■プロフィール

はーの輔

Author:はーの輔
はてさてどんな方が来て下さるのやら
現在は大阪市内にて住んでいます。音楽、美術館めぐり、旅行、きものに興味があります。
同じ趣味の方もそうでない方もごゆるりとお楽しみ下さい。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
12月23日の着物
12月23日の着物

SN3U1968-9_20131223.jpg

青にピンクのお召
ローズピンク扇柄襦袢
ベージュ地紫水色 博多帯
桜色 帯揚げ
レモンイエロー 群青 細紐

昨日の青い紬の色より、今日のお召の色の方がしっくりきます。
昨日はすこし黒すぎましたかね。
着物に入っている色で帯と帯揚げと帯締めを決めて、
一色だけレモンイエローを持ってきました。
細紐2本はトリエさんのワゴンからいただきました。
なんてことはないコーディネートですが、細紐の色が効いてます。

スポンサーサイト
着物 | 23:45:35 | Trackback(0) | Comments(0)
連日通うマルゼンボタンギャラリー
連日通ってしまうマルゼンボタンギャラリー。

昨日頭がふわふわ状態で問い合わせようと覚えていたこと。
藤岡さんにオーダーで帯締めを作っていただけるかどうかを確認。
こんな風に斜めに渡る糸がふんわりしている組み方。大和組(やまとぐみ)と言うそうです。
15_yamato.jpg
私は白を基本に、水色と薄紫の3色を使用したものを依頼、したかったのです。
が、お値段が少しというかかなーーーーり、予算オーバー。
2年ほど積み立てをしてゆっくり進めることにします。
ちなみに、単色であればさほどお値段はしないそうです。
私の依頼が3色だったので染色の際に手間がかかるそうです。

そんな話をしていると、向こうのほうでは寺本さんと小原さんが来年の夏物を画策中。
SN3U1969-9_20131223.jpg
またまた楽しみな商品がわんさかと出てきそうですよ。

お出かけ | 23:35:04 | Trackback(0) | Comments(0)
12月22日の着物
12月22日の着物

SN3U1944-9_20131222.jpg

紺地朱ドット 紬
ピンク、黄色染め分け 襦袢
ベージュ地紫水色 博多帯
ベージュ、ピンク中抜き絞り 帯揚げ
白に金丸くけ帯締め(リボン改造)

母の嫁入り着物に母の買いたての「新品」帯。
持ち主よりも先に締めちゃいました。(*^_^*)貸してくれてありがとう。
丸くけの帯締めは金ラメのリボンをだーーーっと縫ってアクリル毛糸の白を通しました。

着物 | 23:28:37 | Trackback(0) | Comments(0)
ナミナミ、トントントン
今週も天満橋マルゼンボタンギャラリーへ出没。
SN3U1965-9_20131222.jpg
これをやりたかったのですよ。藤岡組紐店さんの組紐体験。
なかなか本物の機械で体験させていたくこともなかろうと思います。

ナミナミっと糸をよけて、ヘラで押さえて
GRP_0178_20131222.jpg

糸をくるんと通して
GRP_0168_20131222.jpg

引っかけて、トントントン。
GRP_0171.jpg
写真はるるさんが撮って下さいました。
この後はるるさんからお誘いいただいて藤岡組紐店の藤岡さんと忘年会へ。
のつもりが、ころころっと雪だるま方式に人が増えてあっという間に7人。
知ってる人も知らない人もまるっとひっくるめて、わいわいがやがや楽しみました。
お誘いいただきましてありがとうございました。

お出かけ | 23:25:24 | Trackback(0) | Comments(0)
本当は違ったんだけど
お昼ごはんは岡崎あたりで食べたくって、でもイマイチ地理が分かっていなかったので
acicoさまにおいしいお昼ごはんどこかなぁって質問してみました。
そうするとあまり知らない地域だったようで、でもマリコさんに聞いていただけるとの事。
マリコさんのブログは、食べログとも言える情報量をお持ち。

教えていただいたおうどん屋さんへ行こうとした、その時!!!!!
み、ぞ、れ、 がぁーーーーーー\(゜ロ\)(/ロ゜)/
やばい、やばい、着物が、、、、、
ということで、おうどん屋さんの「一歩手前」のお店に駆け込むことに。
残念、無念、次回こそは、と思いながらはぐはぐっとお昼ご飯を頂きました。
SN3U1947-9_20131222.jpg
でもオイシカッタデス。


そして、もう一つ食べたかったもの。
SN3U1954-9_20131222.jpg
ZEN CAFE のわらびもち、と玉露のセット。
ふわっとろっねっとり、かすかな甘みとともにつるんといただきました。

お店の中の室礼もとっても参考になります。
SN3U1950-9_20131222.jpg

SN3U1951-9_20131222.jpg
窓辺のガラス瓶と、その向こうの板塀、瓦屋根。

ポップな色合いの電気傘だったのですが、写らなかったですね。(^_^;)
SN3U1952-9_20131222.jpg

壁際にはぽつんとアイリスが。
SN3U1960-9_20131222.jpg
ほっこりと癒されつつ大阪へ戻りました。

お出かけ | 23:20:13 | Trackback(0) | Comments(0)
先ずは櫛、簪から そして後期展示へ
寒い寒い京都で、美術館をハシゴしてきました。

先ずは細見美術館へ。
SN3U1946-9_20131222.jpg
あの青い乾隆ガラスの簪を見たかったのです。
とろり、もったりとした骨太のガラスです。
どんな人がどんな場面でどんな着物と合わせたんでしょうか?
黒い髪に青いガラスと金の足がとっても映えると思います。

他にも象牙や鼈甲、柘植、ガラス、色とりどりの貴石、サンゴ、真珠。
色とりどりの飾りがたくさんでした。
象牙に梅の花が満開の簪が可愛らしかったです。


そしてお昼からは京都近代美術館で開催中の「皇室の名品・後期」を見に行ってきました。
千種の間は二代目から三代目川島甚兵衛の作品に展示替え。
春の桜のもと鷹狩をしている風景と、秋の紅葉を鑑賞している風景でした。
上村松園の雪月花も、それぞれの情景がよく表されてました。
裁縫箱なんて、裁縫できへんし、使われへんわぁ、とちょー庶民なことを思ってました。
(^_^;) 使うことないし
文房具のインク壺とかもとっても好みでしたよ。


たくさんの展示会がぞくぞくと続きます。
来年も気合を入れて、美術館、博物館に足を運びたいと思います。

美術館 | 23:16:29 | Trackback(0) | Comments(0)
雪の結晶の帯飾り
KIMONO VANITY の為に作った雪の結晶の帯飾り。
SN3U1875-9_20131214.jpg
私がしている結晶はオーロラ入り。

久々にKANOTO用にも作ってみました。
SN3U1865-9_20131217.jpg

シェルとビーズとパール。透明と白と金だけで構成しました。
SN3U1866-9_20131217.jpg

この結晶はオーロラ入りではなくて、透明なもの
SN3U1868-9_20131217.jpg

SN3U1869-9_20131217.jpg
キーンと冷たい雰囲気を出したかったので敢えて色は加えませんでした。
冬にもいいですが、真夏に涼しさを演出する小物としても使えそうです。
近日中にminneにアップしますね。

KANOTO 着物小間物 | 23:52:40 | Trackback(0) | Comments(0)
トリエさんだけのはずが何故か京都弾丸ツアー
本日はマルゼンボタンギャラリーで催事中のトリエさんへ。
SN3U1931-9_20131215.jpg
クロスステッチの鼻緒のカフェ草履。
前ツボの黄緑色が全体の雰囲気を決めてます。
少し北欧の香りのする草履でした。

会場でお会いしたルルさんと近くへご飯をしに行きました。
おいしそうなパスタランチ。パクパクっと食べてしまってから撮ったので、サラダが減ってます。
SN3U1933-9_20131215.jpg

パスタはボロネーゼ。濃厚なお肉の香りです。
SN3U1934-9_20131215.jpg

このお店、ランチの飲み物セットでカフェラテを頼むとラテアートをしてくれるのです。
私はハート❤がたくさん。愛が溢れそうですね。
SN3U1935-9_20131215.jpg

ルルさんは雪だるま。おててもちゃんと表現されてますよ。
かわいいですよね。
SN3U1936-9_20131215.jpg

そうしてギャラリーに戻るとacicoさまが。
合流して京都に行こうと言っていたのです。
そしてこの京都弾丸ツアーに何故か巻き込まれるルルさん。
楽しいから大丈夫だよ。(ほんとかよ?)

先ずはクラニスムストア安藤さんへ会いに、つくるビルへ。
GRL_0161-65_20131215.jpg

入れ代わり立ち代わりお客様がひっきりなしです。
SN3U1937-9_20131215.jpg

acicoさまはこの海友舎さんの手ぬぐいが欲しかったよです。
SN3U1938-9_20131215.jpg

会津木綿の端切れもありますよ~~。
SN3U1939-9_20131215.jpg

お次はとっとこにしむらシルトさんへ。
GRL_0164-14_20131215.jpg

写真撮影をするとみーさんを撮る、という図。
GRL_0160-20_20131215.jpg
引き気味で一所懸命撮るとみーさん。ちょっとかわいい恰好になってます。

お出かけ | 22:52:21 | Trackback(0) | Comments(0)
12月14日の着物
12月14日の着物

SN3U1923-9_20131214.jpg

ひよこ色無地
白地梅柄 襦袢
椿 袋帯
紅色 帯揚げ(三浦清商店)
青緑 帯締め

母の嫁入り道具のひよこ色無地。
太陽光の下で着るにはあまりにもまぶし過ぎて躊躇していましたが、
盛装パーティーなら悪目立ちしないだろうと言う事でトライ。
帯は好きなんだけど、なかなか締める機会のない袋帯。
箔置きの帯なのでつるつる滑って、あっせもっせしながら締めました。
クリスマスパーティーと言う事で、帯締めに緑、帯揚げに赤をプラス。
今回は今までになく柄の少ないコーディネートでしたが
会場の雰囲気にも合って、うまくいったと思います。

SN3U1926-9_20131214.jpg
後姿には満開の椿が咲きます。
花の色がなんともかわいくて大好きなんです。

SN3U1928-9_20131214.jpg
髪飾りは、白いお花と赤い山珊瑚のかんざし。
7月の祇園祭の時に作ってはみたものの、売れ残ってしまった子。
赤に金を使っているので、今回のような盛装にはもってこい。
充分役割を果たしました。

帯飾りには急遽雪の結晶モチーフをしたくなって内職。
SN3U1875-9_20131214.jpg
結晶モチーフにオーロラが入っているので、帯とともにキラキラしてました。

着物 | 22:27:04 | Trackback(0) | Comments(0)
KIMONO VANITY 番外編
毎年気になるのがカメラウーマンのゆみじさん。
今年は頭におっきなリボンが。モリタ先生がちょちょいっとスカーフで作ったそうです。
SN3U1910-9_20131214.jpg
帯にもリボンモチーフ。
でも足元はエンジニアブーツでシャカシャカ歩きます。
今回もたくさんの写真、どんなのがありますでしょうーか?
アップされるのが楽しみだわ。

お出かけ | 22:24:32 | Trackback(0) | Comments(0)
KIMONO VANITY そのさん
まだまだ皆さんとおしゃべりします。
SN3U1899-9_20131214.jpg
お久しぶりのじん子さんと。
いつもいつもいい笑顔のじん子さん。もっとたくさんのことをおしゃべりしたいのです。

今年の7月K2FDの時に購入いただいた帯飾りを、なななんと髪飾りに。
色も長さもボリュームもピッタリ。
SN3U1900-9_20131214.jpg
帯飾りは帯飾りとしてしか認識していなかった私。こういう使い方もGOODですね。

母娘で御参加のお二人。
娘さんに引っ張られて、何がなんやらわからんうちにこの場所にいるというお母様。
SN3U1901-9_20131214.jpg
こんな着物の集まりもあるんですよ~~~とお伝えしました。
娘さんの絞りの帯揚げは左右で色が違いますが、ぴったしあってます。
そしてお母様の帯揚げはCHOKOさんの帯揚げ。ナイスチョイスです。

左から、あっこ姉様、ルルさん、私、Aさん。
SN3U1902-9_20131214.jpg
みんなそれぞれの個性が際立ちますね。

気になったのがあっこ姉様の帯周り。その中でも帯揚げ。
黒なんだけどキラキラしてるんです。こーゆー盛装を受けとめる小物ですね。
SN3U1903-9_20131214.jpg

京都の雨支度のワークショップの時にお会いしたお二人。
とってもいいコンビで、いつもいつ楽しく過ごさせていただいてます。
SN3U1904-9_20131214.jpg

冒険心を出してツリーの帯飾りとCHOKOさんの帯揚げ。ベリグでございます。
SN3U1905-9_20131214.jpg

もうお一人も大変ご無沙汰しておりますです。
SN3U1909-9_20131214.jpg
帽子の色が効き色です。そしてソックスの色ともリンク。
こういう色の使い方、好きだなぁ。

そして帰りがけのとみーさんに声をかけてパチリ。
SN3U1912-9_20131214.jpg
セミアンティークの着物に緑と金の壺垂れの帯。
半襟も濃いめの色を使ってピリッとしまったコーディネートですよね。

これまたとおかいちでご一緒させていただきましてありがとうございました。
SN3U1914-9_20131214.jpg
黒い目の色をすっきりと着こなしてらっしゃいます。

こちらもご無沙汰ななかむらさん。いつもお忙しくしてらっしゃいます。
久々にお顔拝見。
SN3U1915-9_20131214.jpg
お太鼓の部分には鹿さんがいるのです。
帯と着物がどちらも濃い色目ですが、さすがなかむらさん。
帯揚げ帯締めで上手くまとめてらっしゃいます。

そして初めましてのお二人と。
SN3U1918-9_20131214.jpg
お一人は自作のコットンパールのネックレスを合わせてらっしゃいます。
甘いドリーミーな組み合わせですね。
もうお一人は赤を基調にしたコーディネート。
髪飾りも帯飾りもカバンも赤。赤の配置がばつぐんで調和がとれていると思います。

そして11月開催の着物マイサイズの時にご一緒させていただいたN様。
ステージもご飯もご一緒させていただいたのに写真を忘れていました。
しくじったぁ。とってもかわいい、しっとりしたコーディネートだったのですよ。

最後はやっぱりモリタ先生と。
SN3U1916-9_20131214.jpg
赤と黒と金を、絶妙な分量と配置でモリタワールド全開です。
衿と帯とカバンと草履が「金」。いつもいつも明るく楽しいコーディネートです。


今回もめいいっぱいのおもてなしとパフォーマンスで楽しませていただきました。
とっても面白くて楽しい時間と空間でした。
ご一緒させていただいた皆様、モリタ先生、玉置先生ありがとうございます。

お出かけ | 22:18:52 | Trackback(0) | Comments(0)
KIMONO VANITY そのに
そして待ちに待ったドラァグクイーンのみなさま。
踊って、歌って、愛想振りまいて。
SN3U1895-9_20131214.jpg

とってもかっこいいんだなぁ。
SN3U1896-9_20131214.jpg

そしてでっかい「アリエル」。ある意味かわいい。
SN3U1906-9_20131214.jpg

壇上でも盛上がる。みんなも盛り上がる。
SN3U1908-9_20131214.jpg
ホッホーイ! イエイ!

そしてカメラウーマン がんばる の図。
SN3U1907-9_20131214.jpg

お出かけ | 22:05:45 | Trackback(0) | Comments(0)
KIMONO VANITY そのいち
行ってきました。クリスマス恒例のKIMONO VANITY!!!

SN3U1884-9_20131214.jpg

会場に入ると、もうすでに熱気ムンムンです。
SN3U1885-9_20131214.jpg

去年お会いした方と再会。今年は3人で御参加です。
SN3U1887-9_20131214.jpg
髪飾りがつまみ細工なんですが、オレンジ系、赤系、ブルー系と
着物の色に合わせてらっしゃるんです。しかも手作り!!
もっと近くで撮らせていただけばよかったかも。

今回初めての方のですが、帯に惹かれてふらふらっと。
SN3U1888-9_20131214.jpg
ビーズのうさぎさんなんです。

スパンコールとか丸小、丸大、デコビーズ。各種取り混ぜ調和してます。
SN3U1889-9_20131214.jpg
Sooooooo CUTE!!!!

もう一人、配色の美しい方がいらっしゃいました。
SN3U1891-9_20131214.jpg
まめころたんさんです。
以前、住吉のとおかいちでご一緒させていただいた覚えがあります。
羽飾りと帯揚げの色が着姿のスパイスですね。ええなぁ。

そしてイエローズだった私とはきもの・きものの弥生さん
SN3U1893-9_20131214.jpg
ペアルックです。うれしいです。

そしてシックにコーディネートしてらっしゃるお二人さん。
SN3U1894-9_20131214.jpg
襦袢がねぇ、襦袢がねぇ ええんですわ。うらやましいぞぅ。

お出かけ | 20:36:55 | Trackback(0) | Comments(0)
12月8日の着物
12月8日の着物

SN3U1810-11_20131208.jpg

ブルーグレー縮緬地にお花模様 着物
白地梅柄 襦袢
赤地絞り 名古屋帯
白、紫中抜き絞り 帯揚げ
赤白 帯締め

帯幅が8寸5分で大きかったのを小さく縫い直してもらった帯です。
お気に入りが一本増えました。
よそいき感もあるし、メリハリの利いたコーデに仕上がったと思います。

羽織紐はいつものごとくコットンパールで。
SN3U1813-9_20131208.jpg

今日はちょっと違う角度からの写真。
羽織モノがあると袖口からの色目も気になりますよね。
SN3U1845-9_20131208.jpg
袖口からこぼれる色がはらりはらり、目を楽しませてくれます。

そんでもって、今日は足元も写してみました。
SN3U1846-9_20131208.jpg

着物 | 23:45:46 | Trackback(0) | Comments(0)
紅葉を堪能しました。
やってきたのはきなこ家。
暖かい飲み物をいただきました。
SN3U1837-9_20131208.jpg
抹茶きなこミルク。体が温まりますね。
ここで、4人でダベリングタイム。あれやこれや近況報告。

その足で建仁寺へ。ところが拝観時間が過ぎてました。残念です。
SN3U1839-9_20131208.jpg

代わりに初めて摩利支天のお堂へ行ってみました。途中も紅葉がきれいですねぇ。
SN3U1840-9_20131208.jpg

とっても大きなイチョウの木。どれだけここにいたのでしょうか?
SN3U1844-9_20131208.jpg

ここで時間切れ。A先輩は今から高速バスでお帰りです。
遠路はるばる京都まで来ていただいてありがとうございました。
またみんなで遊びましょうね。

お出かけ | 23:42:24 | Trackback(0) | Comments(0)
紅葉狩り
今年の2月にお会いしたA先輩。
2月の帰り際に「秋になったら紅葉をみにいくのもいいよねぇ」とのこと。
ということで行ってきました。京都へ紅葉を見に行こう!!
食いしん坊な人たちの集まりなので、とりあえずお昼ごはん。
食べなきゃ楽しめません。
SN3U1814-9_20131208.jpg
膳處漢ぽっちり お昼ごはんもかなりボリュームがあります。

中庭もきれいに紅葉してました。
SN3U1816-9_20131208.jpg
なつかしいですね。ストーブがあります。

そして腹ごしらえをして向かった先は高台寺。
SN3U1818-9_20131208.jpg

目にも鮮やかに紅葉した葉っぱ。
SN3U1821-9_20131208.jpg

お茶室前も真っ赤に染まっています。
SN3U1822-9_20131208.jpg

そして方丈庭には紅葉のイラストがありました。
SN3U1824-9_20131208.jpg
いつも見えている白砂の波に代わって、黒い波がたぷたぷと押し寄せます。

あーきの夕陽に照る山もみぃじ~~~
SN3U1826-9_20131208.jpg
童謡を思わず口ずさんでしまいました。

ふふふ、とっても目に美しい色合いですね。
SN3U1830-9_20131208.jpg

枝を通して陽光がやってきます。
SN3U1831-9_20131208.jpg

なんの木でしょうね?ぽったりたした葉がかわいいです。
SN3U1833-9_20131208.jpg

ぽたぽたと歩いてお次の場所は??????
P1014305-20_20131208S.jpg
(写真はSっちからもらいました。ありがとう)

お出かけ | 23:26:45 | Trackback(0) | Comments(0)
12月7日の着物
12月7日の着物

SN3U1808-11_20131207.jpg

深緑茶色の格子大島
白地梅柄 襦袢
ピンク、ミント 博多織
白、紫中抜き絞り 帯揚げ
赤白 帯締め

新入りの八木新さんの帯揚げ井澤屋さんの帯締めをしました。
な、な、なかなかに 使える子たちではありませぬか?
ええ感じで帯周りが仕上がりました。
SN3U1809-9_20131207.jpg
満足。満足。

着物 | 22:42:39 | Trackback(0) | Comments(0)
替えてみた。
酒袋の草履の鼻緒を替えてみました。
白のホースヘアー、赤の前ツボから↓こんなんに。
PAP_1848-9_20131207.jpg
白のもみ皮にピンクと言うか薄紫というか柔らかい色の前ツボにしました。
今まで色々と鼻緒の色を替えてみたのですが、
白い鼻緒は上の着物を選ばず、使い勝手がよかったのです。
ところが、ホースヘアーは夏物とのこと。
あれ?このホースヘアーさん、伊と忠で進めてもらったのに?
ということで、今回はもみ皮の白にしました。
ぴかっとしたエナメルの白ではなく、鈍く光る白なので
これまた使える子になりそうです。

お買いもの | 22:38:23 | Trackback(0) | Comments(0)
きらきら 煌めく七宝
先日行った京都国立近代美術館で見た並河靖之の有線七宝作品。
どうやら並河靖之七宝記念館でも七宝展が開催されているようです。
20130811.jpg
15日までしているようです。
その後は長期のお休みになるみたいで、今年最後のお楽しみになると思います。

美術館 | 23:49:28 | Trackback(0) | Comments(0)
帯揚げの中抜きって何?
船場センタービルで開催中のセール。
セールとは知らず、30日に修理に出していた襦袢を引き取りに川瀬さんへ行ってきました。

その帰りにお隣の八木新さんへ寄って、帯揚げを見ていると
「中抜きの絞りの帯揚げですよ。」とのこと。中抜きってなんのこっちゃいな?
SN3U1776-9_20131201.jpg
一番上がいつも使ってる綸子地の赤色絞りの帯揚げ。
八木新さんで頂いた中抜きの帯揚げが下の2枚。
背中の部分に絞りが入っていないので「中抜き」と言うそうです。
総絞りの帯揚げは礼装用として販売されていますが、なかなか日常には使いずらいボリューム。
この中抜きだと総絞りほどのボリュームはないけどふんわり華やかな帯周りになりそうです。

今回は一番下の帯揚げを使ってみました。
脇の部分と、真ん中の部分にだけ絞りが来るように配置されています。
SN3U1791-9_20131201.jpg
実用的な部分で言うと、絞りの部分がのびるので
引張気味に結ぶと、脇の部分でいつも余る布地がなくなって、
横からみにょみにょ見えないのがいいです。
でも、絞りの帯揚げとしてはあまり中抜きは絞られておらず、
いわゆる輪出し(りんだし)がほとんどだそうです。

お買いもの | 22:51:43 | Trackback(0) | Comments(2)
12月1日の着物
12月1日の着物

SN3U1781-12_20131201.jpg

青菱模様小紋
白地梅柄 襦袢
青緑菱模様 名古屋帯
ベージュ、ピンク中抜き絞り 帯揚げ
焦茶 帯締め

仕立て直しをしてよく着るようになった着物です。
ワンピース感覚でさらっと着れる優秀な子です。

帯周りはこんな感じ。
SN3U1790-9_20131201.jpg
帯揚げは別記事でアップしますね。
昨日行った船場センタービルでセールがあって、八木新さんで頂いたのです。

着物 | 22:49:22 | Trackback(0) | Comments(0)
井澤屋さん、セールだわん
岡崎で頭から湯気を出していたので、冷やすためにてくてく外気に当たりながら歩きます。
歩きます、歩きます、歩くと見えてきたのは知恩院。
ということで祇園まで歩いてしまいました。

祇園へ来ると危ないのが四条通の着物小物を売るお店。
とりあえずかずら清老舗さんやむら田さん、金竹堂さんをひやかします。
ここまでは踏ん張っていたのですが、井澤屋さんでやられました。
とってもお買い得なセールをしていたのです。
いつもだったら躊躇する色がお安くなっていたので、
挑戦の意味も込めてお買い上げしてみました。
SN3U1799-9_20131201.jpg
白と赤のバイカラー。ほとんど買うことがないタイプです。
そしてワントーンだけど色がよかった。青味がかった緑ということでエメラルドグリーンの帯締め。
2本ともかなり冒険色ですが、挑戦する価値はありと見ております。

井澤屋さんは12月6日までは総ざらえセールだそうです。
お近くへお立ち寄りの際は、どうぞどうぞ行ってみてください。

お買いもの | 22:48:00 | Trackback(0) | Comments(0)
金魚玉と水墨画?
細見美術館へ金魚玉図を見に行ってきました。
神坂雪佳と江戸琳派展が行われています。
sekka_02.jpg
まあるい金魚玉の中からこちらをみつめる金魚。
にらめっこ状態の金魚ちゃんと私、みたいな構図です。
実はこの金魚玉図、掛け軸なのですが表装にもこだわりがあるのです。
金魚と言えば夏、金魚玉をかけるのは軒先、夏で軒先だと葦簀がある。
と言うわけで、表装は葦簀が描かれています。(通常は布地)
描表装というんだそうです。

ざーーーっと上から下まで伸びる藤の花を描いた鈴木其一の藤花図。
墨色の木肌と長尾鳥、緑青の葉、その中に一つ朴の花の花芯だけがほんのり黄色。
光に透けるアジサイの花びら。
鯉の滝登りに描表装で杜若の花、一文字には柏の葉っぱで端午の節句と解く。
好きなイメージがふわふわとしている空間でした。
次の展示は「櫛、簪」だそうです。次回もワクワクドキドキの展示です。


お次はその足で京都国立近代美術館へ。
acicoさまも行って絶賛の皇室の名品展です。入ってすぐに再現されているのが千種の間。
足元から頭までぐるっと再現されてました。
格天井にはお花、壁には欄間と綴れ錦、足元にはカボチャ!!!
おいしそうなカボチャにノックアウトされて、それ以外が吹っ飛んでしまった私。
もったいないわ。せっかくの綴れ錦、鳥さんとかお花とかたくさんいたはずなのに。

次の間は工芸品がずらっと。
ここで村田館長からのナレーションが流れる~~~~。
海野勝珉、川之邊一朝、濤川惣助、並河靖之 かくかくしかじか、、、、、
あーーーー、あたしこれ見た、手に持った、くるくるひっくり返したことある!!!
そうなんです。今年の津田楼で拝見したお歴々の方々の大型作品が展示されていたのです。
海野勝珉の蘭陵王は布地の質感が金属で表現されていて、
触ったら手触りよさそうな感じがします。そして象嵌細工の美しい事。
黒い鉄地の上に金線で文様が描かれています。うっとりしてました。
そして、並河靖之の有線七宝の黒い壺。
桜、木蓮、連翹、青紅葉、夾竹桃そして雀が黒い地に舞い踊ります。
imgMainVisual_koshitsu-20131201.jpg
(バナーの一部が並河靖之の作品だったので、お借りしました。)
本当に本当に素晴らしいの言葉しか出ないのですが、
壺のまわりをくるくるとしていた私は変な子だったと思います。

そして一見水墨画にしか見えない無線七宝。濤川惣助の作品です。
60センチx100センチぐらいの大きな七宝作品です。
皆さんは「あぁ水墨画ね(でも工芸品の中に絵も含まれるんだね)」とスルーしがち。
ダメですよ。絵ではありません。純然たる七宝作品なのですから。
大きな作品なので、焼くときによくぞ割れなかったよねと声をかけてしまいました。
そして無線七宝ならではのぼかしが素晴らしい。
本当に墨と水で濃淡をつけたように見えるのです。月明かりも冴え冴えと隅々まで行き渡ります。

思わず「おおーーー、すげーーーー」と思ったのは
象牙で作られた女官の置物が持っている檜扇の「紐」。
立ち姿で顔の前に掲げた檜扇から床へ向かって垂れ下がる紐。
全て象牙からの彫り出しです。気が遠くなりそうな作業が偲ばれます。

他は屏風がよかったのですよ。
のったりとうずくまる川端龍子の鹿さん。わさわさの葉っぱを寝床にぽにゃっとしてました。
ぶるるん、かつかつ、いななきと蹄の音が聞こえてきそうな橋本関節の馬三匹と人。
ぐるるるるるるっと気持ちよさそうにしてる竹内栖鳳の虎さん。しっぽがぐりんぐりんしてます。
そしてそして鶴と菊の花。なななななんと高島屋謹製の刺繍の屏風なのです。
鶴の羽がふわふわっとしていたり、菊の花が咲ほころんでいたり。圧巻です。
絹糸の一本一本に無駄がなく、大きくうねって鶴の首に繋がってくりんとこっちを見てます。

後は地味に鉄の菊。
実物大の菊なんですが、花びら一枚一枚が独立しているんです。
どうやって作ったんだろうと思って、説明書きを見ると「鋳造」て書いてます。
ムキャー\(゜ロ\)(/ロ゜)/ エンジンタービンのロストワックスですよ。
(もうすでに頭の中がダダ漏れ、蛇口締めても締まりません。)
すんごい精密な鋳造を目の当たりにして、地味にびっくりしてました。


ということで金魚玉は神坂雪佳の金魚玉図、水墨画?は濤川惣助の月夜深林図でした。
はう、とっても美しいものを堪能した一日でした。

美術館 | 22:20:22 | Trackback(0) | Comments(2)
11月30日の着物
11月30日の着物

SN3U1772-11_20131130.jpg

黒地紅型染 小紋
ローズピンク扇柄襦袢
ひわ地ねじ梅絞り名古屋帯
綸子地白地赤色絞り 帯揚げ
ベージュ 帯締め

母の紅型を借りました。
紅型にひわ地の帯、the昭和ですが好きなコーディネートです。
実はこのコーディネート、去年もしてました。
小物も一緒。組み合わせの考え方が一緒だから、たどり着くコーディネートも一緒。
同じコーデにならないように、もうちょっと考えるべきでした。
着物と帯がどちらもしぼの高い縮緬地なので帯周りがどすこいになってます。
着付けでどうにかせねばなりませぬ。

羽織姿はacicoさまが撮ってくれました。ありがとー。
GRL_0159-15_20131130.jpg


着物 | 18:27:51 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。