■プロフィール

はーの輔

Author:はーの輔
はてさてどんな方が来て下さるのやら
現在は大阪市内にて住んでいます。音楽、美術館めぐり、旅行、きものに興味があります。
同じ趣味の方もそうでない方もごゆるりとお楽しみ下さい。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
3月20日の着物
3月20日の着物

IMG_5374-35.jpg

横段更紗模様平絹
ピンクに蝶 襦袢
絞り扇面 昼夜帯
綸子地白地黄緑色絞り 帯揚げ
金に水色、白色 平組 帯締め

今日もアンティーク着物にアンティークの帯。
この帯、、、、、引抜柄でして、結ぶときに「はた」と思い出して焦りました。
普通に手を取るとお太鼓柄が逆さになってしまうので、
手を出来る限り短くとって、本来ねじるべき部分をねじらず
交差させたままでお太鼓を作りました。
お太鼓部分はほんとは一重太鼓ですが、
交差させると意外と長さがあったので二重太鼓に進路変更。

カカラ装飾品店さんのWSで作った帯飾りをさっそく付けてみました。
IMG_5375-35.jpg

出掛ける段階ではこちらの帯飾りです。これもカカラ装飾品店さんの~~~
IMG_5376-35.jpg

この日も羽織で。
IMG_5385-60.jpg
ローズ系の濃いピンクに黄色の立涌模様と摺り疋田の竹と橘。
言葉の羅列を読むとものすっごく派手で、実物見てもやっぱり派手だけど、
着てみると、そこまで派手じゃないかも、と思ってしまう羽織マジックです。
そしてこれは初めて自分で買った羽織です。
初めての羽織が嬉しくて着てお出掛けして、バナナチョコクレープをハグハグ食べて、
ナニをボチャ、っと落としまして(;''∀'')
そのまま洗張りコースに出た思い出の羽織です。

着物 | 21:58:22 | Trackback(0) | Comments(0)
3月19日の着物
3月19日の着物

IMG_5319-35_20170402211011fae.jpg

モスグリーン貝模様 着物
ピンクに蝶 襦袢
紫地壺垂れにお花模様 昼夜帯
七宝紋綸子薄ピンク色 帯揚げ
珊瑚色と薄萌黄 平組帯締め

貝模様と言っていますが、本当に貝殻なのかは不明。
でも春に着たくなるふんわりとしたモスグリーンの着物です。
そしてなかなか締める機会が減ってしまったアンティークの帯。
オレンジが多い部分とピンクが多い部分それぞれ使い分けてます。
帯締めは普通の平組ですが、これが締めやすくて色違いを買おうかと思ってます。

IMG_5322-14.jpg
やっとこさラミネート加工のカバンを見つけて、オーダーをお願いして年始から使ってます。
これで雨の日のカバンも交代できるかしら。

かんざしや櫛、そして桜の花びらがはらはらと舞う羽織です。
IMG_5332-35_201704022110283f1.jpg
10数年前に祖母が作ってくれた羽織です。
長すぎず短すぎない、いい長さの羽織です。

全体写真を取れる鏡があったので。
IMG_5330-18_20170402211017fb3.jpg

着物 | 09:23:53 | Trackback(0) | Comments(0)
2月26日の着物
2月26日の着物

IMG_5178-35.jpg

ピンク花唐草 着物 (H26.10からマイサイズに変更)
赤白 襦袢 (H26.10からマイサイズに変更)
ベージュ地唐草花兎文 名古屋帯
黄色い薄黄緑 帯揚げ(トリエさん)
黄水仙 冠組

年が明けると使いたくなる黄水仙の帯締め。
濃い黄色ではなく、白っぽい黄色で私はしっくりきます。
帯揚げは黄色味の強い黄緑です。
なんのひねりも無いコーデですがが、そんな日もあります。

六花の帯飾りは今日でもう終わりでしょうか。
IMG_5180-35.jpg

着物 | 22:17:17 | Trackback(0) | Comments(0)
2月19日の着物
2月19日の着物

IMG_5087-35.jpg

紺地菱模様 着物
ピンクに蝶 襦袢
シルバーグレー地 絞り 名古屋帯
紅色 帯揚げ(三浦清商店)
白に水色薄紫 大和組帯締め

そう言えばアンティークの着物をここ最近着ていないなぁと。
(お出掛け先に先方がいらっしゃったり、一緒に行く方との関係を考えると
アンティークという選択肢が選びづらいことがあります。)
今日は鈴木其一を細見美術館に母と見に行くので、
シチュエーションも同行者も問題ない、という判断です。
とろりとした錦紗の着物がさわりと体にまとわりつく感触がなんとも贅沢気分になります。

羽織はこれまたアンティークの梅の絞り。
IMG_5080-14.jpg

着物と羽織が同系色はしたことがない組み合わせですが、
やってみてあんまり違和感がなかったので、今後もやってみよー。
なかなかアンティークを着る機会が無くなってしまったので、
意識してコーディネートを考えていきたいなと思います。
IMG_5082-14.jpg
(私はタイガー餃子会館のパクチー葱麺にはまってます。)

着物 | 20:18:12 | Trackback(0) | Comments(0)
帯締めの上下
先日締めた金に水色、白色の平組帯締めについて。
この帯締めには金色と水色、白色の入り方によって上下があります。
いままで色分けの帯締めをほぼ使っていなかったので、
気を付けて締めたことはありませんでした。
今回、色の出方で上下が出来ることを理解したのでちょこっと説明をば。

IMG_5036-35.jpg
↑の写真の様に仕上がりの色の上下を意識します。
最初に巻くときは、仕上がりとは上下を反対にすると、
思ったように色が配置されます。

今回は金色を上側にしてみました。
IMG_4975-35.jpg
次は水色を上にするコーデを考えてみたいと思います。

着物 | 21:59:22 | Trackback(0) | Comments(0)
前のページ 次のページ

FC2Ad