■プロフィール

はーの輔

Author:はーの輔
はてさてどんな方が来て下さるのやら
現在は大阪市内にて住んでいます。音楽、美術館めぐり、旅行、きものに興味があります。
同じ趣味の方もそうでない方もごゆるりとお楽しみ下さい。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
台風と仲良し
りかさんとこのWSが終わる頃には大変な暴風雨。
とりあえず四条烏丸まで出て、さてどうする。
今日は行きたいところが、、、、、でもこの天気、、、、、
でも行ってきました。

雪果のマリコさんが出てらっしゃる吉田嘉謡社の謡曲の練習会。
そうです、春に拝見したお能の先生の会です。
はーの輔、現在進行形で謡のお稽古に通っております。
IMG_2889-14_20140813.jpg
でもまだ2回目が済んだとこ。
今回は練習会がどんな様子なのか見学させていただきました。
マリコさんやトミーさん、由美子先生、そして同じ大阪教室の方々も出席。

今のところ、音の高低、抑揚しか聞こえてません。
言葉としての意味は分からなかったのですが、
同じ謡であっても演じる方によって違うんやなぁということぐらいかな。
マリコさんの謡のチリチリくる加減は何となく感じ取ることができましたよ。

練習会の後は懇親会にも参加させていただきまして
みなさんとわいわいがやがや楽しく過ごさせていただきました。
楽しすぎていじりすぎた感もなきにしもあらず。(^ム^)

私が師事している吉田篤史先生についてはブログへどーぞー
本当はもう少し書けることが増えてからと思ったのですが
まったくもって書けてません。ごめんなさい。

そして以下は目下の私の課題。
私はもともと、ピアノが13年、コントラバスを6年という西洋音楽の中で過ごしてきました。
音に色やイメージがつくのが楽しかっただけの趣味の範囲です。
好んで聞く曲もクラシックがほとんどです。(昔はNHKのFMラジオばかり流してました。)
でも謡はまた別の音の分野なんですよね。
今のところ、先生の謡を聞いて、頭ン中でドレミに直して、自分が謡う、
という作業になってるので、これがそのまま変換なしで謡うことが出来れば
もっと世界が広がるだろうなぁと思ってます。
なぜならば、西洋音楽の記譜や指示では表せないことが出てくることは必至なので。
でも長年しみついたとらえ方はなかなか頑固です(^_^;)
まずは、お稽古を録音した音源の耳コピ頑張りまーす。

観劇 | 07:21:14 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad