■プロフィール

はーの輔

Author:はーの輔
はてさてどんな方が来て下さるのやら
現在は大阪市内にて住んでいます。音楽、美術館めぐり、旅行、きものに興味があります。
同じ趣味の方もそうでない方もごゆるりとお楽しみ下さい。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
やろうと思えば眼鏡も出来る日本髪。
前回の江戸酒場でも挑戦しましたが、今回も日本髪を結いました。
合言葉は(燈籠鬢+丸髷)÷2
IMG_7229-35_20150530.jpg
そしてやろうと思えば出来た眼鏡。鬢の途中から突き刺してます
簪は少し早いですが紫陽花です。まん丸具合がかわいらしいのです。

家を出発したら、ビル影もなんにも無くてびっくり。
東西南北に道が走っていることがよくわかりますね。
IMG_7159-14_20150531.jpg

結っていただいたのは前回同様京都木屋町三条のarmsさんでお願いしました。
IMG_7163-14_20150530.jpg

今回の髪型は京風つぶし島田。前回の丸髷の髷の真ん中を引き絞った形です。
江戸風の粋な形ではなく、丸くてかわいらしい雰囲気になりました。
IMG_7179-14_20150530.jpg
鬢は地毛です。茶色いのでわかりやすいですね。
髷の部分は付け毛です。黒い。

鬢の下の部分がふんわりと内側へ入っているのが
何ともかわいらしい雰囲気を出しています。
IMG_7177-14_20150530.jpg
鬢の張り具合、上から下への曲線の作り具合、
少しのことですが雰囲気を決める重要な形ですね。
気温が30度を超えると、鬢付け油も柔らかくなって形が決まりにくいそうです。

IMG_7175-14_20150530.jpg
つぶし島田は重心が後にあります。
なので髪結いが終わって、先生の手が離れたとたん首が後ろへもげっ。
意識して前にしておかないと、首が後ろへ持っていかれます。

季節ものを身に付けたいという要望に応えてくださった花田先生。
大阪からくるけったいな人間の相手、ありがとうございます。
前回同様、皆さんに大変好評だった日本髪。
終わったら、また次回もやりたい!!どんなんにしようともう考え始めてしまいます。
イベントに絡めて、自分をめい一杯楽しむことが出来て、
真面目に一生懸命楽しむことに没頭する幸せを感じます。

着物 | 23:04:38 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad