■プロフィール

はーの輔

Author:はーの輔
はてさてどんな方が来て下さるのやら
現在は大阪市内にて住んでいます。音楽、美術館めぐり、旅行、きものに興味があります。
同じ趣味の方もそうでない方もごゆるりとお楽しみ下さい。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
お花畑です。
SN3U0494-9_20120630.jpg

今日も朝の早よから出発です。(↑夕方ではありません。朝です。)

何をしに行ったかと言うと
SN3U0497-9_20120630.jpg

SN3U0498-9_20120630.jpg
8時30分の開門に合わせて、京都宇治の三室戸寺へ行ってきました。
カメラじいちゃんズと一緒に開門を待ちます。


春先から行こう行こうと見計らっていたのです。
三室戸寺は桜、ツツジ、シャクナゲ、アジサイ、蓮、とお花であふれかえっています。
今回は満開のアジサイと、走りの蓮を見に行ってきました。

SN3U0499-9_20120630.jpg
山の斜面に一面にアジサイが咲いています。

SN3U0507-9_20120630.jpg
ピンク色に

SN3U0509-9_20120630.jpg
水色に

SN3U0511-9_20120630.jpg
まんまるです。

本堂への階段を上がると蓮、蓮、蓮
SN3U0500-9_20120630.jpg

咲き始めですのでお花はちらほらです。
少ないながらもかわいらしく咲いています。
SN3U0501-9_20120630.jpg

SN3U0505-9_20120630.jpg
すくっと、お空へ向かって。

SN3U0503-9_20120630.jpg
葉っぱの上に水滴がまだ残っています。

きれいでかわいいお花たちです。

お出かけ | 19:37:57 | Trackback(0) | Comments(0)
6月24日の着物
6月24日の着物

SN3U0493-10切り取り_20120624

黒地白緑ピンクボーダー 夏物
麻紗襦袢
白と卵色の麻半幅帯
ターコイズブルー 帯締め

 この着物は去年弥生さんのところでいただきました。
 このときにいっぺんに夏物等をがさがさっといただきました。
 今年大活躍した、黄色の単羽織も弥生さんでいただいたものです。

今日は着物と襦袢の相性が悪く、裾捌きがよくありませんでした。
去年は、裄直しをしていなかったので筒袖半襦袢で着ていたので支障なかったのですが
今年は寸法を直して麻の襦袢で着ると、うーーーむ 歩きにくい。
どうやら布地自体は、交織かサマーウールのようです。
この着物の下は正絹の襦袢の方がよいです。
リベンジでまた着なきゃだめですね。(=^・^=)

着物 | 20:42:38 | Trackback(0) | Comments(0)
空堀界隈 散策
てこてこと本日も空堀界隈を散策です。

SN3U0484-9_20120624.jpg
 (左、acicoさん 右、Uさん 二人とも後姿も決まってます。)
acicoさんのカレンブロッソの草履を引き取って、ご飯を食べてきました。
そのあとはstarnetさんまで足を延ばして、益子焼きの器を見ました。
ええ器がたくさんあるお店なのです。
ちょうど装身具展の最終日でもあったので、見れて良かったです。

そのまま心斎橋へ足を延ばして、クレープ屋さんへ
SN3U0491-9_20120624.jpg
 カフェ ビグデン
 〒542-0081 大阪市中央区南船場4-8-1
 TEL&FAX 06-6226-8057
 facebookをしていらっしゃるようです。

ガレット専門店で、ようさん種類がありました。
でも結局選んだのはこれ↓クレープシュゼットです。
SN3U0489-9_20120624.jpg
ここでわんさかおしゃべりタイムです。

お二人をパチリ
SN3U0487-9_20120624.jpg

ついでに私も撮ってもらっちゃいました。
SN3U0488-9_20120624.jpg
 むむっ お手手をもう少し上品にそろえなければいけませんね。

今日も楽しい時間をどうもありがとう <(_ _)>

お出かけ | 20:25:59 | Trackback(0) | Comments(2)
6月23日の着物
6月23日の着物

SN3U0483-10切り取り_20120623

藍型 絽夏物
波に千鳥 絽襦袢
紗綾型(さやがた) 絽名古屋帯
白地水色絞り 絽帯揚げ
カナリヤイエロー帯締め

 この藍型の絽は、着る予定もないのに初めて買った夏物1号です。
 (何を考えてたんだろうか。。。。何にも考えてなかったんだろう。。。。)
 帯も帯皮の状態だったのですが、初めて買った夏帯1号です。

夏は、踏ん切りがつかないと着物を着ることはないと思いますが、
私の場合は、何も考えずに「先に」着物を買ってしまったため
着ざるをえない状況に追い込まれたのです(というか追い込んだ?)
でも、そのおかげで夏着物を楽しむ機会が増えました。
今日は気温もあまり高くなく、湿度も高くないと踏んで
真夏に着るとお手入れが大変な正絹の絽を着ることにしました。
汗もあまりかかず、よい気候でした。

SN3U0478-9_20120623.jpg
波に千鳥の絽の襦袢は、広島に行ったときに手に入れた襦袢で
ところどころに波の飛沫が飛んでいるのがかわいいのです。
 (↑上の写真には生地の下に水色の布を入れて、模様がわかりやすくしてあります。)
さりっと、ひやっとしていて着心地のいい襦袢です。

着物 | 21:26:33 | Trackback(0) | Comments(0)
今日はカメラ担当
本日はカメラ担当でお手伝いです。

SN3U0480-9_20120623.jpg

ビデオで大阪府合唱祭(池田のアゼリアホール)を撮ってきました。
父が出場しているのです。
混声合唱で2曲です。言葉も音程もしっかりしていていい演奏だったと思います。
月に二回お休みもせず頑張って練習に通っています。
次はクリスマス時期に大曲をするそうです。頑張って音符覚えなきゃ!!!

お出かけ | 21:08:12 | Trackback(0) | Comments(0)
6月16日の着物
6月16日の着物

SN3U0476-切り取り10_20120616

桃色万筋 単
ブルーグレー平織麻 襦袢
朱色麻の葉 絽名古屋帯
白地赤絞り 絽帯揚げ
ベージュ冠組帯締め

 せっかく京都だし、歌舞伎だしと思って暦通り単を着ましたが、暑かった。。。。。
 湿気も多くて(^_^;)、汗がいっぱいです。
 思わぬところから雨粒が落ちてきて着物が濡れてしまったし、汗ぬきとしみ抜きに出します。


おまけのコート姿
SN3U0465-9_20120616.jpg

SN3U0477-9_20120616.jpg

この間から着たくてしょうがなかった雨コート。
やっと着ることができました。
シルックで作ったのですが、さすがです。
十分コートとしての役目を果たしてくれました。
偉いぞ。シルック。ええお買いものでした。
教えてくれたacicoさん ありがとう。
 持ってるカバンはケーニヒスクローネのビニールカバンです。
 雨用にもちっと他のカバンを探したい今日この頃です。

着物 | 09:15:27 | Trackback(0) | Comments(2)
な、な、なんと南座です。
お次はなんと京都南座です。
SN3U0466-9_20120616.jpg
今月は坂東玉三郎さんの特別講演なのです。
今年の1月に初めて歌舞伎公演を見て、意外と何でもありなんだなと思いまして。
それでちょー有名な板玉ってどんなんだろうと見てきました。
阿古屋と傾城の2本立てです。

阿古屋の内容は、逃げてる景清の居場所を恋人の阿古屋からお代官が聞き出そうとする
お白洲の場面から始まります。
てっとり早く吐かせようと拷問にかけろという声をよそに、お代官は阿古屋に琴、三味線、
胡弓を弾くように命じます。
曲を弾かせて音に乱れがあれば何か知っている証だというわけです。
何もしらないと言う(実際、恋人の行方を知らない)阿古屋は見事三曲を弾ききり、
身の潔白を証明する というお話です。
見どころとしては玉三郎さん扮する阿古屋が三曲を弾く場面で、超絶技巧でした。
 ちなみに、舞台上では楽器の弦がどんどん緩みます。
 オケで使用される現代楽器と違い琴や三味線は弦が緩みがちです。
 今回の舞台でも、演奏中に調弦しなおしてて、それだけでも尊敬でした。
もとは浄瑠璃だそうで、配役にも浄瑠璃人形に扮した登場人物が出てきます。
それが岩永という人物なのですが、人間が演じているのにそこここで浄瑠璃人形の
仕草が出てきて、話の筋以外でも笑えました。
(浄瑠璃人形と同じように眉毛がくりくり動くんですよ!!)

傾城は舞踊で、吉原の花魁の春夏秋冬を恋人との関係を含めて表現したものでした。
何がすごいって、玉三郎さんてふつーのおいちゃんなのに、舞台の上ではとってもかわいいんだ。
「ぅんもう」って怒って恋人をつねる仕草とか、挨拶するときの手とか
もーーーーーって身もだえするぐらいかわいい。
しかし、ふつうのおいちゃんなんよね、これが。不思議や。

同時開催の「玉三郎美の世界展」も一緒に見てきました。
舞台衣装とか、すごい刺繍でした。

伽羅先代萩の政岡の衣装
「黒繻子 雀に雪持ち笹縫い赤面裾掛け」
SN3U0470-9_20120616.jpg

SN3U0471-12_20120616.jpg

京都を堪能した一日でいた。
でも京都南座にも声かけおじさん(ブラボーおじさん)がいたのにはびっくり。
となりのとなりに座ってらっしゃいました。
しかもさくらじゃなくて、普通の観客の方。そーとー見てるんだろうなぁ。

観劇 | 08:49:15 | Trackback(0) | Comments(0)
みなさん 雨ですよ
雨が降っています。
しとしと以上に結構な本降りです。
なので、京都に行ってきます。ヾ(>∀<*)>
おニューの雨コートデビュー日がざざ降りで楽しみだー

日常 | 08:06:37 | Trackback(0) | Comments(0)
6月10日の着物
6月10日の着物

SN3U0457-20切り取り_20120610

紙風船の夏銘仙
麻紗襦袢
黒地縞々名古屋帯
ベージュ地に茶色絞り帯揚げ
ベージュ冠組帯締め

 この夏銘仙は仕立て直しをしてから4年経ちますが初めて袖を通しました。
 なんとなく白いので6月入ってから着たいのですが、雨の日に着るイメージではなく
 かといって、7月に入って着るのは暑くて、いままで寝かせていました。
 これもご多分にもれず結構汚れた状態で買いました。
 それがこんな風に生き返るのを見ると、仕立て直しがやめられません。

着物 | 21:10:08 | Trackback(0) | Comments(0)
着々と夏支度
本日は阪神の伊と忠さんへ。

何をしに行ったかというと、草履の鼻緒の交換です。
母の嫁入り道具だったシザールの草履です。
SN3U0459-18_20120610.jpg
きゃしゃでとっても涼しげなのですが、やはり足が痛いのはダメなのです。

なので、ピンク色の絽の鼻緒に、シャーベットグリーンの前ツボにしました。
SN3U0458-18_20120610.jpg

シザールは夏のよそ行きなので、鼻緒もよそ行きの雰囲気にしてチョイスしてもらいました。
本当は前ツボは銀色が入っていたのですが、イメージが違ったのでその場でいろいろあてて思案。
伊と忠さんは頼むと好きな色の前ツボに交換してもらえるのです。
価格としてはチョットお高めですが、伊と忠製品であれば無料で調整を
してもらえるので調整料も込みと思えばお得だと思います。

これで足元もそろいました。(*^。^*)

お買いもの | 21:01:21 | Trackback(0) | Comments(0)
帯の仕立てかえについて
白地に桔梗柄の絽帯の仕立てかえについてです。

洗い張りをして綺麗にしたとは言えお太鼓はすでにあくが浮いてダメダメな状態でした。
大抵お太鼓の裏も同じ柄であることが多いため、まず裏を表にすることを考えました。
ところが裏も↓ダメな状態。
SN3U0450-20_20120610.jpg

SN3U0451-20_20120610.jpg

柄の部分にあくがかなり浮いてます。

そこで次に胴の部分を使おうと考えました。
やはり真ん中に筋があったため断念。

そしてあと使えるのは手先の部分。
矢印の部分の上側が手先から持ってきたお太鼓の部分です。
 (矢印の下側は、もともとのたれです。)
SN3U0447-20_20120610.jpg

少しだけ真ん中に線が見えますが、胴の部分ほどではないです。
SN3U0448-20_20120610.jpg


そして、もともとのお太鼓部分は刺繍も入っていてもったいなかったのですが手先へ。
SN3U0453-20_20120610.jpg


着るとほとんどの部分が見えなくなってしまいますが、
それでも灰汁はあります。でもそれはそういうもんだと思って、
灰汁も味のうちと言う事で着ています。

だってこんなかわいい帯、現代物にないんだも~~ん

着物 | 20:44:43 | Trackback(0) | Comments(0)
遊んじゃいました
早々とカエル小千谷でコーディネート遊びです。

先ず王道のミドリ×朱色
SN3U0441-9_20120610.jpg
このカエル小千谷を買った時に考えた組み合わせです。
朱色の麻の葉の絽の帯は、奈良の古着屋さんで買いました。
買ったときはやはり汚れに汚れていたのですが、洗いに出して仕立て直しをしたら
あ~らいい感じになったではないですか。
 ちなみに購入した時には店員さんには怪訝な顔をされました。
 自分が値段つけて売ってるのに、「こんなん買う人おるんや」的な。。。。


SN3U0443-20_20120610.jpg
お次は白地に桔梗柄の絽の帯です。
これもとっても汚れた状態だったので、とりあえず洗い張りへ。
そのあと、仕立てで華麗なる?大変身を遂げて今に至ります。
 この話は後程。


SN3U0444-20_20120610.jpg
シャーベットピンク地に銀駒刺繍がしてあります。
夏着物を着始めたときに手に入れた帯です。


SN3U0445-20_20120610.jpg
深緑に桔梗の刺繍絽の帯です。
これは去年、かぐやさんのとおかいちで手に入れました。
ものすごい手の長い帯だったのと、袋になっていたので綺麗に仕立て直しをしてもらいました。
今年もがんがん使いたい帯です。


SN3U0446-20_20120610.jpg
ザ夏仕様、とのことで麻に羅の帯です。
これは、暑苦しさを多少低減するために花びらが緑色です。
母の嫁入り道具で30年以上前の品物です。
全く使っていないので、傷みがなくとても状態は良好です。


とまあ、新しい着物を手に入れるとやってしまうコーディネート遊び。
まだまだ意外性のある組み合わせがあると思います。
今年の夏は、いろいろ試してみるつもりです。

着物 | 16:05:59 | Trackback(0) | Comments(0)
6月9日の着物
6月9日の着物

SN3U0433-10切り取り_20120609

紫水色の単銘仙
ブルーグレー平織麻 襦袢
ベージュ地菱模様 ポリ半幅
ターコイズブルー 帯締め

 じめじめした日は明るくポップな配色がいいです。
 ほんとは雨コートを着たくて、雨ふりを期待していたのですが雨は降らず残念。

そしてそして、カエル小千谷が仕立てあがってきました。
チョー速い!!!
ありがとうございます。
SN3U0436-9_20120609.jpg

これで夏の支度が整いました。ばんざーい(。>ω<。)ノ

着物 | 09:10:43 | Trackback(0) | Comments(0)
まだまだ空堀を堪能しますよ。
お次はsalon de ありすさんで着物をホリホリ。
ここではガラスの帯留を見つけました。
その中にポップなカラフル水玉の帯留発見。
acicoさんのコーディネートにどんぴしゃ~~~~~
 (画像なしです。acicoさん後でちょうだいか)


そのあとはカレン ブロッソさんで、あーでもないこーでもないと草履を見たり、カバンを見たり。

SN3U0429-9_20120609.jpg
むふふ。お二方とも何やらお目当てのものがあった様で、よかったよかった。

私は、この↓カバンに心惹かれました。
形、色ともに好きです。
休みの着物姿でも、平日の会社でも両方使えて重宝しそうです。
SN3U0430-9_20120609.jpg

私の会社の外出用カバンは10年前の黒い革カバンで、手持ちの部分がだいぶへたってきました。
手持ち部分を交換しつつ、これと併用すればまだまだ役に立ちそうです。

実は、このカレンブロッソさん、私の通っていた幼稚園の校区にあるのです。
通っていた時は全く知らなかったのですが、着物を着るようになって
どこに行ったら見れるのかHPで確認したらなんとまぁご近所さんではありませんか。
身近にあってびっくりです。


この後は、acicoさんに乗せられて我が家でお茶です。(^_^;)

なんのお構いもできませんで、ごめんなさい。
また、あそぼーね!!!!!

お出かけ | 08:56:54 | Trackback(0) | Comments(4)
帯留展へ、そして空堀へ
まずはacicoさんとQさんと三人で天満橋のギャラリーセンティアルで東風杏さんの帯留展へ

SN3U0420-9_20120609.jpg

SN3U0421-9_20120609.jpg

いろいろ、いろいろあります。目移りします。'`ィ(´∀`∩
今回も決めきれず購入とはなりませんでした。
もう3年ほど見ているのですが、ここまで悩んだらとことん悩もうと思って
じーーーーーっと観察中です。

そして、まだ続きます。

お店で見せていただいている間にもどんどんお客様がいらっしゃいます。
SN3U0423-9_20120609.jpg

お店の外でも語らいは続きます。
SN3U0425-9_20120609.jpg

作り手さんの人柄がうかがえる展示会でした。
また、行かなきゃだめですね。


そして谷六のいちりんさんへ。
acicoさん購入済みの半襟が気になります。
チュールにお花の刺繍半襟です。
o0400026511998083063.jpg
  (いちりんさんから写真をお借りしました。)
チュールの部分が化繊なので、首がチクチクするかもしれないと思いこれも購入を断念。

ここでお腹が空いたのでお昼ご飯です。
楽さんで若鳥のスモーク丼をいただきました。
SN3U0427-9_20120609.jpg
 楽さん、ご飯をランチ終了してから頼んでごめんなさい。ぺこり。
 おいしかったです。

この後もまだまだ続きます。

お出かけ | 22:30:23 | Trackback(0) | Comments(0)
こんなんになりました。
伊藤組紐店で購入したとんぼ玉です。
携帯のストラップにしてもらいました。
とんぼ玉を選んで、紐の色を選んで、組んでもらって
お買い上げです。

SN3U0438-9_20120603.jpg

SN3U0437-9_20120603.jpg

同じとんぼ玉でも、紐の色の組み合わせで全く違った表情になります。
みなさんはどのような組み合わせにするでしょうか?

お買いもの | 21:55:44 | Trackback(0) | Comments(0)
6月3日の着物
6月3日の着物

SN3U0418-10切り取り_20120603

鶸茶縦縞単お召
ブルーグレー平織麻 襦袢
赤地縞々博多名古屋帯
綸子地白地赤色絞り 帯揚げ
ベージュ冠組帯締め

 今回は汗取りの拵えを失敗しました。
 初めてあしべ汗取りを使ったのですが、帯枕が当たる部分に
 きちんと汗取りの部分がきていませんでした。
 そのせいでお召に汗が通ってしました。(o´_`o)ハァ・・・
 去年は満点スリップを着ていたのであまり背中の汗を気にしていなかったのですが、
 汗が通らないと言う事はとても通気性は悪いのです。
 で、今年はあしべ汗取りを使ってみたのですが、、、、、
 まだまだ試行錯誤は続きます。

着物 | 21:48:44 | Trackback(0) | Comments(0)
鷹峯へレッツゴー
先週の日曜日(6月3日)に京都鷹峯の源光庵と光悦寺へ行ってきました。

先ずは源光庵に9時入りです。Σ(゚Д゚ノ)
まずは悟りの窓(左)と迷いの窓(右)からの新緑を。。。。
SN3U0400-9_20120603.jpg

窓の後ろのおおきな楓の木です。
青々と茂って、いつ見ても気持ちがよいです。
SN3U0402-9_20120603.jpg

これはなんだろか?郁々としてます。
SN3U0403-9_20120603.jpg


お次はちょっと足をのばして、光悦寺へ
ここも緑が繁茂して、むしろ鬱蒼と茂ってます。
SN3U0404-9_20120603.jpg

SN3U0409-9_20120603.jpg


この石畳みも有名ですね。
朝が早いにもかかわらず、きれいに掃き清められています。
SN3U0410-9_20120603.jpg

光悦垣に楓がわっさーーーーっと。
SN3U0405-9_20120603.jpg

ずずいっと寄りまして楓の拡大図。種が出来てますね。
SN3U0406-9_20120603.jpg


帰りは寺町通りの伊藤組紐店さんにふらふらっと足を向けてお買い上げ~~~~
SN3U0412-9_20120603.jpg
とんぼ玉を選んで、紐を選んで、どんなに風になったかは乞うご期待!!!

お出かけ | 20:41:55 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad