出て、金剛峯寺へもお参りすることができました。
IMG_2815-12.jpg

なんやかんや佳代さんのところで遊ばせていただいて、
今年の冬はいい思い出ができました。ありがとう(^^)/

お出かけ | 23:39:19 | Trackback(0) | Comments(0)
チェンマイ茶会&持ち寄りパーティー
友人がチェンマイに行った際に購入したお茶?たちを飲んでみよう!という会。
果たしてこれはお茶なのか?どの程度入れるのが適量なのか?
いろいろ不明なまま果敢に挑む6名の勇者のお話です( ´艸`)

まずは腹ごしらえから。
それぞれご飯だったりデザートだったりお茶だったりを持参。
私はエビワンタンスープにしました。
(ドイツにいる姉が食材の勝手が違う中、あるもので上手にしていたワンタンをお手本にしました)
前日にエビワンタンを包むところまでして、冷凍したものをスープに入れて仕上げました。
IMG_2758-12.jpg
これ自画自賛だけど、美味しかった(^^♪

水餃子(撮るの忘れた!でもツルツルもちもちで美味し!)と焼き餃子。
IMG_2759-12.jpg
浜松餃子には茹でたもやしが必須とのこと。
味のある餃子をもぐもぐ、もやしでお口の中さっぱり、また餃子をもぐもぐ、もやしを食べる。
あー、エンドレス。なんぼでも食べれてしまう。みんなしてループに嵌ってました。
そして絶品アナゴ寿司やこれまた絶品の山椒ちりめん。
みんなでワイワイお話ししながらのご飯タイムはええですね。

さてさてお茶会はというと、これはお茶なんだろうか?ハーブ?漢方?
「適量」というものがわからないまま始まって、そのまま走り切ったような感じでした。
お茶会というよりかは、ざっくばらんな研究会の様相。
まずは輪切りにしたベールという実から。
煮出すものだそうでコトコト火にかけたら鮮やかなオレンジ色の飲み物になりました。
IMG_2769-12.jpg

私はバタフライピー(マメ科植物の花の部分)を淹れさせていただきました。
適量がわからないので(笑)、かなり濃いブルーになってしまいましたが、
少しお豆の香りのする飲み物です。
IMG_2773-12.jpg

友人のレモンのロンガンハニー漬けを入れるとご覧の通り紫色に。
IMG_2776-12.jpg
酸味が入ると色が変わって、とても美しいですね。

正当な(爆笑)ラオス白茶や鳳凰単叢の香りを楽しませていただいたり
持ち寄りのあまおうをいただいたり、あれやこれやここでも話に花が咲きました。
IMG_2763-12.jpg

お茶菓子もチェンマイのお土産です。
IMG_2762-12.jpg
あ、手前のおやきは上七軒からやってまいりました。

チェンマイの現地の方一押しのお茶がこの黄色いの。
IMG_2779-12.jpg
なんだろか?と思って飲んでみると激苦(´◉◞౪◟◉)びっくりしました。
その場で調べてみるとどうやらキハダらしい。
もういっっちょ調べると丸薬の陀羅尼助の成分ということが判明。
それってもう薬じゃん!!!

で、苦い口を治すためにステビア(チェンマイではステビアもお茶の一種)をいただくと
あーーー、これ混ぜたらあかんやつや、、、、、
キハダの激苦に、ステビアの妙なダダ甘さがからんで何とも言えない。
でもスカッと暑いタイ・チェンマイには体に活を入れるには
これぐらいパンチが必要なのかもしれません。

大昔スリランカで仕事をしていた父によると、毎日同じ暑さと湿気で体がどんよりするそう。
(東南アジアは基本乾期雨期の二つの季節しかありませんので)
そしてその何とも言えないどんよりを吹き飛ばすために、毎食激辛カレーを食べると。
激辛カレーで汗を出して、体に変化を与えなければ体がだれてしまうそうです。
その点日本は四季の変化があり、気候や景色がどんどん移り変わるので
敢えて活を入れずとも、環境の変化によって体が巡るとのこと。
あー、四季のある日本に生まれてよかった、が結論らしいですよ。

そんなことも思い出しながらお茶もご飯もハッピーな会で、
遠い異国に思いをはせる時間を過ごしました。
そして誰がどれで撃沈したかはご想像にお任せいたします。
撃沈していない強者ももちろん存在いたしますよ( ̄▽ ̄)

食べること | 22:59:11 | Trackback(0) | Comments(0)
龍門会なるものに参加(^◇^)
大阪北浜にある龍門。レトロなビルの地下一階にあります。
土地柄、お昼はサラリーマンの聖地になるそうです。
私たちは晩に伺いましたが、ほかの席もほぼ満席で繁盛してらっしゃいました。

今回は咲也さんにお誘いいただき第二回龍門会に参加させていただきました。総勢11名。
(コース料理の品数が多い&一品の量も多い、というお話ですよ)
楽しくみんなでワイワイおしゃべりしながら食べました。

話に聞いていた「大盛」。総勢11名だからなんとかなるか?
一皿目は棒棒鶏から。甘めのゴマダレで初っ端からええお味です。
IMG_2736-12.jpg

このフライ麺は餡かけしか見えてませんが、下にがっつり麺があります。
IMG_2737-12.jpg
もうなんか目の前にくるお料理のボリュームに圧倒されてタジタジでした。

全部写真は撮り切れませんでしたね。
10品+スープ+搾菜+大学芋→咲也さんがきっちりそのあたりはレポートしてらっしゃいます。
話に聞いていた通り一品のボリュームが多くてそして品数も多い!!!
とっても食べごたえのある中華料理屋さんでした。
IMG_2738-30.jpg
ご馳走さまでした!(^^)!

食べること | 21:55:46 | Trackback(0) | Comments(0)
前のページ 次のページ

FC2Ad