■プロフィール

はーの輔

Author:はーの輔
はてさてどんな方が来て下さるのやら
現在は大阪市内にて住んでいます。音楽、美術館めぐり、旅行、きものに興味があります。
同じ趣味の方もそうでない方もごゆるりとお楽しみ下さい。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
10月22日の着物
10月22日の着物 (19度、60%)

IMG_4323-35_20161022.jpg

紫地菊柄小紋
ピンク平織麻 襦袢
花立涌七宝文 名古屋帯
アプリコット色 白色刺繍 縮緬帯揚げ
薄紫 帯締め

秋の雰囲気になってまいりましたね。
袷の着物を着るにはもってこいの気温です。
そうなると着たくなるのが菊のアンティーク小紋です。
今回初めてアプリコット色の帯揚げを使いました。
いいなと思って買ってみたは良いけどなんだか合わない、と思い込んでいた帯揚げです。
今回は使ってみてもいいかも、と初めて思って乗せてみて、帯締めともしっくり合いましたね。

そして隠れた楽しみ。それは襦袢(*^_^*)
IMG_4405-45_20161022.jpg
後姿で、すっと一筋見える袖の振りからの色。こういう部分が着物の醍醐味です。

着物 | 22:22:32 | Trackback(0) | Comments(0)
ゴム編みマフラー 仕上がりました
めっきり寒くなってまいりました。
もうストーブをつけてらっしゃる地域の方もいらっしゃるでしょうか。
今年も編み物始まってます。

初動はマスタードイエローのゴム編みマフラーです。
IMG_4320-14.jpg

ざっくりとした毛糸の風合いを活かして、太めのゴム編みに仕上げました。
IMG_4321-14.jpg
定番の黒やカーキ、茶色などとの相性もいいですし、意外とグレーとも(*^_^*)
ゴム編みマフラー(マスタードイエロー)

その他、羽織紐や帯飾りもありますよ。
minnneのサイトへどうぞお越しくださいませ~~~
KANOTO 着物小間物

KANOTO 着物小間物 | 22:18:29 | Trackback(0) | Comments(0)
8月6日の着物
8月6日の着物

IMG_3410-35_20160806.jpg

秋草 コーマ地浴衣
黄色水色 博多単半幅帯

家から200mぐらいのグランドでする盆踊り。
ポリエステルの帯を結ぼうと思っていたけれど、踊ると緩むかなと思って博多の半幅に変更。
結果として、緩まずしっかりしてて、踊りまくっても大丈夫でした(*^_^*)
そして10月に8月の記事をUPするという。
年が明けたら、日程順に並べ替えて整理整頓しようっと(;''∀'')

着物 | 21:26:11 | Trackback(0) | Comments(0)
10月15日の着物
10月15日の着物 (18度、55%)

IMG_4277-35_20161015.jpg

薄ピンク菊花小紋 (シルック)
ピンク平織麻 襦袢
シルバーグレー地 絞り 名古屋帯
黄色い薄黄緑 帯揚げ(トリエさん)
すもも色 帯締め

夕方からは着物に着替えてお出掛け。
しっとり目の雰囲気でおめかししていきました。

夏の間にKIMONO MODEANさんで手に入れたレースの薄羽織。
IMG_4279-35_20161015.jpg

着物 | 20:50:28 | Trackback(0) | Comments(0)
歩くの楽しい。
朝から御堂筋を歩く、歩く。
IMG_4240-14_20161015.jpg

ちょっとそこまで、靭公園。
IMG_4260-14_20161015.jpg

IMG_4243-14_20161015.jpg

秋バラが満開でした。
IMG_4254-14_20161015.jpg

IMG_4263-14_20161015.jpg

メタセコイアの木
IMG_4241-14_20161015.jpg

IMG_4266-14_20161015.jpg
大阪のど真ん中にあるちょっとした緑地帯です。

ちょっとそこまで、フェスティバルホール
IMG_4269-14_20161015.jpg

ちょっとそこまで、パトリック梅田店
IMG_4270-14_20161015.jpg
足の大きさが変わってきたし、今のパトリックも草臥れてきました故。

珍しくネイビーを買ってみたり。でも黒に見えるね。
IMG_4272-14_20161015.jpg

この後は着物に着替えて、Sさんとシンフォニーホールへ。
美しいピアノの調べを聞かせていただきました(*^_^*)

そしてぴこっと出てしまった三つ編み。
IMG_4238-35_20161015.jpg
髪の毛が長くなりすぎたのでそろそろ切ろうと思うが、
秋口に入り寒くなってきたので躊躇する今日この頃。

お出かけ | 22:21:07 | Trackback(0) | Comments(0)
定期的な情報の更新は必要不可欠
10月初旬の話ですが、アシタスタイルのトータルフットケア1say集中講座の
「再受講」に行ってきました。
それの合間に足の状態のチェックも(#^.^#)
一日朝から夕方まで、座学も歩行レッスンももう一度。そしてその後の懇親会も行ってみたり。
以前の内容より一層の進化とわかり易さの座学です。

歩行レッスンでは、紐の結び方から(´-`*)
最初に教えていただいはずなのに、自己流になっているものの多いこと。
自分の体の良いように、癖の良いように、
ちょっとした怠惰の積み重ねは丸っと御見通しであったようです(汗)

セミナーの後に行った新居浜で、別子温泉までの道のりを1時間歩いてみました。
上がっているかどうかわからないくらいのゆるい傾斜を1時間かけて歩きます。
歩いてアライメント、骨の積木を整える、
ゆっくりと骨がそれぞれの骨に乗っていく様子が感じられ、最後に温泉でほっこり。
セミナーを受けて、見て、聞いて、そうだ、こんな風に体って動くよね、と再認識。

そして初めて受けたのが2015年1月のこと。
約2年経って、なんと足のアーチ形成で長さも幅も小さくなりました。
骨がどんどん立ってきて、しかもそれを支える筋肉も歩くうちに付いたようで、
足の形も変わってきました。
そして、今年2016年2月に受けたフットケア
人生で初めてぐらいに足の筋肉がほぐれてもにゅもにゅになりました。
その直後には及ばないものの、今も筋肉はそれなりに柔らかく、
以前のようにカチカチに戻っていないのが、歩けている証拠として嬉しいです。

ただ、一人で歩いていても変化を感じることが少なく、
変化が感じられないとなんとなくなおざりになることもあります。
やはり機会があるごとに状態のチェックと認識は
ステップアップのためには必要だなと思いました。
こーかな?あーかな?と迷って諦める前に、
今の自分の体の状態を認識することが得策かなと思いました。

お稽古 | 07:34:54 | Trackback(0) | Comments(0)
秋の始まりはお茶の香りと共に
大徳寺近くのアトリエミショーの中国茶会へ、Sさんとお邪魔してきました。
堀口一子先生の茶絲道(チャースールー)「旅の栞」です。
IMG_4174-14_20161010.jpg

IMG_4175-14_20161010.jpg

艸土、野野、月海、星山という銘での4席。
紅茶、烏龍茶、黒茶、鉄観音茶&金木犀。
それぞれの風味を生かした趣向で、
茶葉の香り、一煎目、二煎目の変化を楽しませていただきました。

IMG_4176-14_20161010.jpg

IMG_4184-14_20161010.jpg

IMG_4188-14_20161010.jpg

IMG_4192-14_20161010.jpg

IMG_4194-14_20161010.jpg

IMG_4195-14_20161010.jpg

IMG_4199-14_20161010.jpg
密やかに秀明菊がおりました。

IMG_4203-14_20161010.jpg

IMG_4205-14_20161010.jpg
ほっこり炭火の席もありました。
中国茶の懐の広がりを感じる、いい一日をすごしました。

IMG_4208-14_20161010.jpg
たくさんのお茶を堪能した帰り道は秋空の夕暮れと雲。
大徳寺の西の空へお日様が傾くさまを見て、西方浄土はあるかもしれしれないなと。

お出かけ | 21:16:10 | Trackback(0) | Comments(0)
秋晴れの空に映えるは?
大徳寺近くまで行くので、大徳寺も散策。
赤い山門と松の緑が秋晴れの空に映えます。
陽射しも風も秋を多分に含み気持ちが良く、散策する足取りも軽くなります。
IMG_4169-14_20161010.jpg

ここも空と屋根と松の緑が美しいです。
IMG_4173-14_20161010.jpg

大徳寺の塔頭の一つ、龍源院を拝見しました。
IMG_4166-14_20161010.jpg
東滴壺(とうてきこ):日本最小の石庭だそうです。
丸い砂紋は一滴の水が滴り落ちる姿を表しており、
一滴がそのまま大河にもつながるその一滴の大切さを表しているそうです。
その雫ひとつがなければ、何も始まらないし終わらないし、一滴の大切さですね。

お出かけ | 21:15:15 | Trackback(0) | Comments(0)
10月9日の着物
10月9日の着物 (22度、着物を着るにはちょうど)

SCFJ1829-18_20161008.jpg

雨予定だったので新居浜では着るつもりがなかった母娘。
でもどうやら晴れるらしいぞ、ということで祖母だけが「私着るわ~」
母娘はとってもうらやましく、「おばあちゃ~ん、なんか貸して~」で祖母の着物を借りました。
全て祖母の着物なので、一つ一つは地味ですが組み合わせ如何で化けるよ、
を実地で証明したコーデとなりました。

祖母は紬に紬の帯。
IMG_4109-14_20161008.jpg
私が小物を合わせると、自分ではこんな赤い帯揚げ使わへんわぁ、
と言いつつもお気に召されたようですよ。

母は小さな格子柄に矢羽の帯。
IMG_4106-14_20161008.jpg
着物あるある「どうしてこれ、買ったんだろう?」、緑と黄土色の市松柄の帯揚げ。
どうやって使ったらわからない、はとりあえずいろんなコーデに乗せてみる。
そうすると今回みたく、出会うコーデがあるはずなんです。
(一か八かの出たとこ勝負コーデとも言う)

私はロウケツ染めの小紋に洒落袋帯。
IMG_4108-14_20161008.jpg
祖母の50年ぐらい前の小紋。きれいにお手入れされているので、すぐに着れました。
これまた、気に入ったはずなのに使えていない帯。
小物を変えれば祖母も着れてしまう、なんとも対応年齢の広いコーデです。

ちなみにこの着物はロウケツ染めとのこと。
型染めのようにも思いますが、防染する部分がロウなんでしょうか?
なんとなくロウが割れた感じのする部分が無くて、
君はロウケツなん?と着物に聞いてみたくなります。
なにはともあれ、祖母の着物が意外と年齢を選ばず着れるということがわかりましたね。

着物 | 20:41:23 | Trackback(0) | Comments(0)
お休みを利用して新居浜へ
新居浜の祖父母の顔を見に行ってきました。
家の畑は、夏の名残と秋の味覚が混在してます。
秋の味覚の筆頭、ぶどう。たわわとは言えませんが、実がなっています。
IMG_4098-14_20161008.jpg

こちらは夏の名残。
IMG_4097-14_20161008.jpg

こちらはまだまだ待っててくださいね、サツマイモ。
IMG_4099-14_20161008.jpg

ランタナもこんもりと。
IMG_4101-14_20161008.jpg

IMG_4100-14_20161008.jpg

ランタナの奥に見えているのはガラスの温室。
今はお花がたくさん咲いています。冬になったら本領発揮です。
IMG_4102-14_20161008.jpg

秋の味覚と言えば柿。
IMG_4104-14_20161008.jpg

IMG_4111-14_20161008.jpg
そろそろ食べごろか?まだ先か?実に聞いてから収穫しませう(*^_^*)

祖父はすこし食欲が落ちていたようですが、
みんなでワイワイガヤガヤ楽しく食べるとお箸が進んだようです。
祖母はいつもの通りの賑やかさ(*^_^*)いつまでも健康で。

お出かけ | 20:25:45 | Trackback(0) | Comments(0)
生田神社は古戦場、知らなんだ。
せっかく神戸へお出掛けなので、少し早い目に行って生田神社へお参り。
IMG_4065-14_20161002.jpg
大きな大きな木のある生田の森の中。

由緒を拝見したり、立札を読んだりしていると
生田神社は源平合戦の時からの場所のようですね。
かなりな街中の神社ですが、史跡として残っていてびっくりです。

これは梶原の井。
源平合戦の折、梶原景季がこの井戸の水を汲んで生田の神に武運を祈ったとされています。
IMG_4066-14_20161002.jpg

箙(えびら)の梅。
IMG_4069-14_20161003.jpg
謡曲:箙(えびら)は、梶原景季が箙に梅をさして奮戦した様子を描いたもの(らしい)。
大阪稽古場で箙をしてらっしゃる方がいたのですが、
その梅を箙(えびら)に刺す動作がかっこいいんです(*^_^*)
ちなみに箙とは矢を入れて背負う箱のこと。用途は矢筒と一緒。
形は筒ではなく箱ですがね。漁師さんが腰に魚籠を付けてますが、あれが箱な感じです。

もともとお寺や神社へお参りに行くことは多かったのですが、
謡蹟めぐりををからめるとえらくボリュームが増えてきました。

お出かけ | 23:50:48 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad