■プロフィール

はーの輔

Author:はーの輔
はてさてどんな方が来て下さるのやら
現在は大阪市内にて住んでいます。音楽、美術館めぐり、旅行、きものに興味があります。
同じ趣味の方もそうでない方もごゆるりとお楽しみ下さい。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
優雅さが一かけらでもあれば、何とかなるか?いやどうにもならない。(反語)
四条烏丸から四条河原町へ、寺町通りを北上して(途中で買っちゃったりして)、
どんどこどんどこまだ北上。
そーこーしてると左向こうに御所のかどっちょ発見。
IMG_3117-14_20160703.jpg
御所を右下から左上にだーーーーっと斜めに突っ切って今回の会場のbe京都へ。

IMG_3118-14_20160703.jpg

心洗われる紫陽花と共に睦静紀さん主催の日本舞踊体験セミナーへ行ってまいりました。
先日の 花 さく 私 のイメージ写真撮影の時に初めまして~~で、
その時は日本舞踊をしていらっしゃるんだ~~~、
体の線がとても美しい~~~とうっとり眺めさせていただきました。
そして日本舞踊ってどんなんだろう??と思っているとちょうど体験セミナーがある記事。
これは行っとこ、となりまして参加してきました。
ま、優雅さは一かけらもない私なので、無いものねだりをしに行ったということです"_" )、

まずは扇の使い方から。日舞体験は「重ね扇」という2分程度の演目です。
歌舞伎の音羽屋の紋にちなんだもので、詩の中に伏線が張り巡らされています。
そしてなにはともあれ体を動かしてみる。
体の芯を意識して右左、上下、目線と手の動きでお目目くるくる((+_+))
なんとか足の右左は動きつつ(仕舞の成果!!!)、顔とあごと目線と手は無理でした。
頭は焦ってますが、ゆったりしっとりとした日舞の世界を垣間見ることが出来ました。
(見れたような、見れてないような、でも見れてたらいいなーーーー願望多大に含む)

そして睦さんの舞を目の前で拝見。(眼福)色っぽく艶のある長唄の「都鳥」。
伊勢物語を題材に取り、「名にしおはば いざ言問はむ 都鳥 わが思ふ人は ありやなしやと」
婀娜っぽい内容をしゃらっと踊る睦先生を見ながらポーーっとしちゃったのは内緒の話。
ちょうど先週アルティホールで杜若をみたところだったので、
いずれにせよ在原業平はプレイボーイだよね、に行きつきました。

IMG_3120-14_20160703.jpg
床の間の紫陽花も美しく、睦先生も美しく、ええわ、ええわ、の連続放送劇。
そして睦先生の伊勢物語への多大なる情熱も見え隠れ。意外と面白いようですよ。

いわゆるインナーマッスル使いっぱなしで、すり足、中腰、回ってみたり。
日ごろの運動不足&仕舞の直前対策の後の日舞体験だったため筋肉痛になること確実です。
見てるのは優雅だけれども、実際は体育会系な日舞でした。
そしてうさ舎の生徒さんとも偶然に一緒でした。二人してキャッキャしてましたよ。

お稽古 | 21:52:45 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad