■プロフィール

はーの輔

Author:はーの輔
はてさてどんな方が来て下さるのやら
現在は大阪市内にて住んでいます。音楽、美術館めぐり、旅行、きものに興味があります。
同じ趣味の方もそうでない方もごゆるりとお楽しみ下さい。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
1月29日の着物
1月29日 (10度、50% 夕方に雨降っちゃった)

IMG_4958-35.jpg

肌色飛び柄小紋
白地梅柄 襦袢
青磁色相良刺繍 袋帯
水色地金砂子 縮緬帯揚げ
深緑に金 帯締め

お花や草が入っているわけではありませんが、若菜摘みのコーデ。
梅若玄祥先生の求塚を見るために大阪能楽会館まで。
帯締めでちょこっと草の緑を表現。帯の柄でなんとなくお花の感じを。
私にしては赤系が入らない珍しい合わせ方になりました。

帯の地色が苦手色だったけど、似合う黄色に合わせるとイケマス。
モリタ先生のクローゼット診断の時に教えていただいた法則です。
このクローゼット診断を受けたのが、2013年。もうそんなになるんですね。
求塚が終わってから神戸元町のモダンデパートメントへ。
モリタ先生もお越しとのこと、悩んでた帯が使えるようになりました、って
見ていただこうと思っていましたが、カラー診断でなかなかにお忙しい様子。
挨拶だけして帰ってきました。

スポンサーサイト
着物 | 21:36:35 | Trackback(0) | Comments(0)
阪神元町でモダンデパートメント
阪神元町と言えば、モダン波止場の愛子さんの教室がある場所です。
今日はろっこやさんがいらっしゃるということを、昨日のインスタで知った次第です。
上がってきた帯揚げの写真に飛びついたら、まさかの色無地の色見本とは。
おおー、早とちり大魔神のわたくしめです。

IMG_4965-14.jpg
で、あまりにもきれいな色なのでパチリ。
地紋も美しい布地なので色無地の色が映えると思います。
愛子さんはろっこやさんの染め分けの小紋を着てらっしゃいました。
とても愛らしく可愛らしい様子でした(´-`*)あんなん着てみたいわ~。
そしてこの色見本を使ってのモリタ先生のカラー診断。お忙しそうだったのでご挨拶だけ。
先生のブルーのレース帯揚げを買おうとしたら、
午前中の求塚を120%楽しむTTR講座で散財してしまったので、まーた今度(๑>◡<๑)

かずこさん咲也さんゆみちゃんとご挨拶。
あまり着物イベントへ行っていなかったのでお久しぶりでした(@^^)/~~~

そしてシトシト雨が降る中、傘もささず、雨コートも着ずΣ(゚д゚lll)帰りました。

お出かけ | 21:16:33 | Trackback(0) | Comments(0)
1月28日の着物
1月28日の着物 (12度、35%)

IMG_4955-35.jpg

白黒菱形絞り 小紋
白地梅柄 襦袢
ベージュ地唐草花兎文 名古屋帯
桜色 帯揚げ
珊瑚色と薄萌黄 平組帯締め

寒かろうと思って絞りの着物を着ると、お日様ぽかぽかで暑かったです(^_^;)
そんな少し春めいた気持だったのか、手に取った帯揚げが桜色でした。

IMG_4956-35.jpg
今日は帯の中の話。
皆さんは、帯板はどのようなものを使ってらっしゃいますか?
私はゴム付きと板だけの2枚を持っていて、使い分けています。

ゴム付のいいところは、帯板を挟む手間がなく且つ両手が使える。
そしておはしょりが長い場合は、紐を使って上げずに、
ゴム付帯板に挟んで上げてしまいます。帯板以外の使い方もしてますが、
胴にふんわりと帯板があるのでそれ以上締まらない気がします。
なので、十分長さがないと足りなくなるおそれ有り。
逆に考えて、長すぎる帯はゴム付の帯板をして締めることが多いです。

では、板だけのいいところは?帯との隙間に入れるので胴にぴったり締まること。
かっちり締めたいときはこちらですね。そして短めの帯の時は絶対に板だけ。
使う帯板の種類を変えるだけで、締めれる帯が増えます。お得感満載の選択だと思ってます。
私は気分的には、キュッと締まる板だけの締まり心地のほうが好きです(´-`*)
ちなみに今日は板だけでした。締まり心地がいいです。

着物 | 23:08:19 | Trackback(0) | Comments(0)
1月21日の着物
1月21日の着物

IMG_4933-35.jpg

茶泥椿大島
錦紫黒地ハイビスカス 襦袢
赤地絞り 名古屋帯
綸子地白地赤色絞り 帯揚げ
赤白 帯締め

今でこそ柔らか物も着るようになりましたが、私の原点はこの茶泥の大島です。
着物を着始めたときにかったmy first 着物なんですよね。
赤色の絞りの帯揚げも初期に買って長年使用。
思いもかけず、赤と白とほぼ黒い茶泥の組み合わせになりました。

着物 | 23:03:37 | Trackback(0) | Comments(0)
1月9日の着物
1月9日の着物

IMG_4918-35.jpg

雪輪椿青大島
白地梅柄 襦袢
シルバーグレー地 絞り 名古屋帯
シルバーリーフ 帯揚げ(CHOKOさん)
すもも色 帯締め

文楽を見に行くので気軽で楽チンなコーデ。
で、柄半襟を初めて使ってみました。
なんとハセガワアヤさんの柄半襟です。KIKKO MONDですです。
しかもご本人に「どの色がいいですか?」と伺い、選んでいただいたものです。
有りがたや~(*^_^*)

柄半襟ありきのコーデで、先ずは着物選び。
皆さんもご存じのとおり、私の手持ちはほぼほぼ古典柄。
なので先ず着物を選ぶのに躓きました。
柔らか物はなんとなくイメージじゃなかったので、
持ってる紬に片っ端から半襟乗せましたよ。
で、オーソドックスに青大島に決定。

帯は意外と迷わずグレーの絞りにて。帯締め帯揚げをどうするか?
帯締めは柄半襟と帯に入っているすもも色はすぐに決まったけど、帯揚げが難航。
黄色系、黄緑系、緑系を合わせてみて、うーーーん。ダメではないがしっくりこない。
他にもっとええのないかな、ないかな。こういう時はどんどん乗せてみる。
で、ほほぅ、とはまったのがCHOKOさんのシルバーリーフ。
実は柄半襟にもグレーが入っていて、ついでに帯にもグレー。
意外と色がリンクして全体としてまとまりました。
楽しき柄半襟の世界、今後どうなりますでしょうか?(´-`*)

IMG_4920-35.jpg
襟の見える部分にダイヤが出てきて満足です。
柄半襟だから襟もたくさん見せたいし、ということで
久々にモリタ先生のレッスンを思い出しつつ襟を作りました。
この時のレッスンで理論と実践両方を教えていただき、とても為になっています。

着物 | 21:53:13 | Trackback(0) | Comments(0)
寒い日のお出掛けはモフモフにて候。
お正月が明けてから本格的に寒くなってきましたね。
寒くなってきたので、いつも以上にモコモコに防寒するわたくしめでございます。
今回は着物の時の防寒について書いてみようかと。
冬の日の私はとってもモコモコ。実物を見たことがある方は知ってますよねー。

マフラー巻きます。
IMG_4858-35.jpg

首の後ろも襟と一緒に覆ってしまうのがミソ。スコスコしないよにしましょー。
IMG_4859-35.jpg

コートを着ます。(羽織でも同様です。)
IMG_4860-35.jpg

着物の衿はつぶさないように気をつけましょー。
IMG_4862-35.jpg

ここでもうひと手間。もう一枚マフラーでもストールでもいいので巻きます。
マフラーとコートの隙間から風が入らないように、隙間を覆うのが良いのですよ。
IMG_4863-35.jpg
厚手のショールがBESTです。

全体はこんな感じになります。
13-10933261_n-50_20150112_20170116223247c9e.jpg

仕上げにイヤーマフなんぞをすると、より一層温かくなります。
12-10877932_n-50_20150112_201701162232458c0.jpg
それにしてもモフってますなぁ。

防寒の方法として、私は羽織るもの巻くもので調整します。
着物の中に着こんで防寒をする手もありますが、
着てしまうと建物の中などで熱くなってしまった時に困ってしまいます。
なので温度調整をするためにも羽織ものが有用だと思います。

真冬の防寒は首、手首、足首をいかに温かくするかが重要です。
次回は手と腕の防寒を書いてみようと思います。

着物 | 22:55:33 | Trackback(0) | Comments(0)
1月8日の着物 & 封印コーデ
1月8日の着物

IMG_4902-35.jpg

青菱模様小紋
赤白 襦袢 (H26.10からマイサイズに変更)
白地小花 袋帯
七宝紋綸子薄ピンク色 帯揚げ
グレーに白 帯締め

小雨降りしきる京都観世会館へ行くコーデ。
新春なのでお目出度くかわいく行ってきました。

帯は洒落袋帯なのですが、小花がかわいらしく飛んでます。
帯揚げ帯締めでちょこっとランクアップ。
この帯締めはkaonnさんでいただいたもの。
礼装用の帯締めが水色ピンク緑、という偏った色しかなくて
他になんかええ色ないかなぁと思って探しました。
いっつも立ち寄っては、ええ品物やなぁと思っていて、
いつかは買ってみたいと思っていたお店です。
念願叶いました❤

でもしかし、本当は別のコーディネートで行くつもりだったんです。
新春の観世会館で、しかも井上先生の翁。
これはばっちり着て行くしかないやろ!!!と思って、
きものなかむらさんで買った附下を着るつもりでした。
でもしかし、付下げに袋帯、礼装用の帯揚げ帯締めを着た限りは、
カバンも礼装用でしょう!!!と思ったら無かった。
いつものカバンではカバンもかわいそうだし着物も生きてこない。
と言うことで、当分の間、このコーデは”封印”です。
IMG_4903-35.jpg
きれいな藤色の付下げなんですよーーーーー。よーーーーー。

着物 | 22:22:47 | Trackback(0) | Comments(0)
お家で引きこもりで、何してる?
お正月はお節を作る以外はミシンを踏んでました。
IMG_4877-14.jpg
延々35mm幅のテープを切る作業。
オルファのロータリーカッターはええ仕事します。
切れる刃物は仕事の正確さと速さが違いますね。

11月末から始めて作っていたログキャビン。
IMG_4890-14.jpg
ログキャビンで緑色が48枚、青色が24枚。
9パッチならぬ16パッチの白色が17枚。
ログキャビンはこの後に4枚1組にする作業があります。
それが終わると緑色が12枚、青色が6枚、白色が17枚=合計35枚。
これを5x7につなげて、周りをつけて、裏付けて、キルティングして、パイピング。
まだまだえんやこらとっと、ちまちま頑張りませう。

創作活動? | 22:36:31 | Trackback(0) | Comments(0)
今更ながらに、明けましておめえでとうございます、でした。
ありゃりゃ、松の内も終わるというのに。
今年初めてのブログ記事が今の時期(;´Д`A ```
何してたんでしょーねー(棒読み)

ということで、毎年恒例になっているお節の写真。
ドン
IMG_4886-14.jpg
今年は海老の味付けがばっちり、美味しくできました。
醤油に味醂と酒少々。お正月ほど味醂を消費するときは無いと思います。
そして金柑の甘煮。氷砂糖を使うとさらりとした甘味に仕上がりました。
(金柑の重量の40~45%)
三が日はのんびり家でお節を食べて、テレビ三昧でした。
実は年末に胃腸炎を発症して、ふにゃふにゃになっていたので丁度良い休息となりました。

日常 | 22:26:39 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。