■プロフィール

はーの輔

Author:はーの輔
はてさてどんな方が来て下さるのやら
現在は大阪市内にて住んでいます。音楽、美術館めぐり、旅行、きものに興味があります。
同じ趣味の方もそうでない方もごゆるりとお楽しみ下さい。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
繕い物、します。
夏になると麻の足袋を履きますが、右足ばかり破けます。
右足の行儀が悪いのか、大きいのか、何が原因かわかりません。
のでので、がばっとまとめて(まとめるな!こつこつせぇ!)補修をしました。
IMG_7938-14_20150725.jpg

お値段もそこそこする麻の足袋ですが、どれくらい使ったら捨てるもんなのでしょうか。
今回は踵ばかりが裂けていたのでかがりましたが、
そろそろ足の甲の部分(鼻緒と擦れる部分)が危なくなってきてます。
甲が破けたらもう寿命でしょうかねぇ。

スポンサーサイト
日常 | 23:08:21 | Trackback(0) | Comments(0)
7月26日の着物
7月26日の着物 (30度、晴れ晴れ)

IMG_7922-20_20150725.jpg

宮古上布
麻紗襦袢
深緑地桔梗染め刺繍 絽名古屋帯
薄紫に銀水玉 絽縮緬帯揚げ
薄紫、卵色、白 帯締め

なかむらさんにお邪魔するので、なかむらさんで頂いた宮古上布と帯と帯締めで。
宮古上布は本当に涼しくて、これを着てしまうと他の夏着物が暑く感じてしまいます。

珍しく、着物、帯、帯揚げ、帯締め全部に柄が入ったり複色だったり。
IMG_7926-14_20150725.jpg

この帯は手先とお太鼓の部分の長さ配分が変なので、いつも迷いながら締めてます。
今回も????どうやってこれを収納しようか????と試行錯誤です(^_^;)
ま、ま、とりあえず桔梗がかわいく出たのでよし!!!
IMG_7924-14_20150726.jpg


久々に母も着ました。
これは母が去年のエアーお茶会に着る予定でしたが、雨で断念したコーディネートです。
IMG_7917-16_20150725.jpg

帯は私のですねん。波に千鳥で好きなモチーフで買ったけど、使えていなかった帯です。
IMG_7919-14_2010725.jpg
千鳥のお尻がかわゆいのです。

着物 | 23:01:37 | Trackback(0) | Comments(0)
お家でゆっくり、とは問屋が卸さぬ。
昨日は松山に日帰り旅行だったしねぇ、ゆっくりしょうわい、と思っていたのですが(^_^;)
(ゆっくりしょうわい=ゆっくしりよう 「しょうわい」は伊予弁です)
なかむらさんとこでセールと聞けば行くだけ行っとかないとね。
ピーカン晴れの中歩きましたよぉぉぉぉぉぉぉ。暑いでんがな。
IMG_7927-14_20150725.jpg

母、物色す、の図。珍しく自分でホリホリしてます。
IMG_7932-14_20150725.jpg

羽織ってみたり。
IMG_7933-14_20150725.jpg

昨日の恵さんのとことはまた違う品ぞろえで、これまた2時間ほど粘ってみたり。
ええもんばっかり揃えてらっしゃいます。興味ひくものもたくさんあります。
そして母、娘ともどもずっぷり本日も撃沈(@^^)/~~~

お出かけ | 22:59:41 | Trackback(0) | Comments(0)
7月25日の着物
7月25日の着物 (30度、60%)

IMG_7817-20_20150725.jpg

東京紅型 絽着物
白地花筏水車 絽襦袢
紗綾型(さやがた) 絽名古屋帯
さくらさくら リボン帯揚げ(セオα)
白に水色の耳 三分紐
千鳥 帯留

せっかく恵さんに会いに行くので、アンティーク着物です。
飛行機に乗るので、お太鼓に結びました。
背中がしんどいかな?と思ったのですが、愛媛までは上がって下がって実質35分。
短ーい時間で全然苦にならなかったです。

千鳥ちゃんと一緒に愛媛まで一緒に飛びました。
IMG_7868-35_20150725.jpg
あ、ピーチのチケットが胸元にいらっしゃるわ。

着物 | 22:41:07 | Trackback(0) | Comments(0)
懐かしき我が松山(の食べ物)
懐かしい松山の味は「ことり」の鍋焼きうどん。
IMG_7902-14_20150725.jpg
行ったときにはすでに売り切れ御免。
店構えからして昭和の雰囲気がプンプンしてるでしょ。お店の中も言わずもがな。
そしてメニューは鍋焼きうどんとおいなりさんのみ!!!(たぶん今でも)
鍋焼きうどんはアルミのお鍋で出てくるんです。これまた昭和の雰囲気がプンプン。

そして学生さんにはチョット敷居が高いのですが、
贅沢気分を味わえるフライングスコッツマン(コーヒー専門店)
IMG_7905-14_20150725.jpg
カフェオレはカフェオレボールで出てきます。

ロープウェー街から大街道、銀天街と歩いて、
まだこのお店あるんだ!とか、あー無くなったんやねぇ、とか
思い出しながら、懐かしく思いつつ歩きました。

恵さんとお話をしたり、街を歩いて懐かしんだり、松山を満喫してピーチで日帰りしました。

食べること | 22:18:50 | Trackback(0) | Comments(0)
他にも見るものたくさん
展示はトルソーちゃんだけではありません。
壁にも振り袖がありますよ。
IMG_7864-14_20150725.jpg

こちらは着物をリメイクしたのれんです。
IMG_7871-14_20150725.jpg
これを見て私ものれんを作ってみたんですよ。
丸帯を切ってのれんに縫って、大仕事でした。
お店ではこんな雰囲気で使ってらっしゃます。

これまた素晴らしい黒振り袖ですね。松竹梅に鶴。
IMG_7859-14_20150725.jpg

実は展示だけではなく販売もしていたのですが、ほとんど?全然?写真がないのです。
興味のあることにしか目がいかない猪突猛進型のはーの輔ですのでお許しあれ。
ブローチが可愛かったので二つだけ撮ってました。
古布細工のブローチは軽いので、ふんわりとスカーフを留めるにはぴったり。

ドングリコロコロ。
IMG_7896-14_20150725.jpg

ふくら雀ちゃん。
IMG_7899-14_20150725.jpg
次こういう可愛いものがある時は買ってくるようにとのこと、母より指令を受けました(^_^;)

かわゆい筥迫。刺繍がぷっくりしてますね。
IMG_7862-14_20150725.jpg

浴衣の生地見本を使ったカバーなんですが、
柄の途切れている部分をテープでうまく補正してます。
IMG_7873-14_20150725.jpg

モスを使ったベッドカバー。
IMG_7872-14_20150725.jpg

お出迎えののれんの蝶。ひらりひらりお客様を誘います。
IMG_7887-14_20150725.jpg
今後も、たくさんのお客様に愛され慕われるお店であることを願っております。
お体に気を付けて頑張ってくださいね。また行きます(#^.^#)

お出かけ | 22:05:52 | Trackback(0) | Comments(0)
眼福とはこういう事だわ
「昔きもの倶楽部 恵 <夏の振り袖お披露目会>」
玄関から美しい夏の振り袖がお迎え。あー眼福、眼福。
IMG_7881-14_20150725.jpg

IMG_7883-14_20150725.jpg

IMG_7885-14_20150725.jpg

IMG_7886-14_20150725.jpg
この斜め後ろからの佇まいがええわ。

黒振り袖です。
IMG_7857-14_20150725.jpg

IMG_7875-14_20150725.jpg

しゃんとした後姿です。見習わなくっちゃ。
IMG_7865-14_20150725.jpg

IMG_7867-14_20150725.jpg

裾模様はたくさんのお花と共に薬玉。
IMG_7858-14_20150725.jpg

後の裾には、薬玉の紐が。
IMG_7861-14_20150725.jpg

萩の刺繍と染め。ほんとうにため息しか出ない仕上がりです。
IMG_7877-14_2015075.jpg
萩の葉っぱのぼかしが何とも言えず。

ナデシコも風に揺られてふわりふわり。
IMG_7878-14_20150725.jpg

これも夏の振り袖。
IMG_7856-14_20150725.jpg

五条大橋だと思い込んでます(笑)。
IMG_7889-14_20150725.jpg

水車文が涼風を運んできますね。
IMG_7891-14_20150725.jpg

IMG_7892-14_20150725.jpg

会場が開いてから延々3時間。お客様とも話しつつ、恵さんともたくさん情報交換しました。

実は会場は松山市のコミュニテーセンター(通称コミセン)。
真ん中に大きな吹き抜けのある建物なんです。
IMG_7901-14_20150725.jpg
その吹き抜けの一階をテコテコ歩いて会場を探していたら
「はーの輔ちゃぁーーーん、はーちゃーーーん」とどこからか呼び声が"_" )、
恵さんが吹き抜けの2階ホールから呼んではったんです。
「えらい姿のええ子がおるなぁと思って、ようようみたらはーちゃんやし」
と、頭上からの確認でわかってもらえて、とっても嬉しかったです。

そんな恵さんですが、お宝お披露目会は今後も開催する予定だそうです。
どんなお宝が出てくるのか楽しみな恵さんとこのイベントです。
大阪からはピーチで1時間、広島からはスーパージェットで一時間、
福岡小倉からはフェリーも出てます。
ぼっちゃんの道後温泉観光とともに、目の保養にまた行きたいです。
というか、行くで!!!!待っとってや、恵さん!!!!

昔きもの倶楽部 恵
〒790-0014 愛媛県松山市柳井町3-3-11

お出かけ | 21:45:56 | Trackback(0) | Comments(0)
びゅーんと行こうと思えば行けるもんだ。
ポッと沸いて降ってきたフェイスブックでのお知らせ。
「昔きもの倶楽部 恵 <夏の振り袖お披露目会>」
えーー、土曜日やん、とか思って松山やしなぁとかグダグダ考えて。
ピーチさんに聞いてみたらどうじゃろか?と思って検索したら、
なんとチケットが取れるじゃあーりませんか。
ということで、朝の早よから用意して行ってきましたよ。
IMG_7819-35_20150725.jpg

久々の飛行機で楽しくって写真をいっぱい撮りました。
ちょっとだけお披露目(*^_^*)明石大橋が見えました。
IMG_7833-14_20150725.jpg

お、これはしまなみ海道ですね。懐かしいわぁ。
IMG_7839-14_20150725.jpg

松山空港に着いたら、日よけが簾でびっくり。誰かんちに来たみたいです。
IMG_7846-14_20150725.jpg

リムジンバスで市内へ入って、まずは道後へ。湯神社へお参り。
IMG_7847-14_20150725.jpg

伊佐爾波神社も行っとこか。
IMG_7852-14_20150725.jpg

秋祭りの時には、この階段を御神輿を担いで駆け下ります。
ものすんごい急勾配なんですよ。足を踏み外して転げ落ちそうです。
IMG_7850-14_20150725.jpg
そして下で御神輿をぶつけ合う鉢合わせが行われます。
ちょんと当てるのではなく、本当にグワッシャーーーンと全力でぶつけ合うんですよ。
見てるだけで怖いのですが、とっても勇壮な喧嘩神輿として有名です。

道後温泉駅には燕たちがたくさん。
IMG_7855-14_20150725.jpg

松山城の下の東雲神社へ。
IMG_7908-14_20150725.jpg

IMG_7906-14_20150725.jpg
もうこの辺でやめときます。
階段の上がり下がりがはんぱなく多いので、筋肉痛になりそうです。
テクテク歩いて恵さんに会いに会場まで頑張ります。
(暑いです。湿気が高いです。汗ポタポタ。)

お出かけ | 21:10:01 | Trackback(0) | Comments(0)
7月19日の着物
7月19日の着物 (32度、70%)

IMG_7793-35_20150719.jpg

竹麻楊柳マリンボーダー(くるりさん)
白地に井桁 麻半幅
赤にグレーの耳 三分紐
グレーとんぼ玉 帯留

朝2度寝して、ブランチを食べて、お昼寝して、頭も体ものんびりモード。
あまりきっちしぎゅーぎゅーに締め付けず、ふんわりゆったり着付けしました。

着物 | 21:27:02 | Trackback(0) | Comments(0)
夏の大阪の食と言えば?
夏の夕ご飯をるるさんとacicoさんと3人で。グランフロントの銀平さんに集合です。
かんぱーい。美味しいよねぇ。
IMG_7795-14_20150719.jpg

水ナスの浅漬けとお豆腐。
IMG_7800-14_20150719.jpg
大阪の夏には必須の水ナス。ふんわりじゅんわり水気たっぷり。

鰹のお刺身とにハモの湯引き。ハモも夏の食べ物ですね。
IMG_7802-14_20150719.jpg
他にもたくさん食べたんですけどね、食べるのに夢中で写真がありませんの。

締めは稲庭うどん。するするっと入っちゃいます。
IMG_7803-14_20150719.jpg

るるさんの近況を伺いつつ、たくさんの着物の話をして盛り上がりました。
着物を着るTPOと好みをどうのように把握していくか、の手段について相談にのってもらいました。

食べること | 20:40:14 | Trackback(0) | Comments(0)
7月18日の着物
7月18日の着物 (29度、80%)

IMG_7774-20_20150718.jpg

矢羽に夏秋草模様 アンティーク絽小紋
お花 絽綴れ名古屋帯
薄黄緑 中抜き絽帯揚げ
白色丸組帯締め(房に水色)

夏秋草図屏風とまではいきませんが、台風一過の日に夏秋草模様の絽を着ました。
愛媛時代からの着物友達からのお譲り品で、少し青味掛かった赤の矢羽ががばっと入ってます。
こんな大胆な柄はアンティークならではですね。

今年、思わず買ってしまった中抜きの絽の帯揚げ。淡い黄緑色で可愛く仕上がりました。
IMG_7776-35_20150718.jpg

着物 | 20:16:06 | Trackback(0) | Comments(0)
小道具がええ味出してます。
久々に文楽を見に行ってきまして、しかも三幕全部。
朝から晩まで文楽三昧。最後はお尻が痛くなってしまったり(^_^;)
IMG_7777-14_20150718.jpg
ご一緒させていただいたのはるるさんです。うむ、美しい後姿じゃ。

朝一は親子劇場。ジャックと豆の木をもとに書かれた「ふしぎな豆の木」。
迷彩黒子に白子、ハリセンにピコピコハンマー。楽しい小道具がそこかしこに登場です。
是非、見ながら探してみてくださいね。そしてガッハッハとたくさん笑ってください。

二部、三部は「生写朝顔話」。
恋仲になる手前で別れ別れになってしまった阿曾次郎と深雪のお話。
すれ違いがありつつ、深雪は目を病み瞽女にまで身を落としてしまいます。
最後の最後に目に光を取り戻しますが、それも人の死の上にあるもの。
なんとなーく暗部に目を背けた終わり方でした。

そして休憩中に舞台裏を案内頂きました。
なんと大夫さんは普通に正座をしているのではなく、足は立てているとのこと。
(この説明でわかるかしら?足をぺたっと伸ばしているのではない、ということです。)
あれだけ大きな声や小さな声を使い分けるから、踏ん張りを効かせるためでしょうね。
舞台を袖から拝見。この銀色のひらひらは柳の葉っぱでした。
IMG_7783-14_20150718.jpg

現在使用中の舞台下駄も履かせてもらったり(^○^)
IMG_7784-14_20150718.jpg
色々な高さの舞台下駄があり、遣うお人形さんの大きさと
人形使いさんの身長で履き替えるとのこと説明を頂きました。

単なる人形が舞台の上で息を吹き込まれ動くその様がとても愛おしく感じます。

観劇 | 19:05:06 | Trackback(0) | Comments(0)
7月13日の着物
7月12日の着物 (30度、65%)

IMG_7731-20_20150712.jpg

唐草 紗着物
麻紗襦袢
土色と臙脂色の麻半幅帯
黄色に水色線三本 3分紐 (江南)

ブログを書き始めてからは一度も着たことがなかったこの着物。
初めて来たのは倉敷への小旅行の時、もう8年ぐらい前でしょうか。
もう忘れちゃったな。でも衝撃の一幕がありまして。
倉敷で喫茶に入ってコーヒーゼリーを食べてたら、もう皆様おわかりですね。
コーヒーゼリーを膝へぽちゃん、ぎゃーーーーーーー、おーちーたぁーーーーー。
とりあえずぽんぽんとコーヒーのシミを落としてからそのまま洗い張りへ出しました。
で、仕立ててみたものの柄が大きくてなんだか似合わないよねぇ。
でも買っちゃったしねぇ。てな感じ。
コーヒーゼリー事件の時に一緒に倉敷で遊んでたのが、本日名古屋からいらっしゃっていたS様。
私もびっくり、居合わせた方々もびっくり。

千鳥ちゃんの帯留をワンポイントにしました。江夏さんとこの三分紐とも好相性です。
少しだけ入った水色が千鳥ちゃんの水分補給源。今日は暑かったものねぇ。
IMG_7729-35_20150712.jpg


着物 | 23:04:57 | Trackback(0) | Comments(0)
メアリーとエリザベスに会ってきました。
名古屋のS様にお誘いいただきまして、梅田で公演中の
メアリー・スチュアートの舞台を見に行ってきました。
歌舞伎や文楽は経験がありますが、実のところ現代劇は初めてです。

カトリックのメアリー・スチュアート、プロテスタントのエリザベス1世。
宗教戦争と女の戦争が複雑に絡み合い、
フィクションノンフィクション虚構の世界との境界線がわからなくなります。
配役としては中谷美紀さんがメアリー、神野三鈴さんがエリザベス。
王家に生まれなければ単に恋多き女性として生涯を送れたであろうメアリーが少し寂しげであり、
確固たる地位を築きながらも孤高の女王としてのエリザベス。
女性としてどちらの生き方がいいともなんとも言えませんが、
アップダウンの激しい人生だけは、ご遠慮させてくださいね、と思う舞台です。

日本語としてすぐに理解できる分、感情や情景が生々しく真正面から入ってきました。
4役を2人の女優が演じ分けるので、場面転換がはやいはやい。
役がごちゃ混ぜにならずに、ぱぱっと人物を変わるのがほんとすごいと思いまして。
(現在、謡の練習会のための練習で、演じ分けがごちゃまぜになっているはーの輔です)

そして舞台はリュートの音にのせて進行し
ポロロンと小さくとも伸びのあるリュートの音が、舞台に郷愁を添えます。


舞台終了後は、ちょっと休憩。まだかなまだかな、かき氷が待ち遠しいのです。
IMG_7738-15_20150712.jpg

かき紅茶と言いまして、紅茶のかき氷に練乳とイチゴのソースをかけて頂きます。
IMG_7742-14_20150712.jpg
ヒヤッとしてすっきりとした味で、舞台を見た後のほてりが気持ちよく冷めていきますね。

「こんな写真撮れましたよ~~~」ってS様。
IMG_7741-14_20150712.jpg

観劇 | 23:03:23 | Trackback(0) | Comments(0)
和歌山の海からこんにちは
グランフロント北館の近畿大学水産研究所で近大マグロを食べてきました。
名古屋からお仕事でお越しのS様と一緒です。
ランチの時間は予約ができないシステムなので、早い目に行って並んで50番目をゲット。

ちょうどS様の友人の方とも一緒になりまして、三人でランチです。
マグロを前にお預けをくらっている私。実はもうお腹が減りすぎてぼーっとした顔をしてます。
IMG_7761-55_20150712.jpg

脂っこくもなくトロンとしたマグロでおいしかった~~~~
IMG_7732-14_20150712.jpg

食べること | 23:01:42 | Trackback(0) | Comments(0)
7月11日の着物
7月11日 (33度、60%)

IMG_7702-20_20150711.jpg

蝶に露芝 絽色留着物(三つ紋)
鳳凰 牡丹 袋帯
黄色絽縮緬 帯揚げ
黄水仙 冠組

生駒のきものなかむらさんで頂いたアンティークの色留。
着て行くシチュエーションてどんなんやねんと思いながらも一度は諦め、
次の日にもう一回行って買ってました(^_^;)

夏のお出掛けという口実を作り、今回お目見え。
acicoさんには「色留め???」とびっくりされつつ、着ることを楽しむことが出来ました。
お付き合い頂きありがとう(*^_^*)

帯もついでにきものなかむらさん、帯揚げもついでにきものなかむらさん。
帯締めだけが違うんだなぁ。
IMG_7681-35_20150711.jpg

足元もシザールの草履でぬかりなく( ̄ー ̄)
IMG_7684-14_20150711.jpg

この色留めさん、袖丈が1尺7寸5分。襦袢がないので袖だけを作りました。
IMG_7705-15_20150711.jpg
作る時のてんやわんやは別記事で~~~~~→事前準備は抜かりなくしましょうね。

着物 | 22:31:40 | Trackback(0) | Comments(0)
夏のお出掛けと題しまして
夏のお出掛けと題しまして、acicoさんと京都八瀬のエクシブへ。
ドアtoドアで熱気に当たるのは最小限で。

叡山電鉄を撮ってる私。
IMG_7719-60_20150711.jpg

IMG_7685-14_20150711.jpg

八瀬の駅はとっても趣があります。絵になる駅舎です。
IMG_7708-14_20150711.jpg

大阪とはまた違った時間が流れる八瀬。ほっと一息つける場所です。
IMG_7715-65_20150711.jpg

さっそくご飯をいただきます。海老やイカがたくさんで嬉しい(#^.^#)
IMG_7686-14_20150711.jpg

IMG_7687-14_20150711.jpg

海老餃子とかたまらん。
IMG_7688-14_20150711.jpg

涼しげなガラスの器なので冷製かと思えば、豈図らんやガラス器もアツアツの炒め物とは。
IMG_7690-14_20150711.jpg
海老もイカもがぷりぷり。

IMG_7691-14_20150711.jpg

IMG_7693-14_20150711.jpg

IMG_7694-14_20150711.jpg

八瀬の駅前の川面がキラキラしてました。泳いだら気持ちいいでしょうねぇ。
IMG_7707-14_20150711.jpg

せっかく京都に来たのだからと途中下車して鉾、と思ったら組み立て途中。
IMG_7720-14_20150711.jpg

組み立てている縄が芸術ですね。
IMG_7722-14_20150711.jpg

菊水鉾の先端が風でぐわんぐわんしてました。大丈夫かいや?
IMG_7724-14_20150711.jpg

暑気払いに八瀬でのんびりさせていただきました。
acicoさんともたくさんお話。美味しくも楽しい時間をありがとう。

お出かけ | 22:27:19 | Trackback(0) | Comments(0)
7月5日の着物
7月5日の着物 (26度、70%)

IMG_7574-16_20150705.jpg

草色小千谷縮
麻紗襦袢
白と卵色の麻半幅帯
??? リボン帯揚げ(セオα)
東風杏さん 帯留
赤紫 3分紐 (江南)

今日は楽チン半幅帯で、カラテア結びに挑戦。
半幅帯はのんびり気分には丁度です(*^_^*)
一昨年にacicoさんに教えてもらってからの初お目見え。
そして帯揚げを一文字にするのも初めて。
着物にも帯にも帯揚げにも柄が入っていなくて、ついでにのっぺりした体で、
色的にも立体的にもメリハリがないので、東杏庵さんの帯留と江南さんの三分紐を投入。


着物 | 22:47:16 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。