■プロフィール

はーの輔

Author:はーの輔
はてさてどんな方が来て下さるのやら
現在は大阪市内にて住んでいます。音楽、美術館めぐり、旅行、きものに興味があります。
同じ趣味の方もそうでない方もごゆるりとお楽しみ下さい。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
涼しくなったのでやっとこさMIHOミュージアム。
暑さに負けて全然お出掛けしていなかった美術館。
やっと涼しくなり始めたので、MIHOミュージアムに行ってきました。
最後も最後、若冲と蕪村展です。
IMG_8502-14_20150830.jpg

やっぱり好みは若冲でした。
鸚鵡図の頭や尾の羽根のふっさり感と毛並みの良さ。
お茶目な大津絵の藤娘図。
山と海が入り混じる中にのんびり象さんとのんびり鯨さん、象と鯨図屏風。
蕪村は夜色楼台図、雪景色に沈む街並み、窓から漏れる淡い光。

お昼はサンドイッチとハイビスカスとオレンジとキウイのジュース。
IMG_8503-14_20150830.jpg

常設展示も盛りだくさんです。
虎がぐるっと体を丸めた形の文鎮。虎鎮(こちん)って言うんですって。
こんな虎さんの文鎮があれば、楽しいでしょうね。

送迎バス乗り場の天井にはぽっかりと穴が開いてます。
今日はそこからはらりはらりと雨が舞い降りてきています。
IMG_8505-14_20150830.jpg

MIHOミュージアムの駐車場で見かけた蓮の花。盛夏の名残です。
IMG_8512-14_20150830.jpg

小雨だったり豪雨だったり、安定しない一日でしたがゆったりした一日でした。

スポンサーサイト
美術館 | 20:50:36 | Trackback(0) | Comments(0)
お家でチョキチョキ。やめられまへんなぁ。
先日きものなかむらさんで頂いた着物をセルフ洗い張り。
洗って乾かして、を3回ほどしたのでもう色落ちも縮もしないだろうと思って、
今日は朝から着物を解いてました。握りハサミとリッパー併用です。
チョキチョキして、糸をシュッと抜いて、裏からアイロンを当てて仕上がりです。
IMG_8470-14_20150823.jpg
来年の夏に着れるように仕立てに出そうっと。
身丈は3尺9寸5分ぐらいとれるかな。まあまあの長さです。
ちなみに私のセルフ洗い張りは、世の中の洗い張りとは順序が逆です(^ム^)
参考までにどうぞ→

おせんべいとお茶をスタンバイして、ポチポチブログ更新。
IMG_8471-14_20150823.jpg
さて、日も陰ってきたのでテクテク歩いてきましょうか。

創作活動? | 16:51:15 | Trackback(0) | Comments(0)
夏物で使ってなかった、頑張らなきゃ。
私の密かな楽しみ。
自身や他の方のブログで、コーディネートをポチポチ見ること。
久々に自身のコーデをパラパラ見てたら、
acicoさんとこのリボン帯揚げのなつうみを全色制覇、見つけちゃいました。

そして面白いことにすべて寒色系の着物に合わせてる(@^^)/~~~
青ベース、紫ベースとかね。

帯揚げを目立たせるコーデ。真ん中がピンク。
9-10968499_n-65_20150215.jpg

真ん中がブルーグレー。
IMG_3293-25_20141004.jpg

これは珍しく一色で使用した場合。でも差し色としてきちんとお仕事してますよね。
IMG_7174-20_20150530.jpg

そろそろ夏物も最終コーナーをまわっていますが、
夏物にはどうやらまだ合わせてはいないようです。
来週は、なつうみメインでコーディネートを考えてみるかな?

着物 | 16:26:22 | Trackback(0) | Comments(0)
8月22日の着物
8月22日の着物 (32度、70%)

IMG_8451-20_20150822.jpg

こげ茶クローバー柄 紗着物
千鳥柄 紋紗襦袢
朱色麻の葉 絽名古屋帯
黄色絽縮緬 帯揚げ
茶色 三分紐
花束 帯留

なんて久しぶりなんでしょうか。
クローバーの紗の着物、柄が浮き出てますね。
黒く見えますが、とっても濃い焦げ茶です。
晩夏をイメージして、濃い色の着物に朱色の帯、私にしては珍しい合わせ方です。
密かなる自己満足ポイントとしては、三分紐も焦げ茶にしたことでしょうか。

IMG_8462_20150822.jpg
帯は短い帯で結ぶお太鼓結びレッスンで習った方法で結びました。
ありがとうございます、みずのさん!!!
この方法だとお太鼓に持ってくる柄もばっちり、前の柄もばっちり出すことが出来ます。
もちろん、お太鼓を結んでいるので先日紹介した夏の汗対策で防護してます。(*^_^*)

着物 | 15:51:24 | Trackback(0) | Comments(0)
舟と船、そして五条大橋
嘉祥閣へ着いた時にはもうすでに100%満員御礼状態。
後のほうへ椅子を出していただいて見てたのですが、途中から立ち見させていただきました。

先に橋弁慶の一部分を観客全員で挑戦。大きな声を出してすっきりしてから始まり、始まり~

狂言 「舟船(しゅうせん)」
「ふね」か「ふな」かの押し問答の主人と太郎冠者。

能 「橋弁慶」
言わずと知れた五条大橋の牛若丸と弁慶のお話。
弁慶は吉田先生、牛若丸は長男坊君。恰好よかった(@^^)/~~~
こんなに運動量多かったっけ?と思いつつ、あっちへこっちへかなり動き回る弁慶と牛若丸。
そして長男坊君の大きな声に圧倒された舞台でした。
自分のお稽古の時には、なんとなく(ってダメじゃん)謡って誰がどれかわからなかったのが、
今回やっと、あ、このセリフは弁慶なのね、従者なのね、と思ったり(=_=)

会場には雪果のマリコさんも。
IMG_8453-14_20150822.jpg
蝉丸の浴衣に黒い波の帯。にゅーーーん、黒い夏帯かっこええ。


京都教室の方とマリコさんと三人で少し休憩。
なんか妙に落ち着くこの空間。あんまり頑張りすぎていない雰囲気が気分にマッチしました。
IMG_8455-14_20150822.jpg

マンゴーヨーグルトの向こうにマリコさん。
IMG_8454-14_20150822.jpg
後の壁一面の窓からは気持ちの良いお日様。

IMG_8467-65_20150822.jpg
ちょっと愚痴りつつ、ちょっと相談に乗って頂きつつ、のんびり過ごしました。
心なしか涼しいような風の吹く京都でしたが、帰ってきた大阪は案の定熱気ムンムン。
とは言えそろそろ九月を控え、秋の訪れが待ち遠しくなります。

観劇 | 15:45:58 | Trackback(0) | Comments(0)
根が生えた。
acicoさんのお家リノベーションの途中経過拝見の時に禁断の裏庭を拝見(笑)。
その時にプチプチっとちぎってくれたのがバジルの葉っぱ。
お家の晩御飯でパスタに使った残りを花瓶にそのまま入れてたら、、、、、
IMG_7519-14_20150627.jpg

わかりますか?白いものが出てきてませんか?
IMG_7520-14_20150627.jpg

3日経つとここまで伸びます。これはもう立派な根っこですね。
IMG_7561-14_20150629.jpg

もしゃもしゃでござる。
IMG_7562-14_20150629.jpg

鉢に植えて半月もすると根がついて、もうしっかりとしたバジルの株の出来上がり。
IMG_7790-14_20150720.jpg
さっぱりトマトパスタに入れたり、アンチョビパスタに入れたり
この夏バジルをたくさん食べさせてもらったわ~~~~。

ついでに海の日に梅干しを干した風景も一緒に。
IMG_7806-14_20150720.jpg
この梅干しがお盆の時の梅干しドーン、です。

日常 | 21:47:07 | Trackback(0) | Comments(0)
事前準備は抜かりなくしましょうね。
袖丈1尺7寸5分の色留袖を着るにあたり、まったくもって準備をしていなかった私。
というか準備が必要なことを忘れていました。アンティーク着物にありがちな長ーいお袖。
着る当日になって、襦袢の袖をどうするかで朝からてんやわんや。
時間もないし諦めかけたのですが、袖からチラリと見える襦袢も装いのエッセンス。
無ければ無いでいいのですが、やっぱりあるほうがいいよねぇ。
IMG_7705-15_20150711_201508162003378b5.jpg

ということで袖の下を袋縫いにして、振り側をくけて終わり、のところ
振り側をくける時間がない!ので袖の真ん中をつまんで幅だけを合わせて半襦袢に取り付け。
IMG_7725-14_20150712.jpg
生地は去年自前で洗って反物にしておいた鶏頭の絽の襦袢の身頃をリメイク。
下準備は大切です。
昨日に引き続き解く。
襦袢としてはもう無理だけれども、まだまだ小物として使うことが出来ました。
これをするのも着物の楽しみです。

とりあえずぐるっと一周波縫いでザクザク仕上げました。
IMG_7726-14_20150712.jpg

で、帰ってきてからちゃんと仕上げました。次回はこれで準備万端。
IMG_7810-14_20150720.jpg
誰か夏の正装の会、開いてくれへんかな?

創作活動? | 20:30:48 | Trackback(0) | Comments(0)
夏の汗対策について
オープンうさ舎の時にお会いしたうさ舎修了生の方から、
夏の汗対策について質問を頂いたので、以前書いた記事のリンクと再考察を行いますね。


2012年8月12日の記事より抜粋
**************************************************************
今回は、汗が着物にいかないように「満点スリップ」を着用です。
夏は洗えることが一番なのですが、正絹の着物を毎回洗うこともできず
そういう時は満点スリップに頼ります。(でもしかし満点スリップは暑いです)
今回は着物の下に十分な補正が入っているので、胸元がふっくらしていてすっきり収まりました。

肌着→満点スリップ→補正→襦袢→着物→帯 の順番です。
正絹の時は、夏も冬もこの順番は変わりません。布地が夏物か、冬物かに変更になるだけです。
肌着を省略して満点スリップをそのまま着用する方もいらっしゃるようで、
私もトライしたことがあります。でも満点スリップがぐずぐずと動いて上の
着物が着崩れたことがあり、省くのはやめました。
**************************************************************

というのが2012年の時の記事です。
基本的に夏も冬も順番は変わらないですね。
満点スリップにも夏用と冬用があるようですが、私は冬用onlyです。
なので真夏は本当に暑いのですが、汗は着物に行かないので
汗抜き等の悉皆に出す頻度はぐんと下がります。

私が満点スリップを使用する理由として、
「悉皆にかけるお金を出来るだけ減らしたい」ことがあげられます。
着物は着れば着るだけ汚れます。汗やほこり、雨や雪、ご飯の時のシミ等。
でも気を付けるべきところは気を付けて、
出来るだけ汚さないようにすることも出来るんですよ。

まずは汗対策。私は高橋さんの満点スリップに頼りっきりです。
特に夏は上だけのタイプを着るだけでも十分だと思います。
裾除け部分が必要か必要でないかは、その時々によって考えますね。
絹物を着るときには必須です。

ちなみに夏冬関係なく、冬用の満点スリップを使用しています。
夏に冬用?と言うかたもいらっしゃるかもしれませんが、
冬用と夏用の楊柳生地では、ガードをしてくれる範囲と素材が違うんです。
(違いは高橋さんのHP等で確認してみてください)

もちろん夏に冬用を着るので本当に暑いです。
でも汗シミを作るよりかは、私は暑い方を取ります。
また、背中の汗は着物の色を帯に移してしまったりもするので、
帯への色移り防止も兼ねてます。

私が必須だと思うシチュエーションを一つ上げておきます。
絹物を着たい場合、例えば絽や紗、とくに名古屋帯でお太鼓に結ぶ場面。
背中にぴったりお太鼓が付くので、背中の汗が着物にも帯にも移ります。

でも麻着物で半幅や銀座結びの時には使わない、などいろいろ変えてます。
夏の暑い時期に、暑さ対策に逆行するような内容ですが
場所と着るものによって中身は変えたらいいと思っています。
皆様の着物生活の向上の手助けとなりましたら幸いです。


たかはし →HP
満点スリップ →エアレット(冬用と言っていいのかな?)  →満点肌着(上だけ)
満点スリップ →綿楊柳
上記以外にも、いろいろな機能を持つものがあるようですよ。

着物 | 19:02:19 | Trackback(0) | Comments(0)
半幅帯を洗ってみるか。
この日に着た黄緑色の博多の半幅帯。
かなり薄汚れてまして、自分で洗ってみたらどうなるだろう、やってみました。
あまり推奨されることではないと思うので、写真等での説明はなしです。

でもどれだけきれいになったかはビフォーアフター写真があるので見てみましょう。
<ビフォー 1回目登場 2012年8月15日の着物
SN3U0634-10切り取り_20120815

<アフター 2回目登場 2015年8月14日の着物
IMG_8312-35_20150814.jpg

見比べていただくと明らかに洗った後の2回目のほうがきれいですね。
絹の艶も戻っているように思います。

では、とっとこ洗ってみよう、縫ってみよう。

まず半幅帯を解きます。
 解いてみたら2枚の布地を縫い合わせているのではなく、二つ折りになってるタイプでした。

*************************************************************
以下、よいこはマネをしてはいけません。
ご自身の判断で、自己責任の下実施してくださいね。( ̄▽ ̄)

洗います。
 お風呂場で、亀の子たわしに石鹸付けて、縦方向にシャーシャーと洗ってみました。
 泡にも茶色い色が出てくるぐらいには汚れていたようです。
すすぎます。
 ちびっこ用のバスタブにお水をためて、ざざざっとすすぎ洗い。
 (姪っ子、甥っ子の赤ちゃんの時のバスタブが活用されています)
乾かします。
 バスタオルでタオルドライ。(絞ろうにも硬くて絞れない)
 半乾きぐらいになるまで、物干し竿で放置。
 アイロンをかけてピシッとさせます。
ミシンでガーーーーッと。
 中表に半分に折って、周りをミシンでガーーーーッと。
 外にかえして、口をかがって、もう一回ゆるくアイロンで押さえてピシッとさせます。
終わり

簡単な手順で手早くやった割には、きれいになったし、手触りもよくなりました。
ただしたぶん糊が落ちたのか、パリッとした感じは少なくなってへにょっとしてます。
でも帯の張りが無くなったわけではなく、締めた感じはピシッとしてるので、
私としては問題なし、の結果でした。

創作活動? | 12:33:03 | Trackback(0) | Comments(0)
8月15日の着物
8月15日の着物 (33度、60%)

IMG_8331-35_20150815.jpg

秋草 コーマ地浴衣
白地に井桁 麻半幅
薄紫、卵色、白 帯締め

またまた登場、コーマ地浴衣。
花火と言えばやっぱり浴衣!!と言いたいところですが、実はワンピースで行こうとしてました。
(=_=)昨日ののんびりモードが単なるぐーたらモードになったようです。
でも浴衣でもワンピースでも暑いことには変わりがなく、浴衣で行っとこか、
で気分的にはちょっとやさぐれモードです。
帯も帯締めも変わり映え無く、無難にまとめて、暑いからあんまり頭を使うコーデが出来ない。

IMG_8435-14_20150815.jpg
花火大会に来ている浴衣女子は素足に下駄。でも私は足袋に下駄。
鼻緒ずれ防止のための足袋ですが、女子力低下は否めませんね。

着物 | 12:06:43 | Trackback(0) | Comments(0)
花火大会へ行ってきました。
初めてと言っていいぐらいの勢いで、猪名川の花火大会に行ってきました。
友人に川西市民がいますので、連れだってテクテク。
さすが地元民。込み合う場所より、ちょっと遠いですがのんびりできる河川敷を知ってますね。
どんどん日が落ちていく様を見ながら、お弁当を食べて腹ごしらえ。
IMG_8338-14_20150815.jpg

始まってからはずーーーーっと、首は上を向いたまま。
花火からは遠い、とは聞いていましたが全然遠いくないじゃない!
IMG_8354-14_20150815.jpg

IMG_8389-14_20150815.jpg
全然迫力の伝わらない写真ですが、夜空いっぱいに広がるきれいな花火でした。

お出かけ | 11:04:16 | Trackback(0) | Comments(0)
この頃はまってるもの
この頃はまってる氷出し茶。
先日は1時間も前から用意をしてた緑茶を、母に「貰うよ~」と一煎目を持ってかれてしまいました。
私は二煎目以降を楽しむことにさせていただきました。
IMG_8018-16_2015082.jpg

そしてイギリス土産ということで頂いた紅茶シリーズ。第一弾はマンゴーティー。
氷出しで、低温でゆっくり抽出するとマンゴーの香りが引き立つ冷茶になりました。
IMG_8283-20_20150813.jpg

イギリス土産第二段。アップルティーです。
IMG_8310-16_20150814.jpg
いろいろなお茶で楽しむ朝の時間がとても貴重です。

ちなみに、小さなポットたちは雑貨屋さんで手に入れた耐熱ガラス容器。
でもあまりにも小さすぎて温かいお茶を入れて楽しむには量が少ないのです。
なかなか出番がありませんでしたが、氷出しで少しずつお茶を抽出するにはもってこいです。

日常 | 10:48:39 | Trackback(0) | Comments(0)
8月14日の着物
8月14日の着物 (31度、60%)

IMG_8312-35_20150814.jpg

グレーに青、赤 縞の川越唐桟
黄緑 博多半幅帯
黄色 三分紐
黄色オレンジ色ガラス 帯留

やばいぐらいにのんびりモードでどうしよう出来ななかったコーディネートです。

この半幅帯、手に入れたときはかなり汚れてたと思います。
(初心者の時に買ったので、どうして買ったのか理由もわからないぐらいです。)
この汚れている帯を、自分でどうやってきれいにしたらいいのかわからないし、
かと言ってお手入れに出すほどお金をかけるか、というのも勿体ないなと。
そういえば、acicoさんミシンでガーーーーッと帯を縫ってたなと思い出しまして。
洗って、ミシンでガーーーーッとするのもいいんじゃない?でやってみたらきれいになりましたね。

着物 | 20:04:40 | Trackback(0) | Comments(0)
お盆の火
ご近所さんの中でお盆の迎え火を焚くのはもう我が家一軒のみ。
もうそこまで来てはるかなぁ、はよお迎えしてえやぁなんて言ってるかなぁ、とか
話ながらお迎えをするのも楽しいお盆の始め方かもしれません。
IMG_8285-14_20150813.jpg
そして私は毎年麻がらをきれいに燃やしきることに一生懸命になります。
こういう火も、単に煙たいと忌避される日が来るかもしれませんが、
それまでは目印なのでご容赦いただきましょう。

そして次の日の朝は自家製の梅干しでお迎えです。
IMG_8301-14_20150813.jpg
なかなか堂々とした梅干しっぷりで貫録十分だわ。
きちんと酸っぱく、きちんと塩辛いこの時期にうってつけの梅干しです。

日常 | 19:13:06 | Trackback(0) | Comments(0)
8月9日の着物
8月9日の着物 (35度、65%)

IMG_8225-14_20150809.jpg

流水模様 絹紅梅着物
麻紗襦袢
お花 絽綴れ名古屋帯
白地黄色絞り 絽帯揚げ
濃ピンクと水色 レース帯締め

やっとこさ仕上がった絹紅梅の着物。
足かけ3年?費やしたけど自分で仕上げることが出来なかったので糸果さんに依頼しました。
襟を付けたり、袖を付けたりする部分がどうしても残ってしまったんです。
初めての絹紅梅でしたが、ふわっとした着心地で気持ち良かったですね。

そして今回の帯は、フェイスブック上で「もしかして同じ帯を持ってるかも?」ということで
Sさんと示し合わせて同じ帯を締めました。
IMG_8267-85_20150809.jpg

柄は一緒ですが、地の色が白い私と、グレーなSさん。少しだけイメージが変わりますね。
IMG_8272-85_20150809.jpg

ガラスのとっても素敵で繊細ななかんざしです。
IMG_8271-14_20150809.jpg

着物と帯の色目が一緒だけど、小物が違うのでそれぞれの個性が出ます。
IMG_8277-85_20150809.jpg
これぞ着物の醍醐味です。

着物 | 23:52:21 | Trackback(0) | Comments(0)
合言葉は「のんびり」
名古屋二日目は昨日よりももっとゆっくりモードで始動しました。
朝ものんびり、お外へ出てものんびり。
名古屋市内の円頓寺商店街や四間道(しけみち)の界隈を散策しました。

まずは、西アサヒさんでのんびりチャイを頂きます。
IMG_8228-14_20150809.jpg
シナモンの香りがふんわり。

四間道(しけみち)をトコトコ。
IMG_8230-14_20150809.jpg

屋根の上に小さな屋根。屋根神さまをお祀りしているんだそうです。
IMG_8249-14_20150809.jpg

今日のお昼ごはんは四間道レストランMATSUURA。Sさんが予約してくださいました。
IMG_8232-14_20150809.jpg
いつもだと当日の予約は出来ないぐらいに混んでいるらしいのですが、
電話をしたタイミングがよかったのか大丈夫ですとのお返事。

玄関へ行くまでのアプローチも素敵なんです。
IMG_8234-14_20150809.jpg

四間道レストランMATSUURAと言えばテリーヌが有名とのこと。
今回は季節限定のフルーツトマトのテリーヌを頂きました。宝石みたいです。
IMG_8238-14_20150809.jpg
トマトと周りのコンソメジュレとの相性バツグンでいくらでも口に入っちゃいます。
このほかにもコースのお料理を頂いたのですが、食べるのに夢中で(;''∀'')

最後はコーヒーで締めました。
IMG_8241-14_20150809.jpg

ぼんぼりなガラス球の照明。壁に影が映ってかっこいい。
IMG_8243-14_20150809.jpg

土蔵を改造したレストランなので、天井もぐーーんと高いのです。
窓も土蔵ならではの作りでした。
IMG_8244-14_20150809.jpg

お昼ごはんが終わった後は名古屋駅の方面に帰ってぶらぶらのんびり。
最後はサンタマリアノヴェッラの喫茶へ。
IMG_8254-14_20150809.jpg
サンタマリアノヴェッラは800年余り続くフィレンツェの老舗薬局店で、
喫茶ではハーブティーが豊富に取り揃えられています。

Sさんと着物のこと、仕事のこと、プライベートのこと、盛り沢山に話をして
糸口を見つける発見もありました(#^.^#)
2日間丸々お時間をいただきありがとうございました(@^^)/~~~

お出かけ | 22:45:25 | Trackback(0) | Comments(0)
8月8日の着物
8月8日の着物 (36度、70%)

IMG_8129_20150808.jpg

秋草 コーマ地浴衣
黄色水色 博多単半幅帯
薄ピンク 冠組

IMG_8033-35_20150808.jpg

Sさんとのお出掛け恒例、お題は「浴衣」。
何回かお出掛けをさせていただいてますがこのお題は初めて。
どの浴衣にしようかなぁと考えて、絞りは先週着たし、川越唐山のイメージもないし、
いろいろ考えましたが、結局のところ普通に綿コーマの浴衣に博多の半幅帯。
この綿コーマは竺仙の浴衣なのですが、綿コーマ特有の熱気のこもる感じや
ぺとっと張り付く感じがしないんです。ハリっとした生地でとっても気持ちいいです。
そしてじゃんじゃん汗をかいても全然気にならない(笑)

IMG_8042-14_20150808.jpg
麗しのSさん。後姿がすっきり(#^.^#)美しいです。

着物 | 23:34:08 | Trackback(0) | Comments(0)
のんびりほっこりモードにシフトチェンジ
お昼にSさんと合流してから、和菓子屋さんで甘味を買ってエネルギー補給。
ブルーベリー大福です。お茶はSさんのお友達のお茶屋さんの番茶。
IMG_8036-14_20150808.jpg
Sさんは午前中はお仕事だったので、この大福でエネルギー補給をしてからお着替え。
麗しのお姿に大変身ですよ。

一日、一カエル。Sさんちにはそこここにいるカエルちゃん。
今日はこの子に目が行きました。
IMG_8038-14_20150808.jpg

IMG_8220-14_20150808.jpg

Sさんちのまっふん。お風呂に行ったご主人をまんじりと待つ、の図。かわいい。
IMG_8217-14_20150808.jpg
首の垂れ具合と影の映り方がなんとも哀愁をだたよわせています。

鵜飼を見て帰ってお風呂も入ったあと、Sさんちのテラスにテーブルとイスを出して夜カフェ。
IMG_8221-14_20150808.jpg
キャンドルの灯りがチロチロしている中、
イチジクのチョコレート掛けとドライオレンジをあてに四方山話。
眼鏡外して、ぼんやりできるいい時間でした。

いつお邪魔しても、まるで自分の家のようにほっこりのんびりできるSさんち。
キリキリ巻いてる頭のねじをちょっとゆるめて、みよーーーんとさせていただきました。

お出かけ | 23:27:29 | Trackback(0) | Comments(0)
初めての岐阜に、初めての鵜飼い。
さてさて今回の目的、鵜飼を見に行きます。
IMG_8076-14_20150808.jpg

乗船した時は日がありましたが、鵜飼が始まる頃にはとっぷり暮れました。
IMG_8153-14_20150808.jpg
かがり火が水面に写ってきらきらしてます。

おや、どうやらお魚が採れたようですね。
IMG_8167-14_20150808.jpg

最後は六隻の総がらみでの巻狩り。
IMG_8176-14_20150808.jpg

最後の締めはメロンソーダ。小さな頃は飲ませてもらえなかったよねぇと思い出しつつ。
IMG_8189-14_20150808.jpg

お出かけ | 23:21:55 | Trackback(0) | Comments(0)
うむ、満足じゃ。
今回Sさんが予約を入れてくださったのは十八楼の晩御飯。
とってもやさしい味で楽しくいただきました。

全部ではないのですが食事の写真をどうぞ。
IMG_8061-14_20150808.jpg

IMG_8064-14_20150808.jpg

飛騨牛のしゃぶしゃぶですよ(^○^)
IMG_8065-14_20150808.jpg

IMG_8069-14_20150808.jpg

IMG_8096-65_20150808.jpg
給仕をしてくださった方もとっても気さくにいろいろお話していただきました。

食事の時に小さな団扇を頂きました。見てるだけで涼風を感じることが出来ましすね。
IMG_8297-14_20150808.jpg

食べること | 23:00:28 | Trackback(0) | Comments(0)
夏を楽しむぞ。
ビューんと名古屋へ行きまして、
金山キモノ部屋みずのさんに短い名古屋帯の結び方を習って
前も後ろも死体だらけが語源の駅まで電車でコットンコットン。
Sさんと待ち合わせです。

Sさんちでほっこりしてから、岐阜長良川までこれまた電車でコットンコットン。
長良川の鵜飼いを見に来ました。夕食を頂く前に少し散策。
IMG_8125-85_20150808.jpg

甘味も外せません。私は手亡豆の蓮の花。
IMG_8048-14_20150808.jpg

IMG_8050-14_20150808.jpg

Sさんはカルピス味!!の生菓子。
IMG_8104-85_20150808.jpg
すっきり爽やかな後味でした。

中庭も見ていて涼やかですね。
IMG_8057-14_20150808.jpg

見よ!!!このたおやかな後姿を!!!
IMG_8042-14_20150808.jpg
テクテク歩いて鵜飼を見る、前に晩御飯~~~(@^^)/~~~

お出かけ | 22:54:11 | Trackback(0) | Comments(0)
短いけど締めたいアンティーク帯
かわいいモチーフのアンティーク帯。
締めたいがために買ったはいいけど、意外と短かったり、柄位置がおかしかったり。
着物を着はじめたときは、訳もわからずせっせと締めていたのが、
慣れてくると、やりくりして締めなきゃいけない帯がどうしても面倒になって、
手が伸びなくなってきてました。(;´Д`A ```
それでも締めたいと思って、トライするも着姿に納得いかず結局お蔵入り。

そんな私に朗報が!!!!!
短い名古屋帯で結ぶお太鼓結びレッスン金山キモノ部屋
ええ?金山ってどこ?そうなんです。名古屋の金山なんですよ。
Sさんのお誘いを受けましてまたまた名古屋へ出没。
待ち合わせまでの時間を使って、
名古屋で着物、ドーンとやってみよう!のみずのさんに教えていただきました。

あっせもっせと言われたとおりに手を動かすはーの輔。
IMG_8293-85_20150808.jpg

むふ、絞りの夏帯が復活ですね。嬉しいです。
IMG_8288-85_20150808.jpg
思いもかけず柄出しもばっちり。

こちらは帯をお借りしての練習。
IMG_8289-85_20150808.jpg
アンティーク帯は思いもかけず帯芯が厚いものがありますが、
今回の結び方だと胴回りも分厚くならず快適(^ム^)
短い帯を結ぶ方法ですが、いろいろと副産物がたくさんあります。
帯結びのレッスンだけのはずが、みずのさんとの話もはずんでアレコレ。
逆転の発想を使ったなるほどな!という結び方と楽しいお話、ありがとうございました。

お稽古 | 22:00:37 | Trackback(0) | Comments(0)
8月2日の着物
8月2日の着物 (39度、70%)

IMG_8020-35_20150802.jpg

秋草 コーマ地浴衣
白と卵色の麻半幅帯
ターコイズブルー 帯締め

京都は暑くてたまらんだろうし、汗もかくだろうし、と思ってコーマ地の浴衣です。
案の定、会場に着くまでに一汗、会場について謡って一汗。大汗をかきました。
見た目だけでもひんやりしようと思って、青と白だけです(^ム^)

着物 | 23:13:21 | Trackback(0) | Comments(0)
冒頭で間違えて頭真っ白
夏季謡曲大会ということで、お稽古に伺っている吉田嘉謡社の内輪の練習発表会でした。

はい、もういえねぇ、冒頭ののっけで「はっ、間違えた(かも)!!!!」で頭が真っ白になって
ザーーーーーっと頭の中で幕引き終了( ̄▽ ̄)。
あとは、もう誰も聞いてまい、との思いからとりあえず謡ってみた感じです。
何を間違えたのか全く覚えてないのですが、間違えたことだけはわかったみたいです。
他人事のようですが、如何せん口から何が出ていったのか覚えてないんですよね、これが。
(間違えた、と思った時点で汗がぶわっと吹き出て暑かったことは覚えてました。)

ということで、
奇跡的にフレームインした吉田先生のご次男くんと共に写っている写真で気分をあげます。
IMG_8442-20150802.jpg
奇跡的な写真を撮り納めたのは雪果のマリコさん。ありがとうござりまする。
京都教室の諸先輩方と大阪教室のみんな、それぞれに謡いました。
大阪教室の方は仕舞袴を初露。浴衣に仕舞袴、かっこよかった(*^_^*)

後席はハンバーグで有名なお店とのこと。
とっても柔らかくジューシーなハンバーグでした。
IMG_8028-14_20150802.jpg

ご飯もイケマス。お漬物もおいしかった。
IMG_8029-14_20150802.jpg

デザートは外せませんね。
IMG_8030-14_20150802.jpg

今回は久々にお酒も頂いて、家に帰ってもまだ酔っぱらってて、
お酒を抜くには汗をかいたらいい、そうだ!仕舞のお稽古をして汗をかこう!
(こんなことを言ってる時点で酔っぱらってますね)
吉田先生から、立ち姿の左右差、バランスの悪さを指摘されており鏡を見ながら自主練。
冷房をつけていても、額から汗がつーっと落ちます。
IMG_8032-14_20150802.jpg
ちなみに、この写真の上には祖父母の写真がかかってます。
もう夜も遅いので、「寝られへんでしょ。」と言わんばかり。

お稽古 | 22:44:41 | Trackback(0) | Comments(0)
8月1日の着物
8月1日の着物 (37度、70%)

IMG_8004-35_20150801.jpg

ブルーグレー絞り 浴衣
黄色 紗半幅

直前まで行こうか行かないか迷っていたacicoさんちのオープンうさ舎。
やっぱり行きたくなって直前に突撃申し込み。
でも暑いことは予想されたので、肌離れのいい絞りの浴衣で行ってきました。
ブルーグレーの絞りの浴衣は、せっちゃんばあちゃんからの頂き物。
どんな色の帯をするか毎回迷います。
今回ははっきりとした黄色を入れてみましたが、うーーーん、もうちょっと考えよう。

毎年、コーデを変えながら着ています。
私としては去年のコーデが一番いいかなと思ってます。
2014年7月20日のコーデ
2013年7月14日のコーデ
2012年7月7日のコーデ

着物 | 18:23:18 | Trackback(0) | Comments(0)
オープンうさ舎と住吉神社の御渡り
住吉神社の御渡り拝見とacicoさんちのオープンうさ舎にお伺いしてきました。
IMG_7950-14_20150801.jpg
おや、acicoさんこんにちは。

私は、母と一緒に行ってきました。
IMG_7954-14_20150801.jpg
そう言えば、母はもうすでに着付けのいろいろな部分が抜け落ち始めてます。
涼しくなったらブラッシュアップに行ったほうがいいんじゃないかしら?
acicoさん、その時はよろしくね。

IMG_7957-14_20150801.jpg

そしてacicoさんがシュワシュワしてるのは、なんとフルーツポンチ。
IMG_7955-14_20150801.jpg
おもてなしスイーツだわぁ。

フルーツポンチと特製レモンカードを使ったタルト
IMG_7959-14_20150801.jpg
さっぱり酸っぱく爽やかないいお味でした(#^.^#)

さてさて今日はこれを見に来たんですよ。御渡りが始まりました。
うさ舎に集まった仲間と共に拝見します。
IMG_7966-14_20150801.jpg

おー、炎天下に笙を演奏してらっしゃる。
IMG_7984-14_20150801.jpg

IMG_8010-70_20150801.jpg

真夏のこの時期にこの装束を纏うのは本当に大変なことだと思います。
IMG_7988-14_20150801.jpg
でも、美しいです。

最後に母と一緒にたんぽっぽ図書館の前でパチリ。
IMG_8011-70_20150801.jpg
教室の改装も終わり、緩やかにのんびりと始動するうさ舎さん。
acicoさんの人柄の通り、明るく笑いの絶えない教室として今後の発展を願っております。

お出かけ | 17:46:23 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。