■プロフィール

はーの輔

Author:はーの輔
はてさてどんな方が来て下さるのやら
現在は大阪市内にて住んでいます。音楽、美術館めぐり、旅行、きものに興味があります。
同じ趣味の方もそうでない方もごゆるりとお楽しみ下さい。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
柔らかマフラー ~2/21あちこち市
2/21(日)うさ舎acicoさん主催、
自ら着る、成人式と同時開催のあちこち市にはーの輔も出品いたします。

大阪もぐっと寒くなりました。皆様のお住まいの地域はいかがでしょうか。
さて今日も編むのが止まらないはーの輔です。

あちこち市に持って行くマフラーをご紹介。
シャーベットピンクのマフラーです。
IMG_0611-14_20160130.jpg

IMG_0612-14_20160130.jpg
色合いとしてはこの写真が一番近いかしら。

待ち針を打ってブロッキングの用意。シューっとスチームアイロンをかけます。
IMG_0586-14_20160124_201601302306255b3.jpg
この寸法入りのアイロン台は母が大昔に編み物をしていた際に手に入れたもの。
道具が揃っていると仕事が速いですね。

ふんわりモヘアとストレートヤーン。
IMG_0509-14_20160116_20160130230623992.jpg
この毛糸を組み合わせて2本取りで編みました。
あちこち市で実物を手にして、是非合わせてみてください。

他にも帯飾りや羽織紐もありますよ。
KANOTO 着物小間物

自ら着る、成人式の詳細はこちらをどうぞ→
あちこち市の詳細はこちらをどうぞ→

KANOTO 着物小間物 | 23:23:36 | Trackback(0) | Comments(0)
1月30日の着物
1月30日の着物 (9度、55%)

IMG_0619-35_20160130.jpg

朱地菊に槍梅紅型 着物
ピンクに蝶 襦袢
黒地鞠 袋帯
赤色 帯揚げ(三浦清商店)
水色、ピンク、黄色 平組 帯締め

母の嫁入り道具の朱地の着物です。
まぶしくて着ていなかったのですが、なんとなく気分になったので着ました。
帯は珍しく黒の袋帯でばっちりコントラストを付けました。
ここまで来るといつもはしない組み合わせをしてみようと思って、
先ずは帯揚げを真っ赤に。帯締め柄の中の青系をとって水色の帯締めにしました。
朱色に水色。
全然合わなさそうなイメージですが、黒い帯に乗せたおかげか、まとまりましたね。

母の着物にはたとう紙に着物のことが書いてあります。
IMG_0614-14_20160130.jpg
着物屋さんがどんな着物が入っているのかわかるように書いてくださったようです。
たとう紙は交換しても、この紙は着物と一緒です。

着物 | 22:37:08 | Trackback(0) | Comments(0)
ピン曲げを習う。
この冬一番の冷え込みでしたね。
そんな日だというのに心斎橋までトットコ、ビーズの1dayレッスンへ行ってきました。。

羽織紐のピンの曲げ方が自己流だったので習ってきました。
今は便利な世の中になったので、You Tubeで動画を探して習得することも可能。
本にだって写真入りで説明もあります。
でも、本の「この写真の間が知りたい!!!」(着付けの本でもままあることですね。)
不思議は解消したいし、自分の癖もわかっておきたい、
こんなんなっちゃったに対する解決法も知りたい、我儘生徒のはーの輔です。

今回は、ビーズ刺繍ジュエリー協会の古川先生に教えていただきました。
青いビーズ刺繍のブローチと9ピンをつないで作るコットンパールのネックレス。
チクチク縫って、曲げて、曲げて、曲げて、せっかく曲げたのに開けて。
おおよそ2時間半、頑張りました。

初めてのビーズ刺繍でしたが、メインの大きなビーズを選んで周りのシードビーズを選んで。
IMG_0578-14_20160124.jpg

さて、本題の9ピンの曲げ。
IMG_0576-14_20160124.jpg
あっちゃこっちゃ向くピンをなんとかかんとか仕上げました。
左の親指が痛いです。

単にピンをくるっとするんですが、工具の持ち方、向け方、回し方。
キチンとコツはあります。対面で先生の手元を拝見するのが一番わかりやすいです。
古川先生の手元をまじまじ拝見。
説明に絵をかいてくださったり、噛み砕いて説明してくださいました。

2時間半お世話になったペリカンカフェ。
IMG_0580-14_20160124.jpg
居心地のいいお店でした。
ご飯もおいしそうだったので、次はランチに行ってみたいな。

お稽古 | 22:39:44 | Trackback(0) | Comments(0)
もふりマフラー ~2/21あちこち市
2/21(日)うさ舎acicoさん主催、
自ら着る、成人式と同時開催のあちこち市にはーの輔も出品いたします。

めっきり寒くなりましたね。
寒波が日本各地で猛威をふるっています。さすがの大阪も今日は粉雪が舞いました。

寒い冬のお出掛けのお供にもふりマフラーはいかがですか。
暖かすもも色のマフラーです。
IMG_9764-14_20151114_20160120220415511.jpg
模様はブラーニー・キッスとジグザグ。
両端にはケーブルとガーター編みを配しました。
甘撚りの毛糸で、肌心地も最高です(*^^)v
アラン編みマフラー (すもも色)

濃緑のアルパカ混のアラン編みのマフラーです。
IMG_0064-14_20151219_201601202204360ed.jpg
2段ごとにやってくるネジネジ部分。
かなりの忍耐重労働でしたが、仕上がると感動もひとしお。
アルパカとウールの毛糸であったかですよ~~~~。
アラン編みマフラー (濃緑)

他にも帯飾りや羽織紐もありますよ。
KANOTO 着物小間物

自ら着る、成人式の詳細はこちらをどうぞ→
あちこち市の詳細はこちらをどうぞ→

KANOTO 着物小間物 | 22:21:09 | Trackback(0) | Comments(0)
意外と理不尽だわねぇ
文楽の国姓爺合戦を見てきました。
昨日の植木のお手入れで体がガタピシ言ってますので、
ゆったりもっさり洋服です(;''∀'')

明の鄭芝龍こと老一官と日本の妻との間に生まれた和藤内(のちの国姓爺)のお話。
パッと見やんややんやの大団円ですが、縁と義が両立しない理不尽なお話でした。
妻と母親が死なないと立たない義とは何ぞや?

通常だと一番の見どころの第三幕の上演がほとんどのところ、
今回は32年振りに第一幕からの上演。
人の動き、情景がつぶさに見て取れるので初めからの上演が好きです。
あぁと泣き伏せる妻錦祥女が哀れです。

観劇 | 23:18:46 | Trackback(0) | Comments(0)
家族三人で5時間仕事(笑)
朝ごはんをしっかり食べて、お抹茶をブースターにして
家族三人で屋上庭園のお手入れに出発です。

花殻摘みをしてすっきりしたシクラメン。
IMG_0522-14_20160116.jpg

寒空の下でも鮮やかな色です。
IMG_0525-14_20160116.jpg

お空ににょっきりゴールドメダルの蕾。
IMG_0532-14_20160116.jpg

父はバラの剪定です。パツパツ切っていきます。
IMG_0521-14_20160116.jpg

うむ、すっきり!!!
IMG_0537-14_20160116.jpg

さて、このビニールの簡易温室の中は何でしょう?
IMG_0549-14_20160116.jpg
ふふふふ、今年の夏にお役立ち、バジルです。
枯れてるように見えますが、茎の中はしっかり生きてます。
まだ寒くなる大阪ですが、簡易温室で冬越し出来るかしら?
春に乞うご期待!!!

クリスマスローズもそろそろですね。
IMG_0538-14_20160116.jpg

今回の大仕事は椿のお手入れ。
隅に追いやられていたのを、引き出してくると
枝がもうてんでばらばらに伸びてるし、誘引もへったくれもないような状態。
それをパツパツ剪定、剪定。後のほうに隠れていた白椿を発見でしました。
IMG_0546-14_20160116.jpg

赤椿もぽつりぽつり。
IMG_0551-14_20160116.jpg
ゆっくりと季節が動きます。

日常 | 11:24:51 | Trackback(0) | Comments(0)
朝ごはんとお花とお抹茶
久々にパンと野菜スープの朝ごはん。
IMG_0511-14_20160116.jpg

窓の外のパンジーもビオラもご機嫌さん。
IMG_0516-14_20160116.jpg

IMG_0517-14_20160116.jpg

IMG_0518-14_20160116.jpg

IMG_0519-14_20160116.jpg

お花と戯れつつお抹茶を点ててエネルギー充填完了です。
IMG_0514-14_20160116.jpg
さてさて屋上庭園のお手入れに、いざ行かん!!!

食べること | 18:19:40 | Trackback(0) | Comments(0)
1月11日の着物
1月11日の着物 (10度、40%)

IMG_0481-20_20160111.jpg

ピンク花唐草 着物 (H26.10からマイサイズに変更)
白地梅柄 襦袢
赤地絞り 名古屋帯
綸子地白地黄緑色絞り 帯揚げ
卵色サーモンピンク 帯締め

新春文楽をおっとり気分で見たかったので柔らか物にしました。
IMG_0484-35_20160111.jpg
黄緑の絞りの帯揚げを使いたくて選んだのはよかったのですが、
どうしても帯締めが決まらない(;''∀'')
まよってサーモンピンクの帯締めにしたけど、なんか???
もう少し考慮の余地ありなコーデでした。

母も着物を気張って着ました。
うさ舎acicoさんのキモノキレイレッスンに通ってる成果を発揮してます。
白とこげ茶の裏表の帯締めを今回は左右違えて結びました。
IMG_0480-20_20160111.jpg

久々に母と一緒。
IMG_0483-16_20160111.jpg

着物 | 23:32:11 | Trackback(0) | Comments(0)
新春文楽公演、嶋大夫さん引退披露狂言
日本橋の文楽座で新春文楽公演を見てきました。
IMG_0476-14_20160111.jpg

新版歌祭文
座摩社の段と野崎村の段。
大店の娘であるおっとりとしたお染と村娘のおみつ、真面目者の久松。
三人三様の思いが交錯し、話が進みます。
お染と久松の思いを身をもって知ったおみつが身を引く、ところまでで今回の話は終わり。
でも、でも、おみつ!!!出家までせんでもよかたんやないか?????
久松なんぞお染にうっちゃってしもたらええんよ。
と思わず突っ込んでしまいました。

関取千両幟
恩あるお方の愛しい錦木太夫の身請けのお金を工面する話。
工面するのは猪名川ね。猪名川はお相撲取り。
身請けのお金を工面する手立てがないところに相撲取組の八百長のお誘い。
相撲を身請けの為に捨てるか、と懊悩する猪名川です。
取り組みが始まると「進上金子二百両」の声がかかります。
これは勝てばもらえるお金。
よし、相撲を捨てず勝って身請けのお金を工面しようと頑張ります。
そして勝利。

買った帰り道、二百両の祝儀を出した人物との対面。
出てきたのは猪名川の妻、おとわ。
おとわは夫の懊悩を知り、自分を身売りしてお金を作りました。
妻の身売りのお金で、恩あるかたの愛しい方を身請けする。
なんか皮肉です。
嶋大夫さん演じるおとわが切ないです。
IMG_0478-20_20160111.jpg

釣女
狂言の釣針を題材にした浄瑠璃です。
「やるまいぞ、やるまいぞ」「ええーい腹の立つ!!!」
大名には麗しのお姫様が釣れて、太郎冠者には醜女。
「似合ひ相応美しき、妻をお授けお授け」と願ったのは太郎冠者なんだから
釣り上げた醜女は、要するに神様が太郎冠者にお似合いよ、と選んでくださったもの。
それを「いやじゃ、いやじゃ」と大名のお姫様を追っかけまわすのは
お門違いやと思うんですけどぉ。
ま、その様子が滑稽で新春初笑ということですね。
一輔さんの太郎冠者の「がーーーんΣ(゚д゚|||)」具合が面白かったです。

観劇 | 22:57:49 | Trackback(0) | Comments(0)
あったかマフラー ~2/21あちこち市
2/21(日)うさ舎acicoさん主催、
自ら着る、成人式と同時開催のあちこち市にはーの輔も出品いたします。

白白シリーズのガーター編みのマフラーです。
IMG_9761-14_20151114_20160113220416fe2.jpg
一本取りから、モヘア三本取りまで、合計7種類の白い毛糸を使ってます。
肩にかけておくだけで、ぬくもりの中でふわふわいい気分になれますよ。
minneのサイトにも情報を乗せてますのでご覧ください。
ガーター編みマフラー (いろいろな白色)

水色、ブルー、グレーのメリヤス編みスヌード。
IMG_8617-20_20150913_2016011322034489f.jpg
ぐるっと首回りに巻き巻きしてください。
1重巻でも2重巻でもどちらでも大丈夫ですよ。
3色それぞれ正面に出す位置を変更すれば、いろいろな表情が楽しめますね。
もちろん、重ねて片方に入れ込むシンプルな形もかっこいいですよ。
メリヤス編みスヌード (水色、ブルー、グレー)

他にも帯飾りや羽織紐もありますよ。
KANOTO 着物小間物

自ら着る、成人式の詳細はこちらをどうぞ→
あちこち市の詳細はこちらをどうぞ→

KANOTO 着物小間物 | 22:23:55 | Trackback(0) | Comments(0)
1月10日の着物
1月10日の着物 (10度、45%)

IMG_0469-20_20160110.jpg

紺地菱模様 着物
ローズピンク扇柄襦袢
ピンク地ピーコック 名古屋帯
白、紫中抜き絞り 帯揚げ
臙脂色 四角柄丸くけ 帯締め

しっとりと軽い錦紗の着物です。
大島のしゃっきりとした着心地も好きですが、
体に沿うしっとりとした錦紗も大好きです。

IMG_0470-35_20160110.jpg

着物 | 22:45:30 | Trackback(0) | Comments(0)
七福めぐりなるものをしてきました。
十日戎で賑わっている大阪です。
我が家は今宮戎にお参りに行って「ました。」はい、過去形です。
余りにもすごい人出で行かなくなってましたね。
が、今年は行ってみよか、と相成りまして行ってきました。
ついでに七福めぐりもしてみようかと。

七福めぐりとは七福神をお祀りしているお寺さんや神社にお参りをして
七福を分けていただく、という主旨です。

人の込み具合を考えて、今宮戎神社で恵比寿さんを第一目標に。
お次は大国主神社では大黒さま、そして四天王寺さんで布袋さんにお参りします。
IMG_0461-14_20160110.jpg
亀さんがのんびり甲羅干ししてます。

とっとこ歩く前に、カレーで腹ごしらえ。
IMG_0462-1_20160110.jpg
バターチキンです。

三光神社は寿老人さんです。そして三光神社は真田山にあります。
と言うことは?そう真田幸村ですね。はい、撮っときましょ。
IMG_0465-14_20160110.jpg

なぜかお家の近くでびっくり長久寺。福禄寿さん。
法案寺さんでは弁天様にお目見え。
この後の仕舞のお稽古、とちらんようにお願いしとこ。(むしろ自主練しましょーねー)
最後は毘沙門天さんをお祀りしている大乗坊。
大乗坊さんは日本橋の真っただ中にあります。
お向かいはメイドカフェ。びっくりぽんでした。
神さんもえらい周りが賑やかになって、と思ってますでしょうか。

4時間ほどトコトコ歩きまして、もうすでにお昼ご飯のカレーも消化済み。
お三時に厚切りジャムトーストをペロッと食べちゃいました。
IMG_0466-14_20160110.jpg

そして吉田先生の仕舞のお稽古に。
謡ってる間に動くという高等技術を駆使せねばなりませぬ。
気を引き締めておかないと、ごそっと何かが抜け落ちそうです。
ガンバロー。

お出かけ | 23:37:35 | Trackback(0) | Comments(0)
1月9日の着物
1月9日の着物 (10度、30%)

IMG_0460-35_20160109.jpg

茶泥椿大島
錦紫黒地ハイビスカス 襦袢
絞り扇面 昼夜帯
綸子地白地赤色絞り 帯揚げ
赤紫 3分紐 (江南)
花束 帯留

池田重子さんに会いに行くにはこの大島を着ようと去年から決めていました。
この大島には錦紗の襦袢、帯は赤いざっくりとした八寸帯をしようと思っていました。
が、年末年始にはきもの・きもの弥生さんのHPを見て悶絶。
きゃーーーーーー、かわいい帯ーーーーーー
すぐさまポチッとしてしまい、手元に届いて狂喜乱舞。
写真でもかわいかったのですが、実物はもっとかわいい(*^_^*)

今回はお花畑をイメージしました。
着物は椿、襦袢はハイビスカス、帯には桜、帯揚げには梅、帯留はバラ。
たくさんのお花を池田さんに見ていただきました。
IMG_0458-35_20160109.jpg

着物 | 23:30:58 | Trackback(0) | Comments(0)
歩いた結果、またちっちゃくなった私の足。
東京へ来たもう一つの目的、
新宿御苑前のトータルフットケア アシタスタイルへお邪魔しました。
井手口さんに会いにですよ。
前回、スニーカーのインソールを作っていただき、
今回はその調整とフットケアをお願いしました。

人生初のフットケア。あんなに足だけ触ってもらったのは初めてですΣ(゚∀゚ノ)ノ
O脚のはーの輔、足が顕わになってしまうので実はスカートがとても苦手です。
かと言ってパンツスタイルだけでは味気ない。
なんかいい手立てはないかな?と思って参加したのが去年1月のセミナー。
インソールの調整が4月。
この度、てくてく歩いた結果、ちょっとだけO脚が改善してました。
ついでに足首が傾いていたのも改善。ついでに腰の具合もちょっと改善。
足のサイズも、むくみが取れてアーチがちびっと形成されたおかげでちっちゃくなりました。

そんでもって、今回の東京ではたくさん歩きました。
青山2丁目駅から新宿御苑駅まで。意外と東京は山あり谷ありでびっくり。
街中でも坂を上がって下がって起伏があるんですね。
たくさん歩いた日の夕方にお伺いをしたせいもあると思うのですが、
脛の筋肉がガチガチだったので、それを揉みほぐしていく段階で
(=・ω・=)ニャーと鳴いてしまいました。(痛くて、、、、)
でもほぐしていただいた結果、足裏、ふくらはぎ、
果ては太ももまでふんわり柔らかくなりました。
自分の足ながらもにゅもにゅしてて気持ちいいのですヽ(^。^)ノ
ぱっつり張っていた筋肉と皮膚がふんにゃりしてます。

立つとき、歩くときの体の使い方も再度ご指導いただきました。
やはり自分のよいように体を使うので、そこを再度修正。
ただ、前回指導いただいた時よりも呑み込みが早くなりました。
私としては直立状態で内膝が引っ付くというのは驚異的な状態なんです。
再調整をしたインソールでトコトコ歩いて、もう少し改善して行けたらなぁと思います。

それにしてもケアに夢中で写真がない、ない、ない。
とってもきれいな夕暮れ、ビルの谷間の富士山、そしてにっこり井手口さん。
なんもかんも忘れて、ケアで頭も体もバターのように溶けてました。
井手口さん、スタッフの方々ありがとうございました。

お稽古 | 23:04:21 | Trackback(0) | Comments(0)
松屋銀座 日本のおしゃれ展
東京、松屋銀座にて開催中の日本のおしゃれ展へ行ってきました。
IMG_0444-14_20160109.jpg

コーディネートがとても美しいです。
帯の刺繍の絹の艶、色が美しく、トルソーの周りをうろちょろ。
松屋の開店30分前から待って、会場へはとっとこ。
会場に5人ほどの状態で心行くまで堪能させていただきました。

冬のおしゃれの本の表紙と梅と鶯のコーデに
魅かれて本を買ったのが初めての出会いでした。
着物も帯も小物もそれぞれが際立つコーデに衝撃を受けました。
2011年の松屋での展示会にも新幹線で行きました。
念願の白金台のお店にも伺って池田重子さんとお話させていただいたことも。
(庭園美術館に行った帰りに寄りました)
さまざまな大島を拝見させていただきました。
とても柔和な方なのですが、何を着たいか、
何を見たいかをスパッと見抜く目もお持ちでした。
ここに謹んで哀悼の意を表します。
美しく、生命力あふれるコーディネートを見せていただきありがとうございました。

美術館 | 22:12:27 | Trackback(0) | Comments(0)
足し算、引き算、良いものを引き出したい。
IMG_0417-14_20160103.jpg
左がはーの輔、右が姉。
姉妹ですが骨格が違う、筋肉の付き方が違うので着物の見栄えが違います。

骨格が違うと、表面の布地と光源の位置関係が変わり、結果として見える色が変わります。
ついでに言うと、顔や手の色が違うので見えてくる着物の色そのものも違います。
(実物を見ていただけるのが一番わかりやすいのですが)
今回は特にオレンジ、緑、青、赤様々な色が入っている絞りの着物なのでわかりやすいですね。

姉妹でこれだけ見え方がちがうのですから、それが他人であればなおさら。
それぞれの方がきれいに、かわいく、美しく見えるものを身に纏い形をつくればいいと思います。
それを補助するのが着物であり帯であり小物。
着物が!!!!、帯が!!!!、が前へ出ると、
せっかく着ている方ご自身のかわいらしさが引っ込んでしまうように思います。
もちろん、そのものの良さを表現する際には、
着る人は引っ込んどいてもらわないとダメなんですけどね。
足し算、引き算、何を引き出したいかによりますよね。
選び方は千差万別、手法によりけり。

要するに、人それぞれの思いや良さを引き出す一助としての位置で
着るものを選択するということをもう一度考え直したいと思う年始です。
この一年、このことに少し気を付けながら身に付けるものを選択をしようと思います。

あ、「なんにも考えてない本能の赴くままコーデ」も有りだと思ってます(@^^)/~~~
野生の勘は侮れませんよ。

日常 | 22:36:45 | Trackback(0) | Comments(0)
1月3日の着物
1月3日の着物 (15度、60%)

IMG_0413-20_20160103.jpg

花紋散 絞り小紋
黄緑松竹梅 襦袢
黒地鞠 袋帯
桜色 帯揚げ
金に水色、白色 平組 帯締め

主題<姉夫婦を関空に送るコーデ。>
副題<昨日、姉が着た着物と帯を私が着るとどうなるだろう?>
姉のコーデから帯締め帯揚げを変更しました。

IMG_0415-35_20160103.jpg
実は帯締めだけが違うコーデをしたことがあります。→
今日は「赤」はたくさんいらない淡い気分だったんです(^○^)

帯締めは去年えり善さんで頂いた3本目です。
IMG_0416-35_20160103.jpg
金が入っていて優しく晴れやかな雰囲気になりますね。

久々にアンティークの羽織を着ました。
IMG_0411-20_20160103.jpg
この頃、がっつりアンティーク気分になることが少なくなり着ていませんでした。
今日はお正月の晴れ着の気分だったので、晴れやかな雰囲気なこの羽織がぴったりでした。

着物 | 22:04:38 | Trackback(0) | Comments(0)
1月2日の着物
1月2日の着物 (12度、50%)

IMG_0378-20_20160101.jpg

黄緑花織?
ピンク地に黄色雲 襦袢
紫地絞り下り藤 名古屋帯
黄色い薄黄緑 帯揚げ(トリエさん)
焦茶 帯締め

なんとなくお散歩に出よう、の為のコーデです。
昨日の晴れ着モードとは変わって、しゃっきり紬にて。
黄緑色に紫を合わせるという初めての試み。
ほとんど補色の関係の合わせ方ですが、在ってもいい合わせ方だと思います。

帯揚げは色が飛んでしまっていますが、黄色い薄黄緑色。
年末のトリエさんのセールで頂いた帯揚げです。
トリエさんのオリジナル柄が入っていて、とても結びやすいんです。
帯締めは丸くけの紫色をしようかと思ったのですが
なんだか締りのない感じだったので、焦茶でしっかりとさせました。


そして頑張る姉。二日続けて着物を着ると言うのです。
遠慮してか、昨日と同じ着物でいいよー、と言っていたのですが
やっぱり別の着物がいいのーーー、とのお言葉。
コーディネートさせていただきました。
IMG_0395-90_20160102.jpg

姉と私は骨格が違うので、着物の見栄えが違います。
そして私だと「黒い帯」を合わせる際はこの日のような
曲線が入って尚且つ白い抜け感のある帯を合わせます。
同じ着物でも着る人によって見え方(色の出方、柄の出方、雰囲気の出方)が違う
ので興味が尽きません。

着物 | 21:15:38 | Trackback(0) | Comments(0)
1月1日の着物
1月1日の着物 (10度、45%)

IMG_0343-20_20160101.jpg

紫地菊柄小紋
黄緑松竹梅 襦袢
青磁色相良刺繍 袋帯
レモンイエロー礼装帯揚げ
黄水仙 冠組

大好きな菊の小紋で年始のご挨拶。
いつもほとんど使わない青磁色の相良刺繍の帯を合わせました。
モリタ先生のクローゼット診断の時に相談した帯です。
苦手色も自分に引き寄せるためのカラーコンサルタントであり
クローゼット診断なんですよね。
大好きな紫色に合わせると大丈夫でした。

足元にいろいろなものが引っ付くので、急いで撮ったらぶれた。
IMG_0349-35_20160101.jpg


姉も着物を着ました。
可愛らしい雰囲気で晴れ着モード全開のコーディネートです。
IMG_0402-80_20160101.jpg

着物をいろいろ出して選んでもらって、帯はあれか?これか?と合わせてみる。
帯締め帯揚げはおおよその色を指定してもらって、手持ちの中からポンポンポン。
姉妹だと「これどう?」「いやーーー、あっちがいいーーー」とか遠慮なく出てきます。
楽しい時間です。

着物 | 22:25:14 | Trackback(0) | Comments(0)
明けましておめでとうございます。
明けましておめでとうございます。

今年のお節は作った満足度高し。
IMG_0330-1420160101.jpg
お節大好きなので作っても楽しいし、食べても楽しい。

IMG_0352-14_20160101.jpg
3段重が二つと数の子(撮るの忘れた)。
詰めるのが苦手です。詰め方を習ってみたい。
そしてくわいの剥き方を習ってみたい。とってもピンポイント(笑)

いつものごとく近くの神社にお参り。
今年は姉夫婦が帰ってきているのでみんな一緒。
IMG_0361-14_20160101.jpg
足元に姪っ子甥っ子がまとわりつくので、手をつないでテトテト。

元旦は花びら餅。
IMG_0350-14_20160101.jpg
自分と姉、姪っ子、甥っ子の着付けをしたのでエネルギー補充。
子供への着付けは、大人(姉)への着付けとは違いますね。
でも前回よりかはまだましだったようです。
そして甥っ子の袴の着付けは満点だった!!!!

ではでは本年もどうぞよろしくお願いいたします。
皆様と楽しく着物生活を送れますよーに。

日常 | 22:23:13 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad