■プロフィール

はーの輔

Author:はーの輔
はてさてどんな方が来て下さるのやら
現在は大阪市内にて住んでいます。音楽、美術館めぐり、旅行、きものに興味があります。
同じ趣味の方もそうでない方もごゆるりとお楽しみ下さい。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
いけばなシルミルは本当に知る見るだ
大々的に興味のあったいけばなシルミル。
池坊のいけばなの先生である川村節子先生の開催です。
十一色の花小道

IMG_3079-14_20140920.jpg

IMG_3081-14_20140920.jpg
ため息が出るこの町屋の雰囲気。美しいです。
こんな場所で受講させていただけるとは嬉しいです。

床の間にはさっそくお花がありますよ。
IMG_3087-20_20140920.jpg
これは後ほど教材になるとのこと。

今日は先生が「にこやかに」いけばなの成り立ち、歴史、思想や心構えを説明くださいました。
IMG_3085-14_20140920.jpg
一番印象に残ったのは「よろしき面影」という言葉。特に面影。
単なる実像実物だけでなく、その背景にある思想や思い雰囲気を大切にすることだと。

そして歴史的背景と担い手の変遷とともに
いけばなにある立花(りっか)、生花(しょうか)、自由花の説明。
IMG_3122-45_20140920.jpg
↑は生花の規範が100個載った図鑑のようなもの。

私は生活の中でいけばなに触れたことがありません。
確認したら母は習っていたことがあるそうですが、ほんとにかじっただけみたいです。
我が家のお花と言えば、お正月の床の間にかざるお花。
昔は松と水引が飾ってあったように思うのですが、ここ5年ほどはこんもりチューリップです。
そして時たまいけばな展に伺うと、好きやなぁ、あんまりやなぁと感じることはあっても
どうして自分がそう思うのかはわかっていませんででした。
そのようなこともあり、今回のいけばなシルミルに参加しようと思ったのです。

そして土曜日開催の生徒は基本私一人。ということは節子先生とマンツーマン。
ある意味、生徒にも力がないと生きた授業にならないマンツーマン。
やばいよ私。やっていけるのか私?
でもそのぎりぎりさ加減が楽しく、先生の意識を独り占めできると感じられると同時に
一緒に分かち合える仲間も欲しいと思うのです。
まだ始まったばかりです。ご興味のある方、ご一緒しませんか。というか、しましょう!!!!
知って、納得して、これだ!つながった!感覚は何にも耐えがたい快感ですよ。
申し込みは節子先生のブログにてどーぞー(^○^)

お稽古 | 09:39:53 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad