■プロフィール

はーの輔

Author:はーの輔
はてさてどんな方が来て下さるのやら
現在は大阪市内にて住んでいます。音楽、美術館めぐり、旅行、きものに興味があります。
同じ趣味の方もそうでない方もごゆるりとお楽しみ下さい。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
2月26日の着物
2月26日の着物

IMG_5178-35.jpg

ピンク花唐草 着物 (H26.10からマイサイズに変更)
赤白 襦袢 (H26.10からマイサイズに変更)
ベージュ地唐草花兎文 名古屋帯
黄色い薄黄緑 帯揚げ(トリエさん)
黄水仙 冠組

年が明けると使いたくなる黄水仙の帯締め。
濃い黄色ではなく、白っぽい黄色で私はしっくりきます。
帯揚げは黄色味の強い黄緑です。
なんのひねりも無いコーデですがが、そんな日もあります。

六花の帯飾りは今日でもう終わりでしょうか。
IMG_5180-35.jpg

着物 | 22:17:17 | Trackback(0) | Comments(0)
2月19日の着物
2月19日の着物

IMG_5087-35.jpg

紺地菱模様 着物
ピンクに蝶 襦袢
シルバーグレー地 絞り 名古屋帯
紅色 帯揚げ(三浦清商店)
白に水色薄紫 大和組帯締め

そう言えばアンティークの着物をここ最近着ていないなぁと。
(お出掛け先に先方がいらっしゃったり、一緒に行く方との関係を考えると
アンティークという選択肢が選びづらいことがあります。)
今日は鈴木其一を細見美術館に母と見に行くので、
シチュエーションも同行者も問題ない、という判断です。
とろりとした錦紗の着物がさわりと体にまとわりつく感触がなんとも贅沢気分になります。

羽織はこれまたアンティークの梅の絞り。
IMG_5080-14.jpg

着物と羽織が同系色はしたことがない組み合わせですが、
やってみてあんまり違和感がなかったので、今後もやってみよー。
なかなかアンティークを着る機会が無くなってしまったので、
意識してコーディネートを考えていきたいなと思います。
IMG_5082-14.jpg
(私はタイガー餃子会館のパクチー葱麺にはまってます。)

着物 | 20:18:12 | Trackback(0) | Comments(0)
帯締めの上下
先日締めた金に水色、白色の平組帯締めについて。
この帯締めには金色と水色、白色の入り方によって上下があります。
いままで色分けの帯締めをほぼ使っていなかったので、
気を付けて締めたことはありませんでした。
今回、色の出方で上下が出来ることを理解したのでちょこっと説明をば。

IMG_5036-35.jpg
↑の写真の様に仕上がりの色の上下を意識します。
最初に巻くときは、仕上がりとは上下を反対にすると、
思ったように色が配置されます。

今回は金色を上側にしてみました。
IMG_4975-35.jpg
次は水色を上にするコーデを考えてみたいと思います。

着物 | 21:59:22 | Trackback(0) | Comments(0)
2月5日の着物
2月5日の着物 (7度、90% 雨)

IMG_4972-35.jpg

薄小豆色刺繍唐草 小紋
摺り疋田 襦袢(シルック)
黒地鞠 袋帯
緑とベージュ 帯揚げ
金に水色、白色 平組 帯締め

雨予報だったので母にシルックを借りました。襦袢もシルック。
これにシルックの雨コートで完全防備。帯だけは正絹でした。

今回のお題目は写経をするということで「墨」。
私は墨色ということにして、黒い帯を締めました。
友人のSさんは墨流しということだったようです。

IMG_4975-35.jpg
帯揚げが緑系、帯締めが水色系。
実は一緒に行ったSさんも同じ色目だったんです(๑>◡<๑)

着物 | 22:22:11 | Trackback(0) | Comments(0)
1月29日の着物
1月29日 (10度、50% 夕方に雨降っちゃった)

IMG_4958-35.jpg

肌色飛び柄小紋
白地梅柄 襦袢
青磁色相良刺繍 袋帯
水色地金砂子 縮緬帯揚げ
深緑に金 帯締め

お花や草が入っているわけではありませんが、若菜摘みのコーデ。
梅若玄祥先生の求塚を見るために大阪能楽会館まで。
帯締めでちょこっと草の緑を表現。帯の柄でなんとなくお花の感じを。
私にしては赤系が入らない珍しい合わせ方になりました。

帯の地色が苦手色だったけど、似合う黄色に合わせるとイケマス。
モリタ先生のクローゼット診断の時に教えていただいた法則です。
このクローゼット診断を受けたのが、2013年。もうそんなになるんですね。
求塚が終わってから神戸元町のモダンデパートメントへ。
モリタ先生もお越しとのこと、悩んでた帯が使えるようになりました、って
見ていただこうと思っていましたが、カラー診断でなかなかにお忙しい様子。
挨拶だけして帰ってきました。

着物 | 21:36:35 | Trackback(0) | Comments(0)
前のページ 次のページ

FC2Ad