■プロフィール

はーの輔

Author:はーの輔
はてさてどんな方が来て下さるのやら
現在は大阪市内にて住んでいます。音楽、美術館めぐり、旅行、きものに興味があります。
同じ趣味の方もそうでない方もごゆるりとお楽しみ下さい。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
船場センタービルでデートしてみた&祝祭広場へ
大阪へお越しのるるさんと船場センタービルでデートしてみました。
今回は帯をメインにホリホリ。
るるさんが思わず身を乗り出して写真を撮る、図
IMG_2046-14_20140531.jpg

この何とも言えない、透き通ったピンクの帯。捨松製だそうです。
IMG_2047-14_20140531.jpg
なかなかにいい帯ばかり見せていただきました。
見てるだけでも楽しいよねぇ。


そして梅田阪急の祝祭広場へ。トリエさんのブース、楽しいディスプレイだわ。
IMG_2056-14_20140531.jpg

チェック柄の半幅が気になるぞ。
IMG_2057-14_20140531.jpg

acicoさんと合流して、腹ごしらえ。みんなでパンケーキをいただきます。
IMG_2053-14_20140531.jpg
みんなそれぞれ、アボガドサーモン、イチゴ、マンゴー。

るるさんと二人で。
IMG_2060-35_20140531.jpg

トリエさんとこのかわいい店員さんと笑けているところを撮られた!!!
IMG_2061-14_20140531.jpg
ちなみにこのキモノ、日向紋が入ってます。
襟の作り方も変えたから、後ろかの見え方、抜き具合が違いますね。

スポンサーサイト
お出かけ | 23:05:36 | Trackback(0) | Comments(0)
まずは羽織紐から
なんだかあっという間に迫ってきたキモノキレイフェスタ
来週の6月8、9日ですよ~~~~~。

それでは持っていくものをご紹介いたしますね。
まずは羽織紐から
珊瑚xパシフィックオパールx貝殻
IMG_1973-14_20140525.jpg
水色の単シルックに縦絽の帯、紗の羽織に合わせました。

IMG_1974-14_20140525.jpg
今からの時期も建物の中や、電車の社内では薄羽織は手放せません。
冷房が効きすぎていたり、意外と電車内のイスが汚れていたり、
体温調整や帯や着物を汚れから守るためには薄羽織が一枚あると便利。
その時のお供にどーぞー。

もちろん袷の時期にもGOOD。
IMG_1998-14_20140525.jpg
袷のお召しに黄色の博多帯を合わせてますよ。


私の「いつもの」コットンパールxパール
IMG_1961-14_20140525.jpg

泡ぶくぶく。見立てもできますよ。
IMG_1962-14_20140525.jpg

着物と羽織と、ワンランクアップ。おしとやかに見えるコーデだわ。
IMG_1984-14_20140525_20140530230119e25.jpg

織りの帯にも負けないしっとり感です。
IMG_1985-14_20140525.jpg

そんなこんなな羽織紐、他にもあるのでまたお知らせしますね~。

KANOTO 着物小間物 | 23:02:12 | Trackback(0) | Comments(0)
acicoさまの相棒、肩子ちゃん
キモノキレイフェスタに出品させていただく帯飾り、羽織紐を
acicoさまの相棒、肩子ちゃんにご協力いただき撮影してきました。

帯飾りを撮ってみたり
IMG_2026-20_20140525.jpg

羽織紐を撮ってみたり
IMG_2025-20_20140525.jpg
あっ、机の上に腰掛けてる。。。。行儀悪子でございましたな。

冷たいものでフィーバーしている頭を冷やしつつ。
IMG_2027-15_20140525.jpg

IMG_2029-15_20140525.jpg
これは↑
写真を撮るのを忘れて、acicoさまに「もぅ、はーさんたら」と
言われているのを上目遣いで誤魔化している図、です。

IMG_1984-14_20140525.jpg
こんな感じで手持ちの着物たちでコーディネートしました。
今回一番大好きな合わせ方です。

IMG_1909-14_20140525.jpg
襟の作り方が、自分でやっている襟と一緒だわ。

順次、撮影した写真をアップしていきますね。
やっぱり単体で見せるよりも、着物や帯とコーディネートして見て頂けるほうが
より使っている場面を想像していただきやすいと実感しました。
そしてなりよりも、帯飾りや羽織紐と合わせる着物や帯を引出しから出して
これやあれやと悩む時間が一番楽しかったです。

KANOTO 着物小間物 | 00:00:07 | Trackback(0) | Comments(0)
5月24日の着物
5月24日の着物

IMG_1779-14_20140524.jpg

赤紫地に葉っぱ柄の単着物(アンティーク)
ピンク平織麻 襦袢
黄色 博多帯
綸子地白地水色絞り 帯揚げ
いろんな色の帯締め

5月末だけど、もう本当の単の着物を着てしまいました。もーあかん、暑いですわ。
この単の着物の布地は、布地にぽこぽこ穴が開いてます。
裏から見ると、色の濃い部分が穴の空いてる部分。波丸紋が透かしになってます。
IMG_1906-14_20140524.jpg

表から見るとこんな感じです。
IMG_1907-14_20140524.jpg
遠目、ぱっとみ透けているようにはみえないんだけど透けている着物。
なので当然普通の縮緬よりも通気性がよく、風が吹くととっても気持ちがよいのですよん。

赤紫の地に葉っぱがターコイズグリーン。
こんな色の合わせ方はアンティーク以外に見たことありません。
これもほりほりしてみつけて、引っ張り出したアンティークの着物。
大切にお手入れをして、気持ちよく着るのです。

着物 | 23:46:11 | Trackback(0) | Comments(0)
下見という名のお楽しみ
授業のあとは着物ふわりのマミさんキモノキレイフェスタの下見と称して松庵文庫さんへ。
IMG_1904-14_20140524.jpg

ワークショップとお客様の動線を考えつつ、いろいろ配分せねばならないこと
依頼しなきゃいけないこと、確認しなきゃいけないこと、諸々のことの項目上げ。
ふぅむ、現地確認したら具体的に可、不可、要検討、でてきますね。
でも大丈夫、手配と依頼で乗り切れるもの。
一人じゃできないかもしれないけど、仲間がいるから大丈夫。

IMG_1905-14_20140524.jpg
こんなボンボン時計のある素敵なお店。そんな居心地のいい空間でキモノキレイフェスタ開催です。
身も心もキレイになって、仲間と着物で楽しく過ごしましょう。

お出かけ | 23:41:07 | Trackback(0) | Comments(0)
娘と妻、明確だけどあいまいにしたい女心
早稲田の授業、4回目です。
お題は娘と妻。未婚と既婚、明確に違いがあるけど、あいまいにしたいのが女心。
まずは髪型から、笄髷(こうがいまげ)、兵庫髷、島田髷、勝山髷(丸髷)。
未婚=島田髷
既婚=笄髷、勝山髷(丸髷)

でもでも、既婚でも結婚したての初々しさというか、まだ若いんだぞということで
島田髷+笄髷=先笄(さっこう)
もう、ええ年増になったしな、は勝山髷(丸髷)+笄髷=両輪(りょうわ)

て、髪型ばっかりしてたら着物の時間が足りなくなってきて、、、、駆け足っ。
実用重視だった黒襟、前掛けがおしゃれのポイントになったりしたり。
正装は表着+中着+下着(ここで言う下着はランジェリーではありませぬ。)
中着と下着の模様もいろいろ組み合わせがあるようで
小紋x小紋、小紋x縞、縞x縞 カジュアルダウンの方法ですね。
むふふ、このあたりは現代に通じます。

お稽古 | 23:11:21 | Trackback(0) | Comments(0)
木々がびっしり、こんもり、旧古河庭園
木々の間から木漏れ日が降り注ぎます。
IMG_1849-14_20140524.jpg

八つ手の大きな手のひらにもふんわり日の光。
IMG_1885-14_20140524.jpg

さてさて池をぐるっとしてみますか。
IMG_1852-14_20140524.jpg

ぽてぽて、だんだん暑くなってきましたよ、、、、、、
IMG_1853-14_20140524.jpg

IMG_1855-14_20140524.jpg
実は私の足元には鯉がたくさん寄ってきて、パクパクしてます。

IMG_1857-14_20140524.jpg

蕗?ではないよな。つわぶきだろうねぇ。
IMG_1860-14_20140524.jpg
つわぶき柄の夏着物、着るのが楽しみだわん。

IMG_1861-14_20140524.jpg

次はアジサイが待ち構えています。
IMG_1862-14_20140524.jpg

IMG_1863-14_20140524.jpg

IMG_1864-14_20140524.jpg

IMG_1865-14_20140524.jpg

ひっそりとした佇まいのお茶室。障子が開け放たれていて一番きもちいい季節です。
IMG_1868-14_20140524.jpg

太陽に透ける青もみじ。この色が大好き。
IMG_1871-14_20140524.jpg

IMG_1873-14_20140524.jpg

IMG_1875-14_20140524.jpg

松ものびのびぐんぐん天井知らず。
IMG_1877-14_20140524.jpg

IMG_1878-14_20140524.jpg

つんつこつん、槙。
IMG_1879-14_20140524.jpg

かわいい苔。
IMG_1884-14_20140524.jpg

初めてのお楽しみ、ずっと行きたいと思っていた場所に
それもバラの季節に訪れることができました。
木々の緑もとっても気持ちよく伸びてます。
さてリフレッシュもしたし、早稲田へ向かいます。

お出かけ | 22:45:52 | Trackback(0) | Comments(0)
バラの似合う場所、旧古河庭園
東京の駒込、旧古河庭園へ行ってきました。
バラがとっても似合う場所。

ジョサイア・コンドル設計の洋館にとってもマッチ。
IMG_1829-14_20140524.jpg

朝一、9時に行ってもこの人、人、人。
IMG_1786-14_20140524.jpg

さーてさてさて、懸命に咲くバラたちです。
カトリーヌ・ドゥヌーブ
カトリーヌドゥヌーブIMG_1840-14_20140524

アンドレ・ル・ノールト ふんわり淡い淡いピンク
アンドレルノールトIMG_1784-14_20140524

アンドレルノールトIMG_1783-14

プリンセス・ミチコ 太陽にすかせば血潮が見えるかも。
プリンセスミチコIMG_1793-14_0140524

プリンセス・オブ・ウェールズ 純白のこころ。
プリンセスオブウェールズIMG_1797

恋心 花開けばどんな思いがこぼれるでしょうか?
恋心IMG_1886-14_20140524

ライラック・ビゥーティー
ライラックビューティーIMG_1810-14_20140524

芳醇 濃厚な香りがじゅわっと。
芳醇IMG_1892-14_20140524

琴音 アプリコット色が素敵です。
琴音IMG_1806-14_20140524

桃華 ブルーかかったピンクがてろり。
桃華IMG_1791-14_20140524

フロージン’82
フロージン’82IMG_1787-14_20140524

ブルー・ライト これまたたまりません。気持ちよさそう。
ブルーライトIMG_1898-14_20140524

お空に向かってのびのびと。
ブルーライトIMG_1837-14_20140524

ピース うーーん、言わずと知れた有名花。王道の美しさ。
ピースIMG_1808-14_20140524

アンジェラ ころころ、ころり、ぽろり、ふんわり。
アンジェラIMG_1825-1420140524

アンジェラIMG_1823-14_20140524

青もみじの向こうに洋館と青空。
IMG_1847-14_20140524.jpg

お出かけ | 22:19:00 | Trackback(0) | Comments(0)
まり~~~ん、な雰囲気
東京のキモノキレイフェスタへ持っていく羽織紐。
写真が上手く撮れなかったのですが、載せとこ。
IMG_1769-14_20140520.jpg
珊瑚とパシフィックオパールの組み合わせ。
他に何か付けようかなと思って、ごそごそパーツを探して貝を発見。
一緒にしたらいい感じではないですか?
まり~~~んな雰囲気で潮騒が聞こえてきそうです。

ついでにどうして羽織紐や帯飾りを作るようになったかというさわりを少し。
ぶっちゃけ言うと市販の羽織紐が長すぎて使えなかったんですよね。
市販の羽織紐は金具を含めると20cm以上。
それを使うと、羽織の脇ががばがばに開いてしまって私の体には不恰好。
ないのであれば作ってみよう、で作ったのがコットンパールxパール
SN3U0230-9_20130711_201405202140238a4.jpg
長さは金具を含めて17.5cm。
白色でほんとに季節、羽織の色、帯の色、着物の色を問わず
受け止めてくれる名脇役です。
そんなこんなで出発したのがKANOTO着物小間物の始まりです。

一緒に持っていくヴィンテージパールを使った羽織紐。
IMG_1770-14_20140520.jpg
それぞれ長さに変化を付けているので、ご自身のサイズをいろいろと検証してみてください。

KANOTO 着物小間物 | 22:03:55 | Trackback(0) | Comments(0)
キモノキレイフェスタ@松庵文庫
来月東京で着物ふわりのマミさん主催で6月8、9日(日、月)に開催されるキモノキレイフェスタ
いろいろなワークショップが開催されます。
和のパーソナルカラー診断とか、面白そうじゃありませんか?
そしてわたくしめはーの輔も出品させていただく運びとなりました。
acicoさんが持っていってくれますよ~。
帯飾りと羽織紐をメインに出す予定ですので、是非実物を手にとって見てみてください。
何気に私はリボン帯揚げが「複数枚」気になります。

<帯飾り>
バイオレットの涙型をメインに、ミントアラバスターとLTアゾレ、オパール。
SN3U1064-10_20140518.jpg

LTペリドッとの涙型スワロ、オーロラにキラキラ光る小さな涙型スワロをポイントに。
SN3U0930-9_20140518.jpg

ミディアムサファイアをメインに、少し甘い雰囲気のルビーとローズウォーターオパール
SN3U1069-9_k_20130728.jpg

SN3U1067-9_20130728.jpg

雫石:カリビアンブルーオパール
SN3U1071-10_20140518.jpg

雫石:フィッシャー
SN3U1070-10_20140518.jpg

<羽織紐>
私の羽織紐の中では一番シンプルな組み合わせ。白x白。
コットンパールxパール
SN3U0230-9_20130711_20140518214758a96.jpg

すこしきらきらを足してみました。
コットンパールxメタルビーズ
SN3U0668-9_20140518.jpg
薄羽織の軽い雰囲気を壊さない、優しい羽織紐です。

他にも載せきれていないものもありますが、少しずつアップしていきます。
気になるものがあれば是非会場に足を運んでいただければうれしいです。

なお、minne販売サイト KANOTO着物小間物
7月いっぱいをめどにリニューアルを考えております。
再開いたしました折にはブログに告知をしますのでどうぞお立ち寄りください。

KANOTO 着物小間物 | 22:19:36 | Trackback(0) | Comments(0)
5月18日の着物
5月18日の着物

IMG_1748-20_20140518.jpg

白と紫の壺垂れ 単
ピンク平織麻 襦袢
深緑ぼかし 紗昼夜帯
鶸萌黄 帯揚げ (三浦清商店さんで6月にいただきました。)
水色 冠組帯締め

今回のお題はバラ、だったのがひらめきの神様降臨のSさまの一声で
”風薫る五月、粋”に急遽変更。自由人だ、、、、、、
でもがんばってみた。「風」で帯締めは水色、「五月」で緑。
となると着物はなんにしようかな?
せっかく弥生さんとこに行くので購入させていただいた壺垂れちゃんにしようか?
となると帯はどうすっべ。いろいろ乗せてみて深緑の帯にしました。
ということは紫に白に緑に水色。なんかそっけない。で、襦袢にピンクを。
あんまり見えないけど自己満足の世界ですね。
帯は銀座結びにして、最後の”粋”の部分はかろうじてクリアかと。
連想ゲームで自分の思考の跳躍が垣間見れて楽しいです。

着物 | 21:31:19 | Trackback(0) | Comments(0)
ぐるっと大阪めぐり
今日は谷六でOさまと待ち合わせ、デートです。
欧風食堂レクレールでお昼ご飯をいただきました。
IMG_1751-14_20140518.jpg
私は手羽もとのトマト煮、Oさまはグラタン。
添えられている野菜もたっぷりで満足です。味もやさしい味でした。
Oさまは、あれもこれも症候群に罹りかかっていて妄想が膨らんでいるようです(笑)

その足で向かったのははきものきもの弥生さん。
途中で邪道なsado帰りのSさまと合流。レッスンお疲れ様でした。
IMG_1752-14_20140518.jpg
各自ほりほり、無言でほりほり、話しながらほりほり。
履物や着物もさることながら帯締めや帯揚げ、半衿も豊富にそろいます。
半衿として作られたものや、弥生さんが半衿にしよう!と集めてきた生地たち。
どれもこれも弥生さんのエッセンスが詰まっています。

今日のボディちゃんは水色のドットラインに金魚ちゃんの帯。
IMG_1754-14_20140518.jpg
帯揚げに水色、帯締めに黒を持ってくるのがスカッとしますね。

お次は中崎町の六花さんへ。
こちらは綿レースの足袋がかわいいんですよね。
今月末から始まる阪急の催事にも出展されるとのこと、行くのが楽しみです。
お店の中にぎゅっと着物の楽しみが凝縮した店です。

やっと最後に休憩。
IMG_1755-14_20140518.jpg
マンゴーとヨーグルトとソーダ。よーするにマンゴーラッシーのソーダVr.
しゅわしゅわさっぱりで暑さも疲れもとれました。

着物好きが3人集まると、なんやかんや止めどなく話が続きます。
かしましながらも楽しい時間をすごすことが出来ました。
そして次ぎ集まる日取りを決めてから解散。これお私たちの約束です。

お出かけ | 21:16:36 | Trackback(0) | Comments(0)
朝五時半
今年はロココが可愛く咲いてるよ~と聞いていたので、
平日だけど朝五時半に起きてみました。

ロココ 淡いオレンジピンクが愛らしいです。
ロココIMG_1629-14_20140514

おや、朝のはよからミツバチさんは働いてます。
ロココIMG_1630-14_20140514

ロココIMG_1631-14_20140514

ブライダルピンク
IMG_1643-14_20140514.jpg

ブライダルピンクIMG_1640-14_20140514

ブライダルピンクIMG_1641-14_20140514

名前がわからなくなってしまったバラ どなたかわかりますか?
IMG_1659-14_20140514.jpg

黄色ちゃん 前回よりも花が咲いてますね。
IMG_1669-14_20140514.jpg

ブルボンクイーン
ブルボンクイーンIMG_1648-14_20140514

レーンビクトリア
レーンビクトリアIMG_1660-14_20140514

ロサガリガ・コンディトラム
ロサガリガコンディトラムIMG_1664

クレアローズ ほころびかけです。
クレアローズIMG_1651-14_20140514

アルバ・マキシマ
アルバマキシマIMG_1667-14_20140514

ジャックカルチェ
ジャックカルチェIMG_1653-14_20140514

リンカーン
リンカーンIMG_1655-14_20140514

ピエール・ド・ロンサール
ピエールロンサールIMG_1644-14_20140514

ケーニギン・フォン・デンマーク
ケーニギンフォンデンマークIMG_1662-14_20140514

マジックキャセロール
マジックキャセロールIMG_1638-14_20140514

ラネイ
ラネイIMG_1650-14_20140514

ラネイIMG_1666-14_20140514

特に朝の早いうちは気温も低く、花の香りがあたりに充満してます。
太陽がしっかり出ているときもかわいいのですが、薄ぼんやりとした中でもかわいいバラたちです。
気温が上がると、花の香りもどんどん揮発してしまうので
花の香りを楽しむのであれば早朝、色を楽しむのであれば10時ぐらいがいいみたいです。


日常 | 08:48:48 | Trackback(0) | Comments(0)
5月11日の着物
5月11日の着物

IMG_1625-35_20140511.jpg

紫水色の単銘仙
ブルーグレー平織麻 襦袢
ピンク、ミント 博多織
薄青緑地しぼり 帯揚げ
白に水色の耳 三分紐
LTローズ(楕円)帯留

銘仙だと思う単の着物。これは生地として売られていたのを
着物を仕立てるだけの布地がある!!と確認してから買ったものです。
そんでもって、仕立ててもらいました。
ところがこの着物、身丈が肩から三尺八寸五分。(約146cm)
いくらなんでも着にくい。私の身長は156cm。
むむむむ、身丈が足りないからといって諦めるには着物が可愛すぎる。
しかも大きな格子は似合いにくいのに、水色と紫という私にとっての最強ペアな色のおかげで
全然違和感なく着れる着物なんです。
ということで、腰紐が腰骨の真上に来るぐらい下に締めて
多少違和感があったって着たいものは着たい、と毎年がんばってみるのです。

着物 | 07:35:36 | Trackback(0) | Comments(0)
生駒なかむらさんにお邪魔しました。
生駒のなかむらさんへ行ってきました。久々に母とお出かけです。
でも母、着物着てへんし。

IMG_1604-14_20140511.jpg

思わず、どっひゃーとのけぞった刺繍の絽の丸帯。
IMG_1600-14_20140511.jpg

細かい刺繍がもうほんまに、、、、ため息しかでません。
IMG_1601-14_20140511.jpg

絹糸の発色と質感に悶絶です。
IMG_1602-14_20140511.jpg

これは前帯の部分。流水文様がいい場所に配置されてます。
IMG_1597-14_20140511.jpg

大好きな萩模様。
IMG_1598-14_20140511.jpg

どなたかええ人に貰われるんだぞーーーーー。
IMG_1599-14_20140511.jpg

そして黒の絽の染めに刺繍の帯。茶屋辻模様っぽいんだけど骨太な感じがgood。
IMG_1603-14_20140511.jpg

初めて実物を見た志ま亀さんの帯。しっとりとしたグレー地の帯。
IMG_1605-14_20140511.jpg
母、ええんとちゃいますか?

私やったらこっちかな。紺地に雪輪に波に千鳥に萩模様。ぜーーーーんぶ好きな柄。
IMG_1606-14_20140511.jpg

IMG_1611-14_20140511.jpg

IMG_1612-14_20140511.jpg
志ま亀さんのはもっと大胆な柄だと思ってましたが、
こんなにしっとりとした雰囲気の帯もあるんですね。

海の中をさーーーっと駆け抜けるお魚たち。オコゼがピンクだわ。
IMG_1613-14_20140511.jpg

たれにはエイがいます。ぷくぷく泡ぶく。
IMG_1615-14_20140511.jpg
今からの季節、締めたら気持ちいいでしょうね。

いやはや、なかむらさんの品揃えにお腹がいっぱいになりました。眼福、眼福。

お出かけ | 07:07:14 | Trackback(0) | Comments(0)
5月10日の着物
5月10日の着物

IMG_1512-20_20140510_20140518065246f12.jpg

水色地花雪輪小紋 (シルック)
赤紫水色矢絣模様 名古屋帯
ピンク平織麻 襦袢
薄青緑地しぼり 帯揚げ
薄紫、卵色、白 帯締め

遠征するんだけど(汚れるかも?)、でも可愛くしたいときに重宝なシルックの単。
ほんとお役立ちで助かるわぁ。
帯はたぶんアンティークの着物、が半幅帯になっていたものを
端切れとして買って、帯に仕立ててもらいました。
いつ締めても気分が上がる帯と着物です。

着物 | 06:57:09 | Trackback(0) | Comments(0)
とっとことっとこ咲きます。
石楠花もこんもりと咲き始めました。
IMG_1575-14_20140511.jpg

IMG_1577-14_20140511.jpg

IMG_1576-14_20140511.jpg
石楠花は植生上、日陰を好みます。
我が家の石楠花たちは南側にいるのですが、我が家の南側は6階建てのビルがどーーん。
完全に影ですが、その影の中にはっと目を引く色がいます。

緑とピンクと黄色、赤がわさわさし始めましたよ。
IMG_1579-14_20140511.jpg

ヘリテージ
ヘリテ-ジIMG_1589-14_20140511

ブルボンクイーン
ブルボンクィーンIMG_1582-14_20140511

パスカリ 剣先弁がしっかりと立ってます。
パスカリIMG_1581-14_20140511

パスカリIMG_1580-14_201404511

バリエガタ・デ・ボローニャ
バリエガタデボリョーニャIMG_1578-14_20140510

シャルル・ド・ゴール
シャルルドゴールIMG_1587-14_20140511
ブルーローズのいい色が出てますね。
日の光を浴びているのにどこか不思議な雰囲気を纏っています。

日常 | 06:11:24 | Trackback(0) | Comments(0)
下克上はない
早稲田の講義も折り返し地点、三回目です。
本日は「御殿女中」、いわゆる大奥にいる女性たちです。
もしくは大名の奥向きにいる女性たち。

大奥のファッションには、生地、技法、模様の配置にルールがございまして
それに則って着用してたんだそうです。
基本下克上はないみたいです。(帯で格上げして一段上のランクに上げるという方法はなし)

ということでやっとこの本が日の目を見たかもしれません。
IMG_1672-14_20140510.jpg
奈良で昨年行われたKIMONO BEAUTYの図録です。
 (KIMONO BEAUTY 1回目2回目)

綸子地に藤や桜が刺繍と染めで表されています。
IMG_1673-14_20140510.jpg
ちなみにこれは正装のときの衣装。
技法の格付けでいくと、織りがえらくて刺繍が二番手、染めが三番手、
生地の格付けでいくと、織りがえらくて綸子が二番手、縮緬が三番手だそうです。
これは綸子生地の刺繍の着物です。
織りの着物は結婚式とかとーーーーーってもおめでたい時に。
ということで日常生活上の正装(お客様を迎える、お殿様を迎えるとか?)は
綸子に刺繍みたいですね。

こちらは萌黄色のちりめんに風景とお花の振袖。
IMG_1674-14_20140510.jpg
風景画の格付けは意外と低くて、日常着に分類されるそうですよ。
私の目にはどれもこれもお宝ぞろいで、ええ着物にしか見えませんでした。

もちろん会場の着物も見て説明も読んでるし、図説も読んでいるんだけど
やっぱり解説が入るとより一層理解が深まります。
だからやめられないのですよ。ムフッ

お稽古 | 23:27:41 | Trackback(0) | Comments(0)
衿元とちょこっとだけサイズ検証
早稲田の講義前に着物ふわりのマミ先生にレッスンしていただきました。
ずばり解決したいのは、まずは衿元、そして派生する諸事情の解決。
あんな衿元になりたい!!!という理想形状だけが突っ走って
現状が追いつかず、なところでございます。

ということで、びふぉー
IMG_1512-20_20140510.jpg
いつも↑こんな感じの衿元で

横からは↓こんな感じの抜き具合
IMG_1514-20_20140510.jpg
この水色の単は(もう単を着てしまっている私)、一応私のサイズで仕立てたもの。
だけれども、このサイズはマミ先生には大きいぃぃぃぃぃ、
とマイサイズWSの時に叫ばれてしまった。
そして以前モリタ先生に教わった襟元をしようとすると、
襦袢の襟も着物の襟裳を寝そべらして着付けるのでどうしたって身幅が余るんです。
現状上の写真は襟をたくさん見せてはいないのに、脇が余ってますよね。

それを、マミ先生の身幅を狭くした着物をお借りして着ると、こんな風になります。
(マミ先生と私は上半身のサイズがよく似ている、この着物も私のベストサイズに近い)
IMG_1516-40-80_20140510.jpg
意外と脇のもたつきがなくなっていると思いませんか?
そして襟が主張してます。(笑)
副産物としては襟が首の下のほうにあるので、首が長そうに見える。

横から見ると襟の付け根が1cmほど下に下がってますが、見た目そんなに抜けてないそうです。
IMG_1520-20_2014510.jpg
自分では結構抜けてるなぁと思っているのですが、
まぁ実感としては首筋がスースーすることですかね。

ちなみにこの写真は、脇の布地が余って身幅が大きいことと、
袖付け寸法についても考えさせられます。
IMG_1527-14_20140510.jpg
この着物の袖付けは6寸。なので私の場合袖付けのほうが胸紐よりも下にきてます。
下に来ているということは、肩から脇にかけて布地に余計な引き攣れが起こっているということ。
そして、胸紐よりも帯位置は高くなるということで、帯まで着付をすると
もっと袖が身頃側に引っ張られて引き攣れてしまうのです。
ということで、私の袖付け寸法は5寸5分だな、という結果に落ち着きました。

ついでに前幅、後幅が体に合っていると、腰周りに余計な布地がまとわりつかないので
裾線を決めて腰紐をして、とんとんとして胸紐をかけるまでがすごく速かったです。
やっぱりサイズの合っている着物で着付けができるということは
着た後の着姿の良さや自分のやりたいことが盛り込める他、
着付けの時間短縮に一役買ってるなと実感しました。

そして最終的な後姿。背中の真ん中付近だけしわをとって、
あえて両脇までしわをとらないようにしてみました。
IMG_1535-14_20140510.jpg
なんとなく目の錯覚で、肩から脇への布の流れで背中全体が華奢に見えませんか?
まっ平らになってるところだけが背中で、それ以外の両脇が腕に見える。
(書いてて、目の錯覚というか詐欺というか、中身よりも一層華奢に見せたい乙女心というか)

着付と寸法の両方で自分のなりたい形を模索することがとっても面白かったです。
そしてこんなニッチで需要のないレッスンをしていただいて、ありがとうございました。
衿元や身頃の処理のこと以上に、着物のニッチでレアなサイズについてあーだこーだと
話をしながら手を動かしつつ、二人してニヤっとしてみたり、
とってもマニアックな時間をすごすことができました。

ほんでもってレッスンが終わったらお腹が減るのでランチでございます。
IMG_1538-14_20140510.jpg
生徒は食べようとしているのに、先生はまだまだサイズについて検証中。
マミ先生の黒い着物のサイズを元に、私のサイズについて頭を悩ましてくれているのです。

ふぅ~、蛸のスパゲッティ。ええ出汁でてます。胃にやさしい味がしました。
IMG_1539-14_20140510.jpg

お稽古 | 00:27:51 | Trackback(0) | Comments(0)
5月6日の着物
5月6日の着物

IMG_1405-20_20140506.jpg

香色郡上紬 単
ブルーグレー平織麻 襦袢
ピンク、ミント 博多織
黄緑 帯揚げ
ピンク、黒 平組(トリエさん)

私の中では一番合いにくい色ですが、着たいし着易いので着てみました。
でも土色ってねぇ、帯はとりあえず万能博多帯。
帯締めはピンク。六角形は黒色なんですよ。
帯揚げはどれを乗せても全然合わないので、黄緑色を乗せてみました。
が、失敗してますな(汗)どんな色乗せたらいいんでしょうか?

着物 | 19:47:45 | Trackback(0) | Comments(0)
お腹を満たして、卯の花の園へ
テクテクと歩いて、コンフィデンスカフェさんへ。
オープン長屋2013のパンフレットがありました。
IMG_1424-14_20140506.jpg
acicoさんのたんぽっぽとしょかんとクラニスムストアさんが載ってますよ。

シラスと梅肉のスパゲッティです。うまうまです。
IMG_1425-14_20140506.jpg

テクテク歩いて住吉大社の御神田へ。鯉のぼりがそよっとたなびいてます。
IMG_1429-14_20140506.jpg

それを撮るacicoさまを撮る私。
IMG_1430-14_20140506.jpg

ちょうど卯の花が見頃とのことで、ぱちり。
IMG_1434-14_20140506.jpg

年に2週間ほどしか開いていないんだそうです。商売っけがないというかものぐさなのか。
IMG_1436-14_20140506.jpg

IMG_1442-14_20140506.jpg

IMG_1437-14_20140506.jpg

剪定もあまりしていないのか、野生化してる気がします。
IMG_1445-14_20140506.jpg

IMG_1468-45_20140506.jpg

大きく写してもかわいらしいお花ですね。
IMG_1446-14_20140506.jpg

自然のガーランドが仕上がってます。
IMG_1452-14_20140506.jpg

あっ、これは詐欺だ。実物の雰囲気よりもよく映ってます。
IMG_1466-45_20140506.jpg
実物はもっとガチャガチャしてますので、これは誇大広告ですよん。

お出かけ | 19:46:28 | Trackback(0) | Comments(0)
骨董市なるものに行ってきました。
acicoさまと一緒に嶋屋喜兵衛商店の骨董市に行ってきました。
骨董市といいつつめぼしいものはほとんど売れてしまってます。

お座敷の中からお庭を眺めながら、、、
IMG_1409-14_20140506.jpg

玉露や、お煎茶の振る舞いがありました。
IMG_1413-14_20140506.jpg
一日遅れの柏餅。

とろっとした濃い味の玉露でした。
IMG_1414-14_20140506.jpg

IMG_1457-50_20140506.jpg
何を大口を開けて笑ってるんだろう?なんか面白かったっけ?

襖もええ雰囲気を出してます。
IMG_1415-14_20140506.jpg

お庭には大きなつつじの木があります。満開に咲いてました。
IMG_1419-14_20140506.jpg

IMG_1461-45_20140506.jpg

クラニスムストアの安藤さんもいらっしゃいます。
IMG_1423-14_20140506.jpg

古いお屋敷の天井の造作。天井が高くて気持ちいいです。
IMG_1420-14_20140506.jpg

この嶋屋さん、家を再生し、地域と関わる場所をつくっていこうと、
所有者の方とと大阪市立大学の研究室が一緒に考えてく場になるそうです。
月一いろいろなイベントを開催するそうです。またお出かけポイントが増えました。
嶋屋喜兵衛商店(準備室)

お出かけ | 19:26:26 | Trackback(0) | Comments(0)
雨に濡れそぼる花びら
子供の日の夜は雨が降りました。
起きて屋上に行くと雨が上がってまして、でも花びらには雨の名残。
IMG_1365-14_20140506.jpg

もう20年選手の黄色ちゃん。お空にのびのび枝を伸ばしてます。
IMG_1369-14_20140506.jpg

ゴールドメダル 
ゴールドメダルIMG_1374-14_20140506
美しい時を切り取ることができました。

ジャストジョイ
ジャストジョイIMG_1367-14_20140506

ジャストジョイIMG_1368-14_20140506

太陽です。
ジャストジョイIMG_1380-14_20140506
今年一番の大輪 直径18cm。

パパメイアン
パパメイアンIMG_1370-14_20140506

パパメイアンIMG_1373-14_20140506

ゴールドバニー
ゴールドバニーIMG_1376-14_20140506

ブライダルピンク 花びらの巻きが美しい。
ブライダルピンクIMG_1377-14_20140506

かがりび 咲ききって花びらに太陽が透けて自身が燃えているようです。
カガリビIMG_1378-14_20140506

クレアローズ まだまだ固いです。
クレアローズIMG_139214_20140506

ジャックカルチェ 花芽に埋れて気持ちよさそうです。
ジャックカルチェIMG_1385-14_20140506

マジックキャセロール 大きく見えますがミニバラです。
マジックキャセロールIMG_1363-14_20140506
プリンとした花びらの先が可愛いバラです。

最後にお花を剪定、花ガラも摘みます。
IMG_1394-14_20140506.jpg

日常 | 07:38:21 | Trackback(0) | Comments(0)
5月4日の着物
5月4日の着物 (20度、松山市 晴れ)

IMG_1345-14_20140504.jpg

薄ピンク菊花小紋 (シルック)
ピンク平織麻 襦袢
黒地縞々名古屋帯
白、紫中抜き絞り 帯揚げ
紫 三分紐
犬の張子の帯留(まかりんさん作)

一日目と同じ着物で、帯と小物を変えました。この帯はたぶん博多織。
Iさまと広島の白島ラグタイムさんに伺ったときにいただいた思い出の帯。
そしてIさまとおそろいのまかりんさんの犬の張子の帯留め。
前回、おそろいで買ってIさまへはプレゼント済みなのですよ。
今はあまり着物を着る余裕がないとのことですが、人生まだまだ先はあります。
末永いお付き合いをどうぞよろしくお願いいたしますね。

ちなみにIさまは、私が化繊の着物を買うとは思ってもみなかったとのこと。
確かに疑心暗鬼なところがありました。
でもacicoさまがいろいろと試行錯誤をしているのを拝見して
(acicoさまにいろいろリサーチして買うまで一年以上かかりました)
これは使えるかも?、(使ってみたら)使えるじゃん、と見直した素材です。

着物 | 23:39:27 | Trackback(0) | Comments(0)
こちらでも四方山話
昔きもの倶楽部 恵へお邪魔してきました。
IMG_1317-14_20140504.jpg
お店の佇まいからして、なんだか宝箱みたいに感じませんか?

内側の暖簾もかわいいんですよ。
IMG_1330-14_20140504.jpg

お花はいつも丹精こめてらっしゃいます。
IMG_1320-14_20140504.jpg

どーーん、どうだ、すべてレンタル着物です。
IMG_1321-14_20140504.jpg
現代ものからアンティークまで幅広い品揃えです。

ご主人の恵さん。この方からいろいろなことを教えていただきました。
IMG_1333-14_20140504.jpg
いつお店にお伺いしても楽しく切り盛りをしてらっしゃる姿が大好きです。
私が大阪でも着物生活を楽しんでいる様子をとてもうれしく感じていただけているようで、
私はその下地を作ってくださった恵さんに感謝です。

二階に上がる階段にかかっている暖簾がこれまた可愛くて。
IMG_1328-14_20140504.jpg

裏が紅絹なのも心憎い。次、これ拝借しようっと。
IMG_1329-14_20140504.jpg
私はこちらのお店の暖簾を見て、自分でも作ろうと思ったのです。
それが「わっさり菊の大輪が満開」です。

二階はくつろぎスペース。足をのばしてのんびりすることができます。
IMG_1323-14_20140504.jpg
年代ものの鏡台の前でゆっくりしてみたり、絵になると思いませんか?

よそ行き着物のコーディネート。杜若です。八橋です。
IMG_1318-14_20140504.jpg

帯揚げ、帯締めに青を持ってくるのがええです。
IMG_1334-14_20140504.jpg

そして小紋柄なのに上前に刺繍が入っているんですよ。
IMG_1335-14_20140504.jpg
うーーーん、着物と帯と小物の合わせ方がやっぱり好きだわぁ。

こちらのお店はレンタル着物がメインで、観光のついでというよりかは
地元密着型の冠婚葬祭の着せつけが多いそうです。
もっと告知をすればお客さんも観光客も増えるとは思うけど
今のお客様の人数がちょうどだそうです。
お一人お一人とコーディネートを相談しつつ、その日を迎える。
なかなか気の長いお商売ですね。細く長く堅実に、お商売には大切なことです。

お出かけ | 23:10:21 | Trackback(0) | Comments(0)
心臓ドキドキ
道後オンセナートは、道後温泉街のホテルの一室を使った作品展示会。
もちろん作品が展示されている部屋に宿泊もできますよ。
ということでぐるぐる行ってきました。

草間彌生×宝荘ホテル 喫茶室が草間彌生ワールド全開でございます。
IMG_1272-14_20140504.jpg
この右手にもソファー席があったのですが、お客さんがいらっしゃったのでカウンター側のみ。
執拗なまでの水玉。単なる円の集合が有機物に見えてきます。
ゾワゾワっと動き出しそうですな。

荒木経惟×ホテル古湧園 初めての体験で、口があんぐり。
IMG_1276-14_20140504.jpg
えーーー、ワタクシメ初めての体験でゴザイマシタ。
こんな世界が世の中にはあるんだー、へー、へー、へー。

かなりというか、もーーとってもえげつないきわどい部分を切り取っております。
IMG_1277-14_20140504.jpg
写真の上側と右側はいくらなんでも写したらあかんでしょ的な感じで。
皆様、これで察してください。
ちなみにここには二面しか写ってませんが、本当は四面ある襖です。
切り取ることもできない大写しもありまして、口ぽっかーーーーんですわ。
別の場所にはきれえなお姉さんが、梁から吊り下げられておりました。
芸術の名の下、表現というのは止めどがございません。
そしてこのお部屋はR18指定でございますわよ。

こんな照明がしっくりくる古湧園です。
IMG_1280-14_20140504.jpg
こっちのほうが落ち着くわぁ。

川瀬 浩介x椿の湯
IMG_1285-14_20140504.jpg
音と光が交錯します。
椿の湯で温泉につかってから牛乳飲みながら
光の点滅と音を聞くのはどんなに心が休まることでしょう。
アラーキーのをみた直後だからよけいに心の平安を求めてしまうのかも?

葉山有樹×ふなや 水の中を泳いでいるようなお部屋です。
IMG_1298-14_20140504.jpg
そうなんです。松山でお会いしたかったのはIさま。
約2年ぶりの再会で、オンセナートを楽しみつつ四方山話に花がさきます。

ふなやさんは松山でも老舗の旅館。名前にも「ふな」が入っているので魚関係の展示です。
IMG_1307-14_20140504.jpg
部屋の四方に水草を配置し、さながら宿泊客はお魚といったところ。
ゆらゆらきらめく水面を下から見上げているようなお部屋でした。
すーーーっと涼しい清涼感のあるお部屋です。

この障子を開けた先には、ふなや自慢のお庭が広がります。
IMG_1310-14_20140504.jpg
お庭の中には、石手川から引き込んだ清流が流れて涼をとることができまよ。

今回の松山訪問の目的はIさまに会うこと。
私が松山にいたときに、一緒に着物を楽しんだ仲間です。
右も左もわからず、オロオロしてたところを一緒にこーかなあーかなと試行錯誤をして、
これがいいんじゃないか、こっちのほうが楽しいよ、と着物を一人で楽しむのではなく、
みんなを巻き込んで賑やかに着物を楽しんでました。
今思い出しても、ニヨニヨ顔が百面相になって楽しくなってしまいます。
着物を着て楽しむことを一緒に学んだ大切な仲間です。
いついつまでも楽しく着物を着て生活できるようがんばりますね。

お出かけ | 22:19:55 | Trackback(0) | Comments(0)
愛媛2日目は松山へレッツゴー
ぶーーーーーーんとやってきたしおかぜ。
IMG_1241-14_20140504

IMG_1242-14_20140504.jpg

IMG_1243-14_20140504.jpg
新居浜から松山へ向かいます。

今治を過ぎて菊間に近づくと海岸を走るしおかぜ。
IMG_1253-14_20140504.jpg
帰ってきたなぁと思うのですよ。

路面電車に乗り換えてファーーーーン、と市内を走る、走る。
IMG_1257-14_20140504.jpg
NHKの鉄塔が見えるぞ。

松山城も見えます。城山の緑が郁々としてます。
IMG_1262-14_20140504.jpg

降りたつは道後温泉駅。日本最古の温泉地です。
IMG_1263-14_20140504.jpg
ちなみにこの駅の2階にKIRUKIRUさんが入ってます。
アンティーク着物をたんまりとお持ちでらっしゃいます。

道後温泉本館。
IMG_1290-14_20140504.jpg
鳳凰のいる一番上は確か太鼓があってガラスが赤色。
ガラスがまだ珍しかった時代に赤いガラスを入れたそうです。
夜になるとなまめかしい雰囲気が漂いそうです。
そして現在開催中のオンセンナーレを見に行きます。
道後オンセナートにもなまめかしいものがありました。。。。。

お出かけ | 21:29:54 | Trackback(0) | Comments(0)
5月3日の着物
5月3日の着物 (新居浜市 晴れ)
IMG_1219-35_20140503.jpg

薄ピンク菊花小紋 (シルック)
ピンク平織麻 襦袢
白グレー格子 しゃれ袋帯
白、紫中抜き絞り 帯揚げ
薄緑 帯締め

早々とシルックの単に手を出してしまいました。
が、体感温度はちょうどです。色は頑張ってみました。
と言ってもグレーの帯にどんな帯締め帯上を持ってくるか意外と難しかったです。

このしゃれ袋帯、先日の土色の格子柄袋帯同様夏っぽいんだけど透けてない帯。
いまいち使い時のわからない帯でした。
今回立て続けに使ってみたけどしゃれ袋帯というのがやっぱりピンときません。
ということで、以前の持ち主より名古屋帯に切ってしっまってOK
との内諾をいただいたので切ってみます。
あまった布はかばんにしようかなぁ。(妄想だけはどんどん膨らみます。)

着物 | 22:19:54 | Trackback(0) | Comments(0)
ご飯をおいしくいただく為には
働かなければなりません。
さやも身も食べれるエンドウです。
IMG_1224-14_20140503.jpg
わさっりと蔓が延びている中を探って、食べれるエンドウを収穫。

エンドウは白い花。ちなみに落花生はオレンジ色。
IMG_1231-14_20140503.jpg

ぷちぷちっと収穫せねば日が暮れてしまいます。
IMG_1232-14_20140503.jpg

ついでにこんな植物の写真も。皆様なんだかわかりますか?
IMG_1225-14_20140503.jpg
実はにんじんの種の部分(花が咲いた後)です。
種を採るんだそうです。でも市販の種はF1、交配したら劣性が出てくるのええんかしら?
それとも在来種?今度行ったら聞いておこう。

ついでに温室の中もちら見。ランがいたり多肉植物がいたり、なかなか混沌とした温室だわ。
IMG_1235-14_20140503.jpg

IMG_1237-14_20140503.jpg

IMG_1238-14_20140503.jpg

日常 | 22:18:59 | Trackback(0) | Comments(0)
太鼓にお抹茶に、、、、
愛媛新居浜も太鼓がおります。これは子供太鼓。
ちょうど五月の連休中にお練りがあります。
IMG_1199-14_20140503.jpg

そして我らはお出かけ、みんなでお昼ご飯へ。
IMG_1206-14_20140503.jpg
着物着ておめかしして、おいしいもの食べてきました。
(写真撮るん忘れてしもた)

帰ってきたら、お土産で持ってきた赤福餅をお茶請けに。
お茶が点てれるんよねと確認がございまして、だーーーーーっと点てさせていただきました。
IMG_1220-14_20140503.jpg
雅代先生、形になっております。acicoさま、邪道なsadoバンザイでございます。
生活を楽しむ幅が広がったという意味で私にとって邪道なsadoは有益でした。

IMG_1221-14_20140503.jpg
二服目も点ててくださいとのリクエストがあったので不味くはなかったはずです。

二杯目は抹茶ミルクにしてみました。
IMG_1222-14_20140503.jpg
しかし、この黄瀬戸のお茶碗ええなぁ。
でも大阪の家にはまだ使ったことのないお茶碗があるのです。
ぜひとも一巡ちゃんと使ってみたいと思います。
(その前にカフェインに弱いのをどうにかしないと、二服目を頂き辛い、、、、)

お出かけ | 22:06:59 | Trackback(0) | Comments(0)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。