■プロフィール

はーの輔

Author:はーの輔
はてさてどんな方が来て下さるのやら
現在は大阪市内にて住んでいます。音楽、美術館めぐり、旅行、きものに興味があります。
同じ趣味の方もそうでない方もごゆるりとお楽しみ下さい。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
飛び絞りが思ったよりも増えていた件
では私が持っている飛び絞りの帯揚げの紹介と柄の大きさの比較です。
夏の絽の帯揚げ。
IMG_3384-14_20160731.jpg
紹介した黄色い飛び絞りは一番上のものです。
他に、黄緑と水色を持ってます。水色は柄の部分が小さいのでやりくり大変。
黄緑は同じ着物に合わせたコーデがありました。→

袷の飛び絞りの帯揚げ。
IMG_3385-14_20160731.jpg
赤は定番鉄板コーデ。→
黄色は花芯みたいなイメージにするのが好き。→
水色は、外見だけでも清楚に行っとこ、のための必須アイテム。→

IMG_3386-14_20160731.jpg
袷の黄緑は綸子地なので地味着物をぱっきりさせるためにも有用→、こんなんもあるよ→
茶色の飛び絞りは、うの祖母からの。大人のしっとりした差し色(中身はともかく)→

で、真ん中の法則を知っているとこんな帯揚げのぽっちりもを出すこと出来ます。
IMG_3387-14_20160731.jpg
(意外と意識せず結ぶとこれこそ一色になりがち)

ちなみにこの梅柄の飛び絞りは、帯揚げの真ん中に柄がある優秀帯揚げ\(^o^)/
IMG_3388-14_20160731.jpg

で、いろんな色が帯揚げにある時は、
その時のコーデによって出す色を調整することも出来ます。
IMG_3389-14_20160731.jpg

みよっと伸ばすと、薄いモスグリーの部分と深緑の部分があるので使い分けします。
IMG_3390-14_20160731.jpg
例えばこんなんとか→
こうするとまた違った雰囲気に→

これは反対側。あっさり目に仕上がってます。
IMG_3391-14_20160731.jpg

とまぁ、飛び絞りって白色の抜け感もありつつ色を足せる優秀帯揚げなんですが、
さて結んで、あれまぁ、まっちろだわ、もよくある話。
もしかして、挑戦はしてみたものの「白い」帯揚げになってしまって、
そのままお蔵入りしている飛び絞りがあれば是非探し出してきて、結んでみてください。
皆様の試行錯誤の一助になれば幸いです(@^^)/~~~

着物 | 21:05:20 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad