■プロフィール

はーの輔

Author:はーの輔
はてさてどんな方が来て下さるのやら
現在は大阪市内にて住んでいます。音楽、美術館めぐり、旅行、きものに興味があります。
同じ趣味の方もそうでない方もごゆるりとお楽しみ下さい。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
広島三昧な一日
久々に広島にお出かけしてきました。

IMG_2947-12.jpg
まずは広島美術館でミュシャを。
ふわっとしているけど存在感のある女性像がたくさんありました。

IMG_2954-12.jpg
当日行ってから、そう言えば聴けるんじゃなかろうかと思っていったのが広島交響楽団。
大学でご指導してくださってた弦の先生方が出演してらっしゃって懐かしくて行ってきました。
プロコのシンデレラは名前だけ知っていた曲で、今回初めて聞きましたが、
単なるのほほんではないちょっと不思議な感じのするシンデレラでした。
いつもノリノリで弾いていらっしゃる先生方の演奏を見るのも好きで、
ああやっぱり音楽って素敵だなぁと思える幸福な瞬間です。

で、今回のお目当ては森田さんのコントラバスのコンサート。
(ご本人より掲載可とのお話頂いております)
IMG_2958-12.jpg
コントラバスでチャールダーシュが最速で弾けた話から、奄美観光大使のお話まで
幅広いトークを織り交ぜつつの2時間でした。
途中で以前コントラバスを教えていただいていた今井先生とのデュオもあり
たくさんのいい音を浴びて、大阪へ帰りました。

今井先生とはドイツへ行った話もしたかったのですが、如何せん帰りの終電新幹線との兼ね合いで
シューーーっとご挨拶をして失礼させていただきました。
また次回はゆっくり時間をとって広島へ行きたいなと思います。

お出かけ | 22:42:14 | Trackback(0) | Comments(0)
トリエさんの新作お目見え&モリタ先生&でこっぱち
久々にモリタ先生のお顔を拝見。
阪急百貨店のトリエさんの催事でお話してらっしゃいました。
IMG_2923-12.jpg
先生の真ん前に陣取ったので写真がとっても煽り気味(^◇^)
先生、ごめんなさい🙇
お召の黄色い着物は、雪花絞りなんですって。
トリエさんの新作ですって。
青い雪花絞りのthe 夏 ではない雪花絞りですね。

柄on柄についての足し算引き算について
顔周りに得意な色をもってくこと(色や柄を味方につける)
固定概念ではなく、あえての〇〇で攻める
30分の中におしゃれのエッセンスがあふれるお話でした。
そして私は毎回のクローゼット診断でも伝えていただいていること。
まだ身についていないのがイタイ(>_<)
出来ることから、まずは一歩を踏み出すこと。

IMG_2925-12.jpg
寺本さんが広げているのはセオαの着物。
きれいなシャーベットオレンジの琳派柄の着物です。今年の新作だそうです。
琳派の説明で、「なんとかの、なんとか、なんとか」と3つぐらい
特徴を言ってくださったのですが覚えきれず(;´・ω・)
濃淡のある墨の線のことを専門用語でなんというのか?????
帯は麻に刺繍が入ったもの。
こんなビビッドな緑青は夏にパンチの効いたコーデをするには必須ですね。
実はセオαは4色展開。どの着物にもこの帯は合うんです。
ほんとええ仕事をする帯ですね。

私はこの色ですね。
IMG_2927-12.jpg
寺本さんに力説をしてしまったのですが、
やっと、やっとこんな淡い感じのセオαがでてきたなぁと。
本当に待ってたんです。実はここ5、6年探してました。
セオαは新しい素材で、且つ(正絹の新品よりかは)安価であることもあり
よく浴衣や単の着物でも使われる素材なのですが
ただ、柄が幾何学模様だったり私にはエキセントリックすぎたり
なかなか私には匙加減を難しく感じるものが多かったのです。
で今年の新作ということで拝見したこの柄はそのあたりの配分がとっても良く感じました。
柄と地色のコントラストが激しくない、でも締め色としての墨色も柔らかく入っている。
緑青のぼかしもも適宜、塩梅のよいところにある。
うーーん、待った甲斐があるというものです。

久々にモリタ先生と一緒に。
IMG_2928-12.jpg
でこっぱちが光っております(´◉◞౪◟◉)
で、一応今回はメイクにも気を配ってみた結果がこれ。
写真で見る限りいつもとほぼ一緒(´・ω・`)
やってみた内容はこちらから→2月25日の着物
でも、リップの輪郭はしっかり出てるようなのでもうちっと頑張ってみよう。

IMG_2930-12.jpg
先生の足元はドンピシャの草履。
見極める目をお持ちのモリタ先生の成せる品物だと思います。

お出かけ | 23:23:30 | Trackback(0) | Comments(0)
父の本気度と持って行って良かったもの
2回目の高野山行きが決まったのは金曜日の晩。行くのは日曜日。
父に「行く?」と尋ね、「行く」との返事。
ただ、私同様に冬の装備を確認しないことには行けない。
上着は私と同じものをがあるのでそれを着るよ、と。
(家族みんなで着回せるように、同じサイズのものを色違いで2個持っているのです)
ネックは靴。長靴は無いし、普通の靴では滑るだろうし。
ここまでが金曜日の夜の話。

土曜日の用事を済ませて帰ってきたら、玄関先にスノーブーツがデデーーーン。
IMG_2786-12.jpg
決断が早うおますな。
必要となったらちゃちゃっと算段するのが我が家の特徴なのか?
「行く」と言った後の父の本気度がすごかった。(^◇^)

そして今回持って行ってよかったもの。
IMG_2817-12.jpg
それはサングラス。白一色を見るのはとても疲れるものです。
私のサングラスはそんなに色が濃いわけではないのですが
有るのと無いのとでは目の疲れが全く違いました。
ついでに日焼け止めクリームも必要ですね。ご参考までに。

お出かけ | 23:40:02 | Trackback(0) | Comments(0)
お手伝いしたイグルーでお茶を飲みたい。
一月末に高野山の佳代さんとこでお手伝いしたイグルー作り。
私が担当したのは途中までだったのですが、佳代さんがその後仕上げました。
で、たいていお天気にもよりますが4、5日ぐらい楽しめるそうです。
が、今回週の後半で「もしかして一週間大丈夫かも?」となりまして、
ちょうど一週間後、もう一度高野山へ行ってまいりました。

今回は父も一緒。「行く?」って聞いたら「行く」と。
IMG_2791-12.jpg
大門の仁王様撮っている父ですが、格子と同化してるやん。

何はなくとも壇上伽藍へまずはお参り。
IMG_2794-12.jpg

IMG_2796-12.jpg
今日もとても気持ちのいい朝です。
(前回同様6時発の電車でgoでごさいますよ)

初めての奥の院。
IMG_2802-12.jpg
父の高野山での林間学校の話を聞きつつお大師様のところまで行ってきました。

そして今日の目的、佳代さんとこのイグルー。
IMG_2811-12.jpg
すごいねー、扉もついてます。

もちろん中もちゃんと入れるんですよ。
佳代さんがお茶を用意してくださってました。
IMG_2809-12.jpg
寒い場所での暖かい飲み物は、本当に幸せになります。

LEDランプもええ仕事してますね。
IMG_2810-12.jpg

IMG_2803-12.jpg

お昼ごはんはアツアツのホワイトシチューでにしました。
IMG_2813-12.jpg

IMG_2814-12.jpg
そうこうしているうちにお外は吹雪いて、ランチの場所から動きたくない病です。

最後の最後で晴れ間が出て、金剛峯寺へもお参りすることができました。
IMG_2815-12.jpg

なんやかんや佳代さんのところで遊ばせていただいて、
今年の冬はいい思い出ができました。ありがとう(^^)/

お出かけ | 23:39:19 | Trackback(0) | Comments(0)
こっちはおまけの朝散歩
思いのほか早く高野山へ着いたので大門からお参りさせていただきました。
IMG_2683-12.jpg
(山内のバスに乗るともっと中まで行けますので、ご心配なさらず)

ムッファと雪まみれ。ここで既にテンション上昇!!!
IMG_2684-12.jpg

大門の町石。ここは六町(あと残り六町という意味)。一町=109m→六町=654m
IMG_2686-12.jpg

何が残り六町かというと、ここ↓壇上伽藍の根本大堂まで「残り六町」。
IMG_2692-12.jpg
詳しい説明はこちらのサイトが丁寧でした。→
麓から180基の町石が連なって、そのゴールが根本大堂とのこと。

IMG_2693-12.jpg
白の世界に赤の根本大堂。
朝の早い時間だったのでどなたもいらっしゃらず一人でザクザク散策させていただきました。

IMG_2694-12.jpg
御影堂と三鈷の松。
空海様が唐から帰国する際に「日本でお寺を開くにはどこがいいでしょうか?」と
(唐から)投げた三鈷が引っ掛かったのがこの松、という由来だそうです。

IMG_2699-12.jpg
雪の灯篭。

金剛峯寺にもお参りいたしました。
IMG_2700-12.jpg

ちなみに、南海難波駅を朝6時に出発。
IMG_2682-12.jpg
約一時間で橋本駅に着きます。(朝7時ぐらい)
ここで臨時代行バスに乗り換え。(去年の台風で線路がダメになって、現在復旧作業中)
予定では、(再度言いますが)予定では、バスに乗り換えて2時間後に到着(なので9時着予定)。
でも高野山に着いたのは、朝8時。一時間も早いや~~~~ん。

友人曰く、高野山までの道幅が狭く渋滞が多いこともあり多めの時間予測をしているそう。
私が乗ったのも始発バスだったので特にスイスイ走ったのでしょう。
そのおかげで楽しい一人散歩というおまけがひっついて嬉しかったです。

お出かけ | 13:59:58 | Trackback(0) | Comments(0)
次のページ

FC2Ad