■プロフィール

はーの輔

Author:はーの輔
はてさてどんな方が来て下さるのやら
現在は大阪市内にて住んでいます。音楽、美術館めぐり、旅行、きものに興味があります。
同じ趣味の方もそうでない方もごゆるりとお楽しみ下さい。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
マルティン・ルターと言えば?
1517年の宗教改革としての歴史の中の登場人物として認識されているマルティン・ルター。
実は作曲も作詞もしていたというのは日本ではあまり知られていないのではないでしょうか?
かく言う私も知りませんでした。

来年2017年は宗教改革500周年の記念の年です。
その年を迎えるにあたり、先日、大阪コレギウム・ムジクの
マンスリーコンサートでマルティン・ルターの讃美歌を拝聴。
コンサートの中では、ルター作曲の讃美歌と
その曲をバッハが編曲をしたといわれる曲をそれぞれ聞き比べ。
単旋律のルターの曲をバッハが単純化しハーモニーで膨らませ、
展開した曲はそれぞれに美しいです。

ルター:安らぎと喜びをもって私は行こう
バッハ:彼は異邦人の救い、幸いなる光

言葉のイントネーションやアクセントをも曲に盛り込み、
音としての響きに乗せた讃美歌はぼんやりとかすかに神様の残滓を感じさせるものでした。

現代社会では音楽は楽しむべきものとしてとらえられていますが、
古代西洋では、音楽は神の国の秩序を表す一つの手法としても認識されています。
この点で数学とは兄弟関係にあるとも言えます。

こんなことも高校の哲学の授業で習ったなぁと思いつつ、
私は楽器の音楽として音を楽しみたいと思います。

音楽 | 22:06:52 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad