■プロフィール

はーの輔

Author:はーの輔
はてさてどんな方が来て下さるのやら
現在は大阪市内にて住んでいます。音楽、美術館めぐり、旅行、きものに興味があります。
同じ趣味の方もそうでない方もごゆるりとお楽しみ下さい。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
春色コーデ
3月24日の着物

SN3U0140-20切り取り_20120324

ピンク花唐草 着物
黄色 博多帯
綸子地白地赤色絞り 帯揚げ
薄緑 帯締め
 今回は半襦袢です。裄が短いため合う襦袢がありませんでした。

 花唐草の着物は、きもの かぐやさんの最後のとおかいちでいただきました。
 色柄がかわいすぎるかなとおもいつつ、お値段がとってもかわいかったので思わずゲット。
 今になって登場となりました。
 
着物も帯も小物もぼんやりしています。
黄緑の帯締めでピリッとさせたかったのですが、思わしい色の帯締めがなく敢え無く断念。
でも、春霞のぼんやりとした雰囲気が出て、これはこれでよいように思います。

意外と皆さんの受けのよいコーデでした。
 (地味~地味~と言われる割合高し)

スポンサーサイト
着物 | 21:40:49 | Trackback(0) | Comments(0)
単の着物を探しに
3月24日の土曜日に、京都の四条河原町まで行ってきました。
香川県のKimono gallery 晏が京都で展示会です。
綿麻や保多織等、お手頃でかわいい反物がわんさかでした。
毎日着物によさそうな、綿、綿麻、麻の反物です。
色、柄ともに使い勝手のいい子たちです。
今回、Wさんに誘っていただきました。
Wさんは水色の染め綿麻?を色指定にてお買い上げでした。
かわいく仕上がるだろうなぁ、仕上がったら着て見せてもらおうっと(^ー^)ノ☆*.。

反物を見終わった後は、お昼ご飯です。
八坂神社を通り過ぎて花咲萬治郎でいただきました。

SN3U0138-18_20120324.jpg
生麩、湯葉のお昼ご飯をいただきました。
前回、前々回は満席で入れませんでしたが、今回は三度目の正直でご飯を頂くことできました。

SN3U0139-18_20120324.jpg

生麩のもちもちがとってもおいしかったです。
最後は桜の麩饅頭でした。香りがとってもよくって、春を先取りさせていただきました。

お出かけ | 21:25:30 | Trackback(0) | Comments(2)
ついでに縫い縫い縫い縫い
紅会の刺繍教室が終わった後、まだなんとなく満足できなくて帰ってからやりました。
SN3U0132-18_20120320.jpg
クロスステッチでブレードを刺してあります。

なんだか物足りなくてレースも付け足しました。
SN3U0133-18_20120320.jpg

これを丸くしてパンヤを詰めれば針山が出来上がります。
丸い容器に入れて周りをリボンで巻けばなかなかよい雰囲気になると思います。
これは4月のイベントに出そうかと模索中です。誰かお嫁にもらってくれるかなぁ。

創作活動? | 22:31:17 | Trackback(0) | Comments(0)
本日の着物
3月20日の着物
SN3U0131-20切り取り_20120320

黄緑花織?
白地梅柄 襦袢
ベージュ地菱模様 ポリ半幅
黄色 三分紐
黄色オレンジ色ガラス 帯留

 「菜の花」な印象のする組み合わせです。
 今日は3月にしては寒い日でしたが、日差しが春なので
 着物も春の菜の花にしてみました。
 (着物をぱっぱと選んで、帯を締めて帯締めをした時点で”菜の花だ”と気づきました。)

3月4月になれば着たくなる春色の紬です。

この着物には黄緑をメインに、その他黄色、オレンジ、赤色が織り込まれています。
この着物の面白いところは私が着ると黄緑色が前に出ます。
姉が着ると赤色やオレンジ色が前に出ます。
二人の肌の色の違いなのですが、多色の紬の色が肌の色によって前に出る色が違うという
面白い現象がよくわかる着物です。


着物 | 22:24:27 | Trackback(0) | Comments(0)
花びらひらひら
紅会(紅会)主催の日本刺繍の1日体験教室に行ってきました。

桜の花びらをせっせこと刺繍してきました。
SN3U0129-18_20120320.jpg
 ブルーグレーの絹地に二色の桜色で花びらを表現します。

SN3U0130-18_20120320.jpg
差し終わったところです。
本当は5枚花弁の花と左上の花びら1枚が基本なのですが、
時間と糸がまだ余っていたので右上と右下の花びら2枚を追加で刺しました。
刺繍した順番としては 五枚花弁→左上→右上→左下 の順番です。
明らかに 下手→まだまし→まあまあ→集中力が切れてぐだぐだ という変遷がよくわかります。
でも無心に針を動かしている時間は至福の時間でした。

来月4月11日(水)~15日(日)に大阪心斎橋大丸で展示会があります。
紅会全国展 大阪会場

創作活動? | 22:08:28 | Trackback(0) | Comments(0)
本日の着物
3月18日の着物

SN3U0124-20_20120318.jpg

ベージュ地村山大島(イヒッの着物)
紺色 ポリ半幅帯
水色 三部紐
青海波千鳥 帯留

 昨日は柔らかものでしたが、今日は紬です。
 買ってから初めて着たのですが、ぱぱっと位置が決まっていい按配です。
 帯も簡単に反幅で矢の次です。


SN3U0128-18_20120318.jpg

青海波の千鳥ちゃんはまかりんサマから購入しました。
とっても愛くるしいおめめの千鳥ちゃんです。
北海道から大阪までお嫁に来てくれました。
いつもブログを楽しく拝見させていただいていて、張り子の犬の帯留が復刻するのを
今か今かと心待ちにしてます。

着物 | 19:16:52 | Trackback(0) | Comments(2)
雨の日にお出かけ
昨日に引き続き雨模様の大阪です。

こんな雨の日には、雨コートと傘と雨下駄&爪皮でお出かけです。
SN3U0121-18_20120318.jpg
カバンはケーニヒスクローネの去年秋バージョンです。
ビニールカバンなのですが、かわいいので普段使いしてます。

雨コートの下は着物を帯高さまでからげて着物クリップで止めてます。
ちなみに建物の中をうろつくのに雨下駄では疲れるので、履き替え用の草履を持って出ます。
  耳元で「そんな雨の日にわざわざ着物を着てでなくてもいいんでは、、、、」と聞こえるのは
  まるっと無視ですよ。

ところで皆様
雨の日はどのようにして外出してらっしゃいますか?
雨コートを着て歩いているときはいいのですが、雨コートを脱ぐときが一番気を使います。
着物を濡らさないように雨コートを拭いて、爪皮も拭いてするのですが
なかなかうまくいきません。ときどき濡らしてしまったり。

こんな重装備をして外出した割に購入したのは和裁用の背付せを一つ。
まあ、要するに単に雨コートで外に出たかっただけなのですよ。ほほほほほほ。


お出かけ | 19:00:17 | Trackback(0) | Comments(0)
4月になればイベントです。
レッスンの後は4月のイベントのお手伝い内容の確認、、、、の前に腹ごしらえ。
モリタ先生とWさんとコンフィデンスカフェでお昼ごはんです。

SN3U01150002-18_20120317.jpg

お味噌とマヨネーズとツナのスパゲティでした。オイシカッタデス。
町屋を改造した店舗のようで、ゆったりとした空間でした。
でも我ら3人はまったくもって姦しかったと思います。(*ノ∀`)ノ゛))


腹ごしらえも終わって4月のイベント会場であるクラニスムストアさんへ。
モリタ先生とワークショップの内容の確認と、その他細かい確認事。
Wさんが率先して働いてます。(当日もその調子でヨロシクネ)
ワイワイ、キャイキャイ お店の中がやはり姦しい。

SN3U0116-18_20120317.jpg

クラニスムストアさんは東北福島県からいらっしゃいました。
オリジナル家具、オールド家具、会津木綿を扱っています。
地震、原発事故等いろいろなことがあったとの事。
大阪、住吉さんの近くで再出発。どうかうまく事が運びますよーに。

お出かけ | 11:16:29 | Trackback(0) | Comments(2)
本日の着物
3月17日の着物

SN3U0118-20切り取り_20120317

モスグリーン綸子 着物
赤に梅絞り 襦袢
ベージュ地読み本 袋帯
縮緬地白地黄色絞り 帯揚げ
卵色 三分紐
黄緑花柄チェコボタン 帯留
 モスグリーン綸子着物はアンティークです。
 ところどころに貝殻か花弁の様な柄があります。
 
今日は「本の虫」を合言葉にコーディネートを考えました。
読み本の袋帯を手に入れたのが、約一年前のこと。
なんとかして「本の虫」コーデをしたかったので
色々「虫」関係の小物を探しましたが、これぞっというものが見つかりませんでした。
そうこうしているうちに日が過ぎまして、見つけたのが花柄のチェコボタンです。
お花のよっつの花弁がちょうちょのように見えるので、これでコーデは完成です。

SN3U0120-18_20120317.jpg

もともとがボタンなのでどうやって帯留として取り付けるかが問題でしたが
それはこちらのブログ(きもの番長サマ)で解決できました。
とりあえずはこの方法でしのぎます。
なんとかして帯留の金具を取り付けられるよう細工するつもりです。

着物 | 20:58:26 | Trackback(0) | Comments(0)
だめだめな、、、
本日は、モリタ先生の着せ付けレッスンでした。
でも内容はぐだぐだで、先生には申し訳ないことをしました。
なのでレッスン風景の写真もなしです。

どうしてぐだぐだかというと
①裾線が決まらない。→上前を巻き込みすぎ。
②比翼衿と衿の位置が決まらない。→着物の衿のさばきが悪くて、外に衿が逃げる。
③おはしょりの処理がへた。→精進あるのみ
④帯結びの手順がお空の彼方。→。。。。。。。。

うーーーーむ なんにも出来てないぞ。
やはりBODYちゃんを準備せねばなりませぬ。


お稽古 | 20:43:16 | Trackback(0) | Comments(0)
放置はいけません
SN3U0111-18_20120311.jpg
この状態で年越しをしてました。
底を縫う途中で断念。。。。。

本日、やっと形が見えてきました。
SN3U0112-18_20120311.jpg

でも、内袋を作って、口をパイピングして、手をつけて
まだまだ道半ばです。

今日は、とってもよいお天気なのですが、お家の中でもぐらです。
春は花粉症の季節なので出歩くことを躊躇することもしばしば
とりあえずは、せっせこと途中で止まってしまっている子を仕上げることにします。

創作活動? | 20:36:07 | Trackback(0) | Comments(0)
さて、どうしようか
ぽちぽちぽちっとやってしまいました。

SN3U0109-18_20120306.jpg

チェコのガラスボタンをぽちっと買ってしまいました。
これをどうするかは、みなさんお分かりですよね。
どうにかこうにかして使えるようにしなければっ

金具を付けるか、ゴムを使うか、クリップを付けるか
どの方法でしようか検討中です。

ちなみに現在ミドリブームで緑色のボタンばかり買ってしまいました。
では皆様 こうご期待!!!!!

日常 | 22:38:54 | Trackback(0) | Comments(0)
縫い縫い縫い縫い。。。。。
SN3U0106-18_20120304.jpg

先日から縫い始めた絹紅梅のお袖が二枚仕上がりました。
袖の構造は簡単なのですが、袖の丸みを左右そろえるのが難しいのであります。
片方ずつ見るとそれなりなのですが、左右を見比べると愕然です。
なかなかカーブや大きさが揃いません。その点プロはピシッと決めてきます。
(この前単の寸法直しが帰ってきて、プロの仕上がりを見てしまっているのです。)

袖が終わったので背縫いをして、している途中で背伏せがないことに気づきユザワヤへgo 
心斎橋大丸に新しくできたユザワヤへ行ったら、背付せは神戸店にしかなく取り寄せとの事。
ぐるっと冷かして帰ってきました。
帰ってからは、両脇を縫って一段落です。
次は両脇をくけて、くけて、くけて、くけ祭りです。
そのあとはおくみを付けてくけます。
そして裾をぐるっとくけます。 単はくけのオンパレードです。
最後に衿付けをするのですが、それは雛さん(長谷川先生)のレッスンでお世話になる予定です。

これは↓私の布切はさみです。
SN3U0107-18_20120304.jpg

針山とシザーズキーパー兼用で去年作りました。
縫物をすると待ち針をつけてはずして、の作業が多いため、バラの針山も使うのですが、
すぐ目の前に小さい針山があるほうがどうやら私は作業がやりやすいようです。

創作活動? | 22:40:32 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。