■プロフィール

はーの輔

Author:はーの輔
はてさてどんな方が来て下さるのやら
現在は大阪市内にて住んでいます。音楽、美術館めぐり、旅行、きものに興味があります。
同じ趣味の方もそうでない方もごゆるりとお楽しみ下さい。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
7月2日の着物
7月3日の着物 (32度、70%)

IMG_3103-35_20160703.jpg

グレーに青、赤 縞の川越唐桟
ピンク、黄色 紗献上名古屋帯
薄紫に銀水玉 絽縮緬帯揚げ
ピンク色 レース帯締め (苧環付)

汗をかくこと確実なので、着物仕様ではなく浴衣仕様で伺いました。
縞の唐桟は私にはかっこよすぎて、帯で可愛くしようにも限界があります。
なので、今回は帯揚げの水玉と、帯締めの苧環で可愛くしてみました。
それでもやっぱり地味。帰りに寄った大阪高島屋のろっこやさんでも言われつつ。
ろっこやさんモリタ先生ハセガワアヤさん、三人三様に地味との指摘。
ですよねーーー。
そしてキレイ色のろっこ屋さんの片身替わりの綿麻がええなぁと指を咥えて見てました。

日舞特有の手をそでの中に入れるしぐさ、これをするには裄が足りませんで^_^;
なんとか恰好はつきましたが、優雅に見せるためにはいろいろと必要なことが多そうです。
ちなみに肩や肘、膝、足の向きや使い方がとても勉強になりましたね。

着物 | 22:16:02 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。